普通救命講習及び上級救命講習の開催について

普通・上級救命講習受講者募集中

 消防署では一般町民を対象に「心肺蘇生法」や「AED(自動体外式除細動器)の使い方」などを学ぶための救命講習を開催しています。

 家族、友人、お知り合いの方と是非、受講してみませんか?受講者には修了証を発行します。

 既に受講したことがある方でも、時間が経てば忘れてしまうものです。救命技能維持向上のため繰り返しの受講をおすすめします。

 心臓が止まると・・・
 脳は、15秒以内に意識がなくなり、3~4分以上そのままの状態が続くと回復することが困難となります。

脳が心臓の停止から3~4分経過で重大な障害となる順序を追ったイラストと救急車の出場から到着まで全国平均9分と書かれたイラスト

 意識がなくなって呼吸や心臓が止まってしまうような重篤な場合は、何らかの処置をしないと助かりません。

 心臓が止まっている間、心肺蘇生法によって脳や心臓に血液を送り続けることがAEDの効果を高め、心臓の動きが戻った後に後遺症を残さないためにも重要です。

 また、けがで大出血したときや、喉にものが詰まったとき、溺れてしまったときなども、何もしなければやがては心臓と呼吸が止まってしまうこともあります。そばに居合わせた人が必要な応急手当をすることが大事です。

救命の連鎖

 傷病者の命を救い、社会復帰に導くために必要となる一連の行いを「救命の連鎖」といいます。

心停止の予防、早期認識と通報、一次救命処置、二次救命処置と救命の連鎖を表したイラスト
  1. 心停止の予防(初期症状に気付く、けがの予防等)
  2. 心停止の早期認識と緊急通報
  3. 一次救命処置(心肺蘇生法とAEDの使用)
  4. 二次救命処置(救急隊や医師による処置)と心拍再開後の集中治療

 この四つの輪が途切れることなくすばやくつながることで救命効果が高まります。

講習の内容

普通救命講習1

 呼吸や心臓が止まったときに必要な成人に対する「心肺蘇生法」と「AED(自動体外式除細動器)の取扱い方」、「止血法」、「窒息時の対処法」を学ぶための講習です。

 講習時間
 9時から12時 (3時間)
(定員に達した場合には午後の部13時30分から16時30分を開催します。)

 開催日

平成31(2019)年度
4月19日(金曜日) 10月25日(金曜日)
5月17日(金曜日) 11月22日(金曜日)
6月14日(金曜日) 12月20日(金曜日)
7月12日(金曜日) 1月17日(金曜日)
8月30日(金曜日) 2月14日(金曜日)
9月27日(金曜日) 3月13日(金曜日)

 募集人員
 40名

上級救命講習

 普通救命講習1の内容の他、小児及び乳児に対する心肺蘇生法、傷病者の管理法、けがの手当、搬送方法などを学ぶための講習です。(簡単な筆記試験と実技試験があります)

 講習時間
 9時~17時(8時間)

 開催日
 平成31(2019)年度 6月14日(金曜日)、2月14日(金曜日)

 募集人員
 20名

受講資格

 中学生以上の町内在住在学在勤者

開催場所

 消防署

申込み

  • 開催日の1週間前までに消防署にお越しいただき、申込みを行ってください(お越しいただくのが難しい場合はご相談ください)。
  • 申込みの際、修了証作成のため、次のことをお伺いします。
    1.氏名(漢字・ふりがな)
    2.生年月日
    3.住所
    4.連絡先
  • 申請書は下記よりダウンロードしてください。
    ダウンロードした申請書に必要事項記載のうえ、葉山消防署2階受付に提出してください。
  • 申請書の記入方法は下記を参考にしてください。
  • 再講習の方は修了証の番号をお知らせください。

受講上の注意事項

  • 服装は動きやすい服装(スカートは不可)で室内履きを持参してください。
  • 遅刻、早退した場合は講習修了とは認められません(修了証の交付ができません)のでご注意ください。
  • 上級救命講習(9時から17時)を受講される方は、昼食、筆記用具(鉛筆・消しゴム)を持参してください。
  • 急用等でキャンセルされる場合は消防署に連絡してください。
この記事に関するお問い合わせ先

お問合せ先:消防署
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内2050番地の10
電話番号:046-876-0119

更新日:2019年03月22日