葉山で暮らす

補装具支給事業

最終更新日:2014年4月1日

■対象
 身体障害者手帳を保持している人
 一定以上の所得がある人は支給の対象となりません。

■必要なもの
①身体障害者手帳
②医師の意見書(必要のない種目もあります)
③業者の見積書
④印鑑

■補装具の種類
補装具の種類耐用年数備考
義肢義手・義足(殻構造・骨格構造)
装具上肢装具、下肢装具、体幹装具、靴型装具
座位保持装置
盲人安全つえ2~5年普通用、携帯用
義眼2年
眼鏡4年矯正眼鏡・遮光眼鏡・コンタクトレンズ、弱視眼鏡
補聴器5年箱型・耳掛型・挿耳型・骨導式
車いす5年
(1)肢体1.2級で歩行障害があること。肢体3級及び内部障害者は主治医の意見書に基づき総合療育相談センターが必要と判断した者。
(2)介護保険制度が優先ですが、オーダーメイドが必要な場合補装具で対応できる場合があります。
電動車いす6年
(1)重度の下肢機能障害で、電動車椅子によらなければ歩行機能を代替できない方
(2)呼吸器機能障害、心臓機能障害で歩行に著しい制限を受けていて、医学的所見から適応が可能な方
(3)①道路交通法の理解等電動車椅子を安全に操作でき、②家屋構造が適切で、③移乗介護者がいて、④目的が明確であり、⑤保守点検が可能な方
座位保持いす3年障害児に限ります。
起立保持具3年障害児に限ります。
歩行器5年
歩行補助つえ2~4年
重度障害者意思
伝達装置
5年重度の両上下肢及び音声・言語機能障害者で、重度障害者用意思伝達装置によらなければ意思の伝達が困難な方
このページの内容に関するお問い合わせは・・・

お問合せ先:福祉課
開庁時間:8時30分~17時00分
閉庁日:土・日曜日、祝祭日、年末年始
電話番号:046-876-1111 ファックス番号:046-876-1717