家庭油を下水道に流さないでください

公共下水道

 下水道にそのまま油を流してしまうと、油分を含んだ汚水が流れてしまい、下水管に付着して閉塞したり、悪臭の原因となります。

 公共下水道に接続していない場合であっても、同じように排水管が閉塞したり、悪臭の原因になります。また、固まった油がまとまって剥がれ落ち、オイルボールとなって川や海に流れ出てしまいます。このオイルボールは水環境に悪影響を与えてしまいます。

揚げ物で残ってしまった油は、熱いうちに油こし器に移し炒め物に使うようにするなど、上手に使いましょう。
揚げ物や中華料理など、油が多い料理の際の後片付けも、先に紙や布で油をふき取ってから洗えば、楽に汚れが落ちます。

ごみとしての出し方

 家庭油は紙や布にしみこませるか、市販の凝固剤等で固めて可燃系ごみとして出してください(戸別収集地区は、決められた日にそのまま容器に入れて資源ステーションへ出してください)。また、クリーンセンターに持ち込んでいただくとリサイクルします。

「油の始末どうしてますか?」として生ごみ処理できることも案内している「ごみっぺらし通信」第8号

 ご家庭で使った油は正しく処理しましょう

この記事に関するお問い合わせ先

お問合せ先:下水道課
〒240-0192 神奈川県三浦郡葉山町堀内2135番地
開庁時間:8時30分~17時00分
閉庁日:土・日曜日、祝祭日、年末年始
電話番号:046-876-1111 ファックス番号:046-876-1717

更新日:2018年02月01日