葉山で暮らす

補助に関するQ&A

最終更新日:2015年6月9日

Q. 自分の受ける人間ドックが、補助対象になるのかわかりません。どうしたらよいでしょう?
A. 補助対象となる人間ドックの項目は、40歳から74歳の人が受ける特定健康診査と同じ検査項目です。
 人間ドックをお申込みになる際に、下のPDFをプリントしたものを提示するか、検査機関に健康診査の項目をご確認ください。
 補助対象となる人間ドック健康診査項目 

Q.  自分の受ける脳ドックが、補助対象になるのかわかりません。どうしたらよいでしょう?
A.  脳ドックをお申込みになる際に、下のPDFをプリントしたものを提示するか、検査機関に検査項目をご確認ください。
 補助対象となる脳ドック検査項目 

Q. 検査結果を提出しなければならないのは、なぜですか?
A. 補助対象になる人間ドックは、指定している検査項目がすべて含まれていることが条件になります。検査項目を受診していることを確認するため、提出していただくことになります。

Q. 補助対象の検査項目以外の検査を受けても、補助は受けられますか?
A.受けられます。

Q. 補助対象とは関係のない検査をあわせて受診しています。検査結果はすべて提出する必要がありますか?
A. 指定している検査項目を確認するため、検査結果を提出していただいています。指定の検査項目以外の部分は、必要ありません。

Q. 勤めている会社から人間ドックの補助があり、補助された金額を検査機関に支払います。その場合は、どうしたら良いですか?
A. 実際に支払った金額の領収書をお持ちください。

Q. 勤めている会社から現金の補助があります。そちらの手続きもしたいのですが、どのような手順になりますか?
A. 健康保険組合や福利厚生団体等などで受ける全ての補助の手続きが終了してから、領収書(会社へ提出している場合は写しでも可)と補助制度を利用したことが分かる書類の写し(補助の領収書など)を添えて、申請してください。

Q. 勤めている会社で補助制度を利用するため、領収書を提出してしまいました。領収書がなくても、補助は受けられますか?
A. 領収書がないと補助は受けられません。写しでも構わないので、必ず提出していただきます。また、勤めている会社が補助している金額の分かる書類(写しでも可)も、あわせて提出してください。

Q. 平日に申請することができません。家族が代理で申請することはできますか?
A. 申請者は本人になりますが、家族が代理で手続きすることはできます。代理人が手続きする場合は、事前に本人が記入・押印した申請書に添付書類を添えて提出してください。

Q, 郵送で申請することはできますか?
A. 郵送による申請はできます。本人が記入・押印した申請書に添付書類を添えて郵送してください

Q. 特定健康診査を受けましたが、人間ドックを受けても補助を受けることが出来ますか?
A. 補助対象となる内容は特定健康診査と同じです。補助は受けることができますが、必要性をご検討ください。

Q. 補助金の受け取り方法はどのようになりますか?
A. 申請者名義の金融機関口座への振込みになります。

Q. がん検診も同時に受診したため、領収書が一括で表示されていますが、補助を受けることが出来ますか?
A. 出来ます。
このページの内容に関するお問い合わせは・・・

お問合せ先:町民健康課
開庁時間:8時30分~17時00分
閉庁日:土・日曜日、祝祭日、年末年始
電話番号:046-876-1111