葉山で暮らす

学生納付特例の申請

最終更新日:2016年6月9日

 学生納付特例は、毎年度申請が必要です

 対象期間は、平成28年4月分から平成29年3月分までです。
※保険料の納付期限から2年を経過していない期間(申請時点から2年1か月前まで)についてさかのぼって申請ができます。(一般免除・納付猶予も同様)

学生納付特例制度

 日本国内に住むすべての人は、20歳になった時から国民年金の被保険者となり、保険料の納付が義務づけられていますが、学生については、申請により前年所得が一定以内であれば、在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。

対象者
 大学(大学院)、短期大学、高等学校、高等専門学校、専修学校及び各種学校などに在学する20歳以上の学生等。(一定の所得制限があります。) ※ 夜間・定時制課程や通信課程の方も対象となります。(修業年限が1年以上の課程)

申請される方は
 必要書類をお持ちになり、4月1日以降に直接、町民健康課へお越しください。

必要書類
  • 年金手帳
  • 学生等であることを証明する書類 (学生証または在学証明書)
  • 印鑑 (代理申請の場合)
  • 平成27年中の所得の状況を明らかにすることができる書類 (所得証明等)
    (平成27年中に所得があり、平成28年1月2日以降に市内に転入した方のみ)

毎年申請が必要です
 学生納付特例の申請が遅れると、申請日前に生じた不慮の事故や病気による障害について、障害基礎年金を受け取ることができない場合がございますので、ご注意ください。

関連ページ

• 日本年金機構 
• 日本年金機構(学生納付特例制度について) 
このページの内容に関するお問い合わせは・・・

お問合せ先:町民健康課
開庁時間:8時30分~17時00分
閉庁日:土・日曜日、祝祭日、年末年始
電話番号:046-876-1111 ファックス番号:046-876-1717