葉山で暮らす

住民基本台帳カードが転出後も継続利用できるようになりました

最終更新日:2014年4月1日

 平成24年7月9日から住民基本台帳法が改正され、町外(国外を除く)へ転出されても、新しい住所地で継続的に住民基本台帳カード(住基カード)が利用できるようになりました。

葉山町から転出する場合の手続きについて

  • 住基カードの継続利用をご希望の場合は、転出届の際に窓口でその旨をお伝えください。(有効期限内のカードに限ります。)
  • 転出届を郵便でされる場合は、昼間に連絡のつく電話番号を必ず記入するようお願いします。詳しくはこちら をご覧ください。
  • 転出日から14日以上経過すると、住基カードの継続利用はできなくなります。
  • 住基カードの継続利用を希望された場合は、原則として「転出証明書」が交付されません。住基カードが転出証明書の代わりとなりますので、転入地では必ず住基カードをご持参のうえ、転入届を提出してください。
  • 転出される世帯員の中に、有効期間内の住基カードの交付を受けている方がお一人でもいる場合は、同じ世帯の方全員のお引越しがこの手続きで可能です。
  • 住基カードに格納されている電子証明書は、転出することにより失効します。

葉山町に転入する場合の手続きについて

  • 転出地で住基カードの継続利用を希望する旨の転出届を提出した方が、転入手続きの際に住基カードを持参していない場合、転入手続きができません。
  • 継続利用の手続きには、住基カードの暗証番号(4ケタの数字)が必要です。住基カードの名義人以外の方が転入手続きをされる場合は、事前に住基カードの暗証番号を確認しておくようお願いします。

関連ファイルのダウンロード

関連ページ

このページの内容に関するお問い合わせは・・・

お問合せ先:町民健康課
開庁時間:8時30分~17時00分
閉庁日:土・日曜日、祝祭日、年末年始
電話番号:046-876-1111 ファックス番号:046-876-1717