4.助成制度

助成制度について

汲み取り便所を水洗便所に改造、または浄化槽を廃止して公共下水道に接続する排水設備工事を行う際に、皆様のご負担を軽減するために町からの助成金や金融機関からの融資が受けられる制度を設けています。

詳しくは下記のファイルをご確認ください。

 

低宅地での汚水ポンプ施設の設置に助成金が受けられます

平成20年7月より、地形的な要因から、自然流下で汚水を公共下水道に排除することが困難である宅地において汚水ポンプ施設を新たに設置する方に対して費用の一部を助成する制度を創設しました。

助成対象者

  • 処理区域内に所在する建築物の所有者又は占有者で、排水設備工事と併せて新規に私設汚水ポンプ施設を設置しようとする者。
  • 指定工事店の設計及び施工により設置するものであること。
  • 町税及び下水道使用料を滞納していないこと。
  • 官公署でないこと。

助成対象

新設する汚水ポンプ(圧送施設及び付帯施設)に係る工事費用

助成額

  • 一工事につき、工事費の9/10とし、90万円を限度とする。

 詳しい内容については、下水道課までお問い合わせ下さい。

この記事に関するお問い合わせ先

お問合せ先:下水道課
〒240-0192 神奈川県三浦郡葉山町堀内2135番地
開庁時間:8時30分~17時00分
閉庁日:土・日曜日、祝祭日、年末年始
電話番号:046-876-1111 ファックス番号:046-876-1717

更新日:2018年01月31日