葉山で暮らす

個人住民税(町民税・県民税)が非課税になる人

最終更新日:2014年4月1日

個人住民税(町民税・県民税)は前年の所得に基づいて課税されますが、扶養親族の人数や所得控除の内容によって非課税となる基準(町民税・県民税非課税限度額)が異なります。

町民税・県民税非課税限度額の計算
合計所得金額(注1)が 35万円×(1+扶養人数)+扶養がいる場合21万円 以下 であれば非課税となります。合計所得金額に対応する収入金額の具体例については下の表を参照してください。(注2)


障害者・未成年者・寡婦または寡夫の場合
税法上の扶養親族がいない場合でも、本人が障害者または未成年者控除、寡婦(夫)控除を受けているときは、合計所得金額が125万円以下であれば非課税となります。

障害者・未成年者・寡婦(夫)(単位:円)

 (注1)合計所得金額の計算方法については税額の計算方法を御覧ください。
 (注2)表に記載された収入金額は、所得が1種類のみの場合の例です。所得が複数ある場合は対応しておりませんので御注意ください。
このページの内容に関するお問い合わせは・・・

お問合せ先:税務課
開庁時間:8時30分~17時00分
閉庁日:土・日曜日、祝祭日、年末年始
電話番号:046-876-1111 ファックス番号:046-876-1717