葉山で暮らす

療養費

最終更新日:2014年4月1日

療養費の支給

 次の場合は、いったん医療費の全額を医療機関等に支払い、後で町民健康課に申請してください。保険を使えなかったことがやむを得ないと認められた場合には、自己負担分を除いた額が支給されます。
 なお、審査のため、療養費が支給されるまでには申請から2、3か月程度かかります。
申請書は町民健康課にあります。
お医者さんなどに医療費を支払った日の翌日から2年を過ぎると時効となり、申請ができなくなります。
申請ができる場合申請に必要なもの
急病など、緊急その他やむを得ない事情で
保険証を持参できなかったとき
・医師に支払った費用の領収書
・診療報酬明細書(レセプト)
・保険証
・印鑑(朱肉を使用するもの)
・銀行の預金通帳(ゆうちょ銀行は除く)
コルセットなど治療用装具を作ったとき・医師の意見書
・代金の領収書及び明細書
・保険証
・印鑑(朱肉を使用するもの)
・銀行の預金通帳(ゆうちょ銀行は除く)
柔道整復師の施術を受けたとき(※1)・施術料金領収明細書
・保険証
・印鑑(朱肉を使用するもの)
・銀行の預金通帳(ゆうちょ銀行は除く)
医師の同意を得て、はり・きゅう・マッサージ師の
施術を受けたとき
・施術料金領収明細書
・医師の同意書
・保険証
・印鑑(朱肉を使用するもの)
・銀行の預金通帳(ゆうちょ銀行は除く)
輸血に生血を使ったとき・医師の輸血証明書
・代金の領収書
・保険証
・印鑑(朱肉を使用するもの)
・銀行の預金通帳(ゆうちょ銀行は除く)
海外で急な病気やケガにより医療機関で
治療を受けたとき(※2)
・代金の領収書
・診療の内容が分かる明細書
・日本語の翻訳文
・保険証
・印鑑(朱肉を使用するもの)
・銀行の預金通帳(ゆうちょ銀行は除く)
※1骨折・脱臼に柔道整復師の施術を受けるときには医師の同意が必要です。また、保険証を提示すれば、自己負担分を支払うだけですむ場合があります。
※2治療目的での渡航は対象になりません

関連ページ

• 療養の給付
このページの内容に関するお問い合わせは・・・

お問合せ先:町民健康課
開庁時間:8時30分~17時00分
閉庁日:土・日曜日、祝祭日、年末年始
電話番号:046-876-1111 ファックス番号:046-876-1717