葉山で暮らす

法定代理人による住民基本台帳カードの申請

最終更新日:2014年4月1日

 このページでは、未成年者の父母や、成年被後見人に対する成年後見人が代理で申請をする場合の手続きについて掲載しています。その他の人が窓口に来庁される場合は、関連ページリンク「任意代理人が住民基本台帳カードを申請するとき」をご覧ください。

写真無し
住民基本台帳カード(Aタイプ)

写真付き
住民基本台帳カード(Bタイプ)

 住民基本台帳カードは、住民基本台帳(住民票)の情報をもとに各市区町村で発行されるICカードです。顔写真付き(Bタイプ)のものは、市区町村や銀行等の窓口で、申請者本人であることの証明として使うことができます。  また、カード内に電子証明書の情報を書き込むことで、インターネットからの電子申請などに使用することもできます。(顔写真無しのカードは、主に電子申請を目的としたものです。)

申請に必要なもの

カードを作成する人の証明写真(顔写真付のカードが必要な場合)

(注)顔写真無しカードの場合、写真は不要です。

  • 大きさ:縦4.5cm、横3.5cmの寸法をおおむね満たしたもの
  • 申請者本人のみが撮影されたもの
  • 6ヶ月以内に撮影したもの
  • 正面向き、無帽、無背景、目元など輪郭を隠していないものカラーまたは白黒いずれでもかまいません
  • お預りした写真はお返しできません
  • 役場では写真は撮れません。スピード写真機の設置もございません
  • 証明写真として不適当な場合は、申請を受け付けず撮り直しをお願いすることがあります
法定代理人の本人確認書類
運転免許証、パスポートなど、官公署が発行した顔写真付きの本人確認書類(有効期限内のもの)をお持ちいただいた場合
  1. (ア)ICカード運転免許証
    ⇒免許証交付時に設定された4桁の暗証番号(2種類※1)を入力していただきます。 ※1:暗証番号の忘失等により本人確認ができない場合には、健康保険の被保険者証等の本人確認書類を更に1点提示していただきます。
  2. (イ)非ICカード運転免許証、旅券、身体障害者手帳、療育手帳又は精神障がい者保健福祉手帳、運転経歴証明書(平成24年4月1日以後に交付されたものに限る。)、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書、みなし外国人登録証明書
    ⇒健康保険の被保険者証等の本人確認書類を更に1点(計2点)提示していただきます。
  3. (ウ)住基カード
    ⇒住基カード交付時に設定された4桁の暗証番号(※2)を入力していただきます。
    ※2:住基カード等の機能の不具合により暗証番号の照合ができない場合には、健康保険の被保険者証等の本人確認書類を更に1点提示していただきます。

⇒即日での発行となります。(混雑状況にもよりますが、概ね15分程度です。)
法定代理人であることを証明する書類として、戸籍謄本や登記事項証明書等が必要となります。
※町内に本籍のある人または住民票で確認できる場合は省略できます。

その他〔(ア)~(ウ)以外〕健康保険証、年金手帳など、顔写真の無い本人確認書類をお持ちいただいた場合

⇒「住民基本台帳カード交付通知書兼照会書」を郵送しますので、 改めて町民健康課窓口に「回答書」をお持ちいただいての手続きとなります。即日交付はできません(交付までに日数がかかります)

申請窓口

町役場1階町民健康課

手数料

1枚500円

注意事項

電子証明書が必要な場合、別途申請が必要となります。

関連ページ

このページの内容に関するお問い合わせは・・・

お問合せ先:町民健康課
開庁時間:8時30分~17時00分
閉庁日:土・日曜日、祝祭日、年末年始
電話番号:046-876-1111 ファックス番号:046-876-1717