葉山で暮らす

臨時福祉給付金

最終更新日:2017年8月3日

 臨時福祉給付金(経済対策分)

葉山町の申請受付は終了しました。


例えば、次のような“やむを得ない理由”により申請期間中に申請ができなかった方へ
  • 申請期間内に申請を行ったが、書類不備の理由により受理されず、期間内に再申請ができなかった場合
  • 災害等の事由により、申請期間の終了までに申請ができなかった場合
  • 当初、平成28年度分の市町村民税(均等割)の課税者だった者が、その後の税務調査等により非課税者となったが、申請期間を既に過ぎていた場合
詳細については、福祉課(内線231)までお問い合わせください。

目的平成26年4月に実施した消費税率引上げに伴う所得の少ない人への影響を緩和します。
支給対象者平成28年度分の住民税(均等割)が課税されない人
住民税において、課税者の扶養親族になっている人や生活保護の受給者は除く。

※対象となる可能性がある人に、「お知らせ」(申請書などを同封)を4月上旬にクリーム色の封筒で発送します。
※対象と思われるのに届かない人は福祉課(電話046-876-1111内線231)まで連絡してください。
支給額1人につき1万5千円
※支給は1回です。
申込み申請書を(1)同封の返信用封筒で郵送により葉山町に提出、(2)窓口に提出
支給
  • 審査後、支給決定者には申請書に記載した指定口座に振り込みます。
    ※申請受付後、支給要件の審査を行いますので、支給まで1か月ほどかかります。
  • 振込予定日は支給決定通知書によりお知らせします。
締切平成29年7月31日(月曜日) ※消印有効
問合せ0570-037-192

 給付金を装った不審な電話・メールが発生しています。"振り込め詐欺"や"個人情報・マイナンバーの詐取"にご注意ください。

臨時福祉給付金(経済対策分)に関して

  • 市町村や厚生労働省などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
  • ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。
  • 市町村や厚生労働省などが、「臨時福祉給付金(経済対策分)」を支給するために、手数料の振込を求めること等は絶対にありません。
  • 市町村や厚生労働省(の職員)などをかたった不審な電話や郵便、メールがあった場合にはお住まいの市町村や警察署(警察相談窓口電話(#9110))にご連絡ください。
このページの内容に関するお問い合わせは・・・

臨時福祉給付金(経済対策分)について
福祉部福祉課 046-876-1111(内線231)
開庁時間:8時30分~17時00分
閉庁日:土・日曜日、祝祭日、年末年始