防災関連マップ

葉山町防災マップと記載された大きなバナー画像

避難所・AED・街頭消火器・災害用指定井戸マップ

 葉山町内の避難所・AED・街頭消火器・災害用指定井戸マップです。いざというときのために、ご家族でご確認ください。

AED関連情報

県の津波浸水想定・津波浸水予測図

葉山町津波ハザードマップ

海抜表示板について

 避難時の指標としていただくとともに、日ごろから津波避難意識を高めていただくことを目的として、設置が可能な主要電柱100箇所に海抜表示板を設置しました。

森戸川及び下山川の想定し得る最大規模降雨による洪水浸水想定区域図

 令和元年8月30日に神奈川県より森戸川及び下山川の洪水浸水想定区域図が公表されました。この公表において示されている内容は次のとおりです。

【洪水浸水想定区域】

 避難勧告等の適切な発令や住民等の主体的な避難に役立つよう、河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域、予想される水深及び浸水継続時間が示されています。

【家屋倒壊等氾濫想定区域】

 氾濫による水の流れの力が大きく家屋倒壊の危険がある区域や河川の激しい流れにより河岸が削られ土地が流出し、家屋が倒壊・流出するおそれがある区域が示されています。

〇想定し得る最大規模降雨(想定最大規模降雨)とは

 想定最大規模降雨は、当該河川における降雨だけでなく、近隣の河川等における降雨が当該河川等でも同じように発生するという考えで過去に観測された最大降雨量に基づき設定されています。年超過確率は1/1000程度の降雨量を上回るもので、森戸川における想定し得る最大規模の降雨(想定最大規模降雨)は24時間雨量311ミリメートル、下山川における想定し得る最大規模の降雨(想定最大規模降雨)は24時間雨量313ミリメートルです。

活断層

土砂災害警戒区域・土砂災害ハザードマップ

 土砂災害警戒区域とは、急傾斜地の崩壊等が発生した場合に、住民等の生命又は身体に危害が生ずるおそれがあると認められる区域のことです。土砂災害警戒区域には「急傾斜地」、「土石流」、「地滑り」の3種類があります。

 この度、町内の土砂災害警戒区域等の指定状況や避難場所などを示した「葉山町土砂災害ハザードマップ」を作成しました。(平成28年1月発行)

  町内の指定状況は次の通りです。(平成29年3月24日時点告示分)

  • 急傾斜地 136箇所
  • 土石流 65箇所(内42箇所は特別警戒区域を兼ねる)
  • 地滑り 13箇所

  指定箇所別の詳細図面は、神奈川県のホームページで公表されています。

 土砂災害警戒区域及び土砂災害防止法についての詳しい説明は下記をご覧ください。

土砂災害警戒区域内の樹木の伐採工事費について補助金を交付します。

津波避難誘導路面シート

宅地防災

大規模盛土造成地とは

盛土造成地のうち次のいずれかの要件を満たすものを大規模盛土造成地としています。

1)谷埋め型大規模盛土造成地

盛土した土地の面積が3,000平方メートル以上のもの

2)腹付け型大規模盛土造成地

盛土する前の地盤面が水平面に対し20度以上の角度をなし、かつ、盛土の高さが5メートル以上であるもの

大規模盛土造成地とは

(国土交通省ホームページより)

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

お問合せ先:防災安全課
〒240-0192 神奈川県三浦郡葉山町堀内2135番地
開庁時間:8時30分~17時00分
閉庁日:土・日曜日、祝祭日、年末年始
電話番号:046-876-1111 ファックス番号:046-876-1717

更新日:2019年10月25日