枯れ松防除補助制度

 夏から秋にかけて、短期間に葉が赤褐色に変わり枯れてしまった松の木はありませんか?

 これは「マツ材線虫病」や「松くい虫」とよばれる被害です。マツノマダラカミキリという昆虫が松をかじると、カミキリに共生しているマツノザイセンチュウ(1ミリメートル程度の線虫)が松の中に入りこみます。増殖した線虫は幹の中で水の通り道をふさいでしまい、松は枯れてしまうのです。

松くい虫と短期間に葉が赤褐色に変わり枯れてしまった松の木のイラスト

 枯れてしまった松をそのまま放置すると、そこから羽化したカミキリによって線虫が運ばれ、周辺に被害が拡大してしまいます。松くい虫被害にあった松の木は、できるだけ早く伐倒し適切に処分してください。町では、伐倒駆除にかかった費用の一部を補助します。

 また、松くい虫による枯死を予防するための薬剤の樹幹注入についても補助します。

補助には条件があります。また、予算の範囲内での対応になりますので、必ず事前にご相談ください。

枯れ松防除補助制度の概要
補助の種類 補助内容
補助対象者 自ら所有し、又は管理する町内の土地で松の防除に要した費用を負担した者
補助対象となる松

伐倒駆除

地上高1.2メートルの直径が10センチメートル以上のものであって、枯死後最初の5月末日までに伐倒したもの

樹幹注入

地上高1.2メートルの直径が20センチメートル以上のものであって、健康なもの

補助金額

伐倒駆除
要した費用の2分の1の額とし、松1本につき1万円(法人は5,000円)を限度とする。

樹幹注入
個人:松1本につき5,000円(法人は2,000円、かつ1年度につき1万円)を限度とする。

補助の流れ

  1. 事前に環境課へ相談してください。

  2. 駆除業者等に依頼し、防除を実施してください。
    次に掲げる写真(3枚)を撮っておいてください。
    ・メジャー等を用いて地上高1.2メートルの直径が分かるもの
    ・松の全体がわかる施工前のもの及び施工後(樹幹注入は施工中)のもの

  3. 申請書を提出してください。
    葉山町枯れ松防除補助金交付申請書申請書(PDFファイル:74.8KB)
    (領収書・写真を添付してください。)

  4. 審査の後、補助金交付決定通知書により通知し、交付の場合は申請時に指定された口座へ補助金が振り込まれます。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

お問合せ先:環境課
〒240-0192 神奈川県三浦郡葉山町堀内2135番地
開庁時間:8時30分~17時00分
閉庁日:土・日曜日、祝祭日、年末年始
電話番号:046-876-1111 ファクス番号:046-876-1717

更新日:2021年06月01日