葉山で暮らす

個人住民税(町民税・県民税)がかかる人

最終更新日:2014年4月1日

原則としてその年の1月1日に葉山町に住んでいる人に対し、その前年の所得金額に応じて個人住民税(町民税・県民税)が課税されます。
葉山町に住んでいない人でも、葉山町内に家屋敷や事務所・事業所を持っている方には均等割が課税されます。

個人住民税(町民税・県民税)とは
一般的に言われる「個人住民税」とは、「町民税」と「(都道府)県民税」を合わせた呼び方です。
個人町民税の申告と納税は、納税者の皆様の便宜を図るため県民税と合わせて行うこととなっており、町へ納税された県民税は県へ送金しています。

均等割・所得割とは
個人住民税は、所得割と均等割の二種類あります。
所得割は、前年の所得金額に応じて課税され、個人の収入などの金額の大小に応じて税額が変動していく税金です。
一方、均等割は所得金額にかかわらず定額で課税され、広く負担をもとめる税金です。

住民税がかかる方
納税義務者均等割所得割
1月1日現在、葉山町内に住んでいる方
1月1日現在、葉山町内に住んでいないが、事務所や家屋敷を持っている方
(借りている場合も含むが、貸している場合は除く)

住民税がかからない方
(1)所得割・均等割ともにかからない方
 ア 1月1日現在、生活保護法による生活扶助を受けている方
 イ 障害者・未成年者・寡婦又は寡夫で、前年中の合計所得金額が125万円以下
   (給与収入の場合、年収204万4千円未満)の人
(2)所得割がかからない方
 ア 前年中の総所得金額等が、次の計算式で得られた金額以下の人
控除対象配偶者及び
扶養親族がいない場合
35万円以下
控除対象配偶者又は
扶養親族がいる場合
35万円×(本人+控除対象配偶者+扶養親族の合計人数)+32万円以下
(3)均等割がかからない方
 前年中の合計所得金額が、次の計算式で得られた金額以下の人
控除対象配偶者及び
扶養親族がいない場合
35万円以下
控除対象配偶者又は
扶養親族がいる場合
35万円×(本人+控除対象配偶者+扶養親族の合計人数)+21万円以下
詳しくは個人住民税(町民税・県民税)が非課税になる方をご覧ください。
このページの内容に関するお問い合わせは・・・

お問合せ先:税務課
開庁時間:8時30分~17時00分
閉庁日:土・日曜日、祝祭日、年末年始
電話番号:046-876-1111 ファックス番号:046-876-1717