葉山で暮らす

犬の登録と狂犬病予防注射

最終更新日:2016年2月29日

 犬の飼い主には、狂犬病予防法により、町への登録と年1回の狂犬病予防注射が義務付けられています。
 ※登録は犬の生涯につき1度です。

1.登録手続きについて

 犬を飼い始めた日(生後90日以内の犬の場合は、生後90日を経過した日)から30日以内に環境課で登録をしてください。
 事前に動物病院で狂犬病予防注射を済ませた場合は、病院から発行される「狂犬病予防注射済証」をお持ちください。未接種の場合は後日、狂犬病予防注射を受けてから手続きをしてください。
 登録されますと、鑑札と狂犬病予防注射済票を交付します。鑑札と注射済票は首輪などに装着しておきましょう。紛失した場合は再交付となりますのでお気をつけください。

<登録費用>
 登録手数料3,000円
 狂犬病予防注射済票交付手数料550円

<再交付費用>
 鑑札1,600円
 狂犬病予防注射済票340円

 ※動物病院で登録手続きを代行する場合があります。詳しくはかかりつけの病院にお問い合せください。

犬や飼い主に変更があった場合
町外からの転入前住所地での鑑札と狂犬病予防注射済票(もしくは証明書)をお持ちになって環境課で手続きをしてください。
町外への転出葉山町での手続きは不要です。転出先の市町村に、葉山町で交付された鑑札と狂犬病注射済票をお持ちになって手続きをしてください。
その他の変更飼い主の氏名や町内での住所変更があれば、環境課まで届け出てください。
犬の死亡環境課まで届け出てください。(電子申請、電話受付可)

2.狂犬病予防注射について

 犬の飼い主には、毎年4月1日から6月30日までの間に狂犬病予防注射を受けさせる義務があります。狂犬病予防注射には、町が町内各所で実施する集合注射と動物病院で受ける個別注射の2種類の方法があります。

集合注射
 毎年4月に町内各所で実施しています。詳しい日程や場所は広報はやまやホームページでお知らせします。また、登録された犬の飼い主の方には、毎年ハガキでご案内をしています。

 集合注射を受ける際は注射費用と町から送付されたハガキとお持ちであれば愛犬手帳をお持ちください。

<集合注射費用>
 注射料金3,050円
 狂犬病予防注射済票交付手数料550円

 ※集合注射の会場で犬の新規登録もできます。注射費用の他に登録手数料が必要になります。

個別注射
 動物病院での注射は病院によって費用が異なります。詳しくは各病院にお問い合せください。
 注射を受けると、病院から「狂犬病予防注射済証」を発行されますので環境課まで提出してください。狂犬病予防注射済票を交付します。

 狂犬病予防注射済票交付手数料550円

 ※動物病院によっては狂犬病予防注射済票交付の手続きを代行する場合があります。

狂犬病予防注射が受けられない場合
 犬が、病気や老齢などにより狂犬病予防注射を受けられないと診断された場合は、病院から発行される「狂犬病予防注射猶予証明書」を環境課へ提出してください。猶予期間内に限り注射が免除されます。
このページの内容に関するお問い合わせは・・・

お問い合わせ先:環境課
開庁時間:8時30分~17時00分
閉庁日:土・日曜日、祝祭日、年末年始
電話番号:046-876-1111 ファックス番号:046-876-1717