葉山で暮らす

保育園の利用について

最終更新日:2016年11月1日

平成29年4月からの保育園等の入園申込みについて

〇保育園等の申込み方法
 平成29年4月から保育所等の利用を希望する人は、必要書類を揃えて、子ども育成課(1階7番窓口)へ申請してください。 詳細については、平成29年度保育所等利用のご案内(PDF830KB) をご覧ください。

※注意※
 既に町から支給認定証が交付されている場合(転園申請の人や平成28年度中に認定は受けたが、利用が保留(待機)だった人)も、現在の世帯の状況や保育の必要性の確認を行うため、再度提出が必要です。

(1)町内に住民票があり、町内の保育所等に申し込む場合
受付窓口葉山町 子ども育成課(1階7番窓口)
※受付時間 平日8時30分~17時(但し12時~13時を除く)
※窓口での面接があります


29

4

1




申込
締切日
●一次募集(葉山町民・葉山へ転入予定の人)
平成28年11月28日(月曜日)~平成28年12月9日(金曜日)
●二次募集(葉山町外に住み、転入予定のない人も含む)
 平成28年12月12日(月曜日)~平成29年2月17日(金曜日)
利用調整結果●一次募集:平成29年2月中旬頃
●二次募集:2月下旬以降随時
※文書でご案内します。
※入所可否の窓口・電話での照会については、お手元に文書が届く前には回答できません。
※特別な事情により締切日までに書類がすべてそろわない場合は、必ず事前にご相談ください。
※事前の相談なく書類の提出が遅れた場合、二次募集扱いとさせていただきます。


(2)町内に住民票があり、町外の保育所等に申し込む場合
受付窓口葉山町 子ども育成課(1階7番窓口) ※受付時間は(1)と同じ。
申込締切日*市区町村によって締切日が異なります。
希望される保育所の所在市区町村にご確認ください。町から希望する保育所等が所在する市区町村に、申請書類を送付しますので、締切日に間に合うよう余裕をもって申請してください。

(3)町外に住民票があり、町内の保育所等に申し込む場合
受付窓口現在お住まいの市区町村の担当窓口
申込締切日現在お住まいの市区町村から町に、申請書類が送付されますので、締切日に間に合うよう余裕をもって申請してください。
備考原則、町内に住民票がある方を優先し利用調整を行います。なお、定員に満たなかった場合や内定者の辞退等で空きができた場合に利用調整の対象となります。
*転入予定の方へ
申込締切日までに証明書類(転入予定の事実が確認できる不動産売買契約書、または賃貸契約書の写し等)を提出された場合、町内に住民票がある方と同じ優先順位となります。ただし、利用開始月の前月末日までに転入することが条件となります。

○申請に必要な書類・持ち物
●すべての人が必要な持ち物・書類
印鑑(認印でも可)
マイナンバーがわかるもの(個人番号カードか通知カード) ※申込み児童と窓口に来る保護者のみ
本人確認書類(運転免許証、健康保険証、年金手帳等) ※窓口に来る保護者のみ
施設型給付費・地域型保育給付費等支給認定申請書 兼 保育所等入所申込書 (PDE440KB) 
入所児童確認表(PDF170KB) 
保育所等利用申込書補助票(PDF406KB) 
マイナンバー(個人番号)記入用紙(PDF143KB) ※申込み児童と同居者全員分のマイナンバーを記入してください
保育を必要とする証明書類(次の表参照)
⑧保育を必要とする証明書類
保護者等の状況必要書類
就労雇用されている人
雇用が内定している人
『就労(雇用内定)証明書』(PDF390KB) 
自営業の方『就労(雇用内定)証明書』(PDF390KB) 
『就労状況申告書』(PDF271KB) 
・自営業、在宅勤務、内職、児童を同伴して就労している人は、『就労(雇用内定)証明書』と『就労状況申告書』をご自身で記入してください。
・添付書類として、仕事内容や実績のわかるもの(個人事業主の開廃業届出書、会社パンフレット等の写し)が必要です。
妊娠、出産・母子健康手帳の写し(表紙と出産予定日が確認できる部分)
保護者等に病気や障害がある時・医師の診断書(保育が困難な状況・傷病名・期間が記載されたもの)
・手帳の写し等
病人や要介護者を介護している時『介護・看護状況申告書』(PDF268KB) 
・病人の診断書、手帳の写し等 要介護状態がわかるもの
災害復旧『り災証明』
求職活動求職活動中の方は、入所後3か月以内に『就労(雇用内定)証明書』を提出してください。
就学『在学証明書』と1週間の時間割がわかる資料
育児休業取得時に、既に保育を
利用している子どもがいて継続利用が必要であること
『就労(雇用内定)証明書』(PDF390KB) または育休の辞令
その他必要に応じて提出していただきます
※ 証明書類は、保護者(父・母)に加え、65歳未満の同居親族についても提出が必要です。
 上記書類の提出がない場合、入所の優先順位が下がります。


●その他【状況により必要な書類】
下表の世帯の状況欄を確認し、該当する全ての書類を提出してください。
世帯の状況必要な書類
平成28年1月2日以降に転入した『平成28年度住民税(非)課税証明書』の写し (平成28年1月1日にお住まいの市区町村で取得できます。)
きょうだい児が幼稚園等に入園している『在園・在学証明書』
申込時に町に住民票がなく、転入予定転入予定の事実が確認できる『不動産売買契約書』か『賃貸契約書』の写し等(内定された場合でも、利用開始月の前月末日までに転入が確認できなければ内定取消となります)
入所希望の子どもが身体障害者手帳・
療育手帳を所持している
『身体障害者手帳・療育手帳』等の写し
○よくあるお問い合わせ
Q.現在、仕事をしていませんが、申込みできますか?
A.はい。求職中でも申込みはできます。
 ただし、入園が決まった場合は、入園から3ヶ月以内に就労することが条件となっています。

Q.育児休業中でも申込みできますか?
A.育児休業中は保育園の入所基準に該当しないため、入園できません。
 復職予定月からの入園希望や、育児休業期間を切り上げて復職を予定している場合などは、育児休業中でも申込みができます。また、既に入園しているお子さんは育児休業中も継続できます。

Q.平成29年4月からは何人ぐらい入園できるのですか?
A.現在の入所状況や申込み状況等により、人数が決まります。例年申込みが多く、入園できない子どももいます。
 下表は、葉山町内の保育所が新たに募集する児童の人数(平成28年10月31日現在の見込み)です。人数については、在園児の状況等により変動する可能性がありますが、参考にしてください。


年度途中の入所申し込みについて

 入所を希望する月の2ヶ月前から子ども育成課で受け付けます。なお、入所希望月の前月の15日が申し込みの締め切りとなります。
 結果は、毎月20日頃に通知します。

入所決定等について

 入園内定後、面接による状況確認等を行い、決定の通知を保護者に行います。入所は原則毎月1日からとなります。(ただし、保育園の定員に余裕がない場合などは入所できないことがあります。)なお、入所決定後に入所を辞退または取消しされる場合は、すみやかに子ども育成課へ連絡してください。連絡のない場合は在籍とみなし、保育料を徴収しますのでご了承ください。

保育料について

 お子さまが保育園に入所しますと保育料がかかります。この保育料は、父親と母親の前年度町民税額の合算額により決定します。また、父親・母親が一定の収入に達していない場合には、同居している祖父母等の町民税等で決定される場合があります。
 なお、教材費・給食費などは別途、各保育園での徴収となり、金額も異なります。

1.保育料の決定
 毎年、町民税決定後の9月に保育料の決定をします。なお、公立・私立とも保護者の負担する保育料は同額です。
2.保育料の納付方法
 保育料については、原則、口座振替をお願いしています。次の金融機関または、子ども育成課窓口で手続きしてください。
口座振替の申し込みができる金融機関
三菱東京UFJ銀行湘南信用金庫
みずほ銀行かながわ信用金庫
三井住友銀行よこすか葉山農業協同組合
横浜銀行ゆうちょ銀行
3.その他
 保育園ごとに、園のきまりが異なります。個人負担の教材費や持ち物、ならし保育の期間や延長保育の時間などそれぞれの園のきまりを守るようお願いします。
このページの内容に関するお問い合わせは・・・

お問合せ先:子ども育成課
開庁時間:8時30分~17時00分
閉庁日:土・日曜日、祝祭日、年末年始
電話番号:046-876-1111 ファックス番号:046-876-1717