葉山を学ぶ

非核・平和

最終更新日:2017年8月21日

葉山町非核平和都市宣言

 世界で唯一の被爆国日本。私達は長崎、広島の皆さんの苦悩を決して忘れることはできません。 しかし、地球上での争いは未だ止むことなく、核兵器の存在は人類に脅威を与えています。葉山町は、恒久平和を願い、「核兵器を持たず、造らず、持ち込ませず」の非核三原則を堅持し、この美しい海と緑と平和な生活を永遠に伝えるため、ここに非核平和都市であることを宣言します。

平成4年11月1日

葉山町長

平和市長会議(旧名称:平和市長会議)

 葉山町は、世界各国の都市と連携し、核兵器のない平和な世界の実現に取り組んでいく平和市長会議の趣旨に賛同し、平成24年10月1日に加盟しました。

平和市長会議
平和市長会議とは

 平和市長会議は、世界の都市が緊密な連携を築くことによって、核兵器廃絶の市民意識を国際的な規模で喚起し、核兵器廃絶を実現させるとともに、人類の共存を脅かす飢餓、貧困、難民、人権などの諸問題の解決、さらには環境保護のために努力することによって世界恒久平和の実現に寄与することを目的としています。

詳しくは平和市長会議のホームページ  をご覧ください。

葉山町平和標語コンクール

葉山町平和標語コンクール

平和市長会議 非核平和事業の推進のため、町内在住・在学の中学生を対象に、非核や平和、人権に関する標語を募集したところ、93人から146点の作品の応募がありました。 平成28年11月1日に開かれました選考委員会で厳正に審査しました結果、次の作品が選ばれました。

標語 氏名 学校 学年
金賞 平和の木 肥料はみんなの その笑顔宮内 赳児葉山中1年
銀賞 無関心が 戦争という名の 種になる中野 愛美南郷中3年
銅賞 知らん振り した君もまた いじめっこ酒匂 藍子葉山中3年
佳作
(50音順)
助け合おう 人種や国境関係なく 笑顔広がる 未来のために伊奈 乙珠葉南郷中3年
みんなの手で 地球を抱いて 平和へと大久保 仁胡葉山中3年
核の傘 さしても平和は 守れない鎌上 遼南郷中1年
朝起きて のびをして 今日も始まる 平和な1日澤井 新南郷中3年
あいさつは 平和につながる 第一歩勅使河原 栞葉山中1年

(敬称略、学校・学年については、応募時の平成28年9月のものです)


平和を考えるバスツアー

 平和を考えるバスツアーは、平和に関する施設をバスで巡り、戦争のおろかさや悲惨さを伝え、感じ、考えてもらう機会とすることを目的とした、日帰りバスツアーです。

○ 平成28年度のバスツアーの様子(8月10日実施)
このページの内容に関するお問い合わせは・・・

お問合せ先:政策課
開庁時間:8時30分~17時00分
閉庁日:土・日曜日、祝祭日、年末年始
電話番号:046-876-1111 ファックス番号:046-876-1717