葉山で暮らす

住民票コード通知書の再発行

最終更新日:2014年4月1日

 住民票コードは住基ネット上において全住民登録者一人ひとりに付番されている11桁の番号です。
 公的年金の申請や国家試験の受験時に、この番号を申請書等に記入することにより、住民票の写しの提出を省略できる場合があります。このページでは、住民票コードが分からなくなってしまった場合の、書類(通知書)の再発行の手続きについて記載しています。

請求できる方

 本人または住民票が同じ世帯となっている方

  • 葉山町に住民登録をしている方についてのみ請求が可能です。
    (転出された方、死亡された方については請求できません。)
  • 他の世帯の方が来庁されている場合、委任状があってもその場での再通知は行うことができません。委任状をお持ちになって別世帯の方が請求された場合、当日は受付のみとなり、通知書を本人の住民登録している住所宛に郵送する等の対応となります。

必要なもの

来庁者の本人確認ができるもの(運転免許証、パスポート、健康保険証、年金手帳等)

発行可能な場所と時間

町役場1階 町民健康課
平日 8時30分から17時まで

手数料

無料

注意事項

 住民票コードは、法令で民間企業が収集してはならない情報とされています。官公庁等に提出するものを除き、書類等に住民票コードを記載しないようにしてください。

関連ファイルのダウンロード

このページの内容に関するお問い合わせは・・・

お問合せ先:町民健康課
開庁時間:8時30分~17時00分
閉庁日:土・日曜日、祝祭日、年末年始
電話番号:046-876-1111 ファックス番号:046-876-1717