葉山町議会 Hayamatown Council Homepage  
トップ「議会基本条例」 > 議会側の回答・見解



「町民の皆様のご意見を伺う会」に出された意見に対する議会(会派)の見解・回答等

 

平成19年11月29日:上山口会館

平成19年11月29日:一色小学校新館

平成19年12月 2日:葉桜会館

平成19年12月 2日:福祉文化会館

      〔平成20年 6月 3日まとめ〕

【1.意 見 等】

 議会に与党、野党、会派などがあるように言われているが、こんな小さな町でおかしい。議論を尽くして良し悪しを決めるべき(是々非々であるべき)。

 与党とか野党とかは町の議会ではふさわしくない。チェック機能が大事と思う。

<1.見解・回答等>

◎尚政会(加藤清議員・笠原俊一議員・鈴木知一議員・佐野司郎議員・伊東圭介議員)

    国会は議院内閣制であり、議員の中から総理大臣(首相)が選ばれているため、国会では、与党・野党という区別がある。しかし、地方議会は議員の中からは首長が選ばれないので、与党・野党という言い方は正しい区分の方法ではない。しかし、一般的には首長よりの考えを持つ議員を与党と言われている。与党・野党という事を考えずに是々非々という考えでチェックをしている。

◎新葉クラブ(金崎ひさ議員・待寺真司議員)

    国会とは違い地方議会には与党・野党という明確な区切りはありません。新葉クラブでは常に是々非々を基本として活動しております。

◎21世紀同志会と公明の会(伊藤友子議員・鈴木道子議員)

    現在、会派制で動いています。会派の控え室があり、情報収集や調査研究などそれぞれの会派ごとに効果的に進めています。

    行政へのチェック機能は、21世紀同志会と公明の会では、与党も野党もなく是々非々で活動しています。

◎日本共産党(近藤昇一議員・阿部 勝雄議員)

    私たちは常に町民の立場から議案を検討し、賛成・反対の態度で臨んできました。そして、反対した議案はおよそ2割しかありません。その際、極力対案を示すよう努力してきました。

    また、地方議会は首長も議員も直接住民から選出される2元代表制を執っていますので、議院内閣制の国会で言われる与党・野党の考え方は当たらないと思いますが、議会は行政をチェックする役割を果たすためには野党的立場であるべきだと考えます。

◎いきいき葉山の会(畑中由喜子議員・守屋亘弘議員)

    本来、制度的に地方議会には「与党」「野党」はありません。行政に対するチェック機能を果たすことが地方議会の大きな役割であり、私たちは、議案ごとに検討し、賛否を決めています。

◎民主はやま(山梨崇仁議員・土佐洋子議員)

    おっしゃるとおり、政治家の判断は是々非々が当然であり、まして二元代表制の地方議会議員に与野党の構図があるべきではないと考えます。私たちはチェック機関として執行部とは常に緊張関係を保つべきであるとも考え、政・官に一定の距離を保持したうえで行動するようにもしています。

【2.意 見 等】

 北海道の栗山町で決めた議会基本条例は、条例にかかれていないものがある。議員は選挙の時は来るが、当選すると顔を出さない。議員がやらなければならないのは、決めたものを守る義務と責任。議会で決めた倫理条例は守られているか。

 基本条例の参考例のとおりやっていただければ言うことはない。

 基本条例を発展的に早く作って欲しい。

 「議会基本条例を作る必要がある」とこの会を開いて、議会の理念の必要性を言っているのだろうが、その理念がないから基本条例をつくるというのか。議会は、自由な討論をしてその争点を公開していくことが第一の使命である。町長の問題、副町長の問題、町政をしっかり監視していれば良いのではないか。それでも条例が必要なのか。

 何が問題で条例をつくろうとしているのか。

 条例化をしようとした基になったことがあるはず。議員の反省の弁を聞きたい。この会をガス抜きのために開いたものではないだろう。この意見をどう生かすかが問題だ。

 これまで3箇所で出された意見をすべて公開して欲しい。これを無にして欲しくない。

<2.見解・回答等>

◎尚政会

    議会内では自由な討論を行い十分ではないが公開はしている。議会基本条例は議会内の基本的な決めごとをまとめるためである。倫理条例は守られている。

    行政に対する要望・意見は、町内会や町内各団体等を通じて出てきたものが多い。個人からの要望・意見などでも、多くの議員が賛成することがある。

◎新葉クラブ

    現状地方議会は、討論の広場となっていない事に問題意識を持ち、議会の最高法規としての議会基本条例制定に向け、新葉クラブは積極的に取組んでおります。地方分権が進む中、地方議会の責務はますます重くなってきており、常に変化する社会情勢に対応していくためにも、議会の基本となる理念及び原則を定め、条文化する必要性は高いと考えております。

◎21世紀同志会と公明の会

    町民に身近な「開かれた議会」とするためには、議会運営の基本事項を定める必要性を議員全員が感じております。「議会基本条例」を制定することにより、町民の皆様にも、分かりやすい透明性のある議会を目指します。

◎日本共産党

    北海道の栗山町は様々な議会改革を行ったうえ、これを後戻りさせないために集大成として「議会基本条例」が制定されたものです。私たちは「議会会基本条例」制定を否定するものではありませんが、「条例」制定を待つのではなくできることは直ちに改革を進める姿勢が必要だと考えています。

◎いきいき葉山の会

    北海道栗山町議会では、さまざまな改革を将来にわたり、後退させないために、議会基本条例が作られました。私たちは議会改革を進めることが重要であり、議会基本条例を作ることが目的とは考えていません。

◎民主はやま

    議会基本条例を制定することで、これまで議会のあり方、議員の責務に個々の議員によって温度差があったものが明文統一化され、議会本来の機能を回復するための指針とすることができると考えています。そして、その次の課題として、制定後は厳正な「運用」を自他ともに求めなければなりません。

【3.意 見 等】

 町長の辞任について、270万円の寄付があるとして辞任すると新聞報道があるが、昨今、よくある話で「修正」して、事を済ませていることが多い。これだけ(270万円)の問題なら修正で済むのではないか。それを辞任となると「もっと他にあるのではないか」と疑ってしまう。議員には住民に説明する責任が有るのではないか。

 町長の問題は、買収である。一人5万4千円にもなる。副町長の問題は不法占有というが利権の問題だ。ゼネコンが絡む利権・金権、これをチェックするのが議会だ。

<3.見解・回答等>

◎尚政会

    寄付の問題については修正も一つの方法であると考える。本人が我々(議会または議員)にも報道以外のことを話さないので分からない。買収や不法占有の問題は内容を調査しないと判断しかねるし、そこまでの調査権は議会にはない。ある意味、利権・金権をチェックするのが我々の責務である。町長の件はすでに司法により解決している。また、副町長の不法占有の問題については私有地と公有地のけじめをきちんとするべきである。

◎新葉クラブ

    議員活動の基本は、調査権を行使して首長や行政の不正のチェックを行うことであると認識しております。

◎21世紀同志会と公明の会

    町長辞任の理由については、新聞報道以上の情報は、町長からも議会に伝わりませんでした。この件で議会から町民への説明責任は必要ないものと考えます。

◎日本共産党

    町長は住民から選ばれたものの責任として辞任にいたる経過と理由を明らかにしなければならない責任があると考えます。また、議会はそれを知り町民に報告する義務があります。

    ところが、守屋前町長は一方的な説明しか行わず議会からの質問も受けようとしませんでした。

    そこで、私たちは、議会内で自治法に基づく「調査特別委員会設置の動議」、「町民と議会に説明を求める決議」を議員提案しましたが、残念ながら賛成少数で否決されました。否決した議員にはその責任が問われると思います。

◎いきいき葉山の会

    前町長の辞任、および前副町長の国有地不法占有の問題に対して、議会はそれぞれ経過と理由を明らかにし、結果によって責任を問うべきであり、私たちは「調査特別委員会設置の動議」、「町民と議会に説明を求める決議」等の議員提案をしましたが、いずれも賛成少数で否決されました。葉山町議会平成19年第4回定例会の議事録をご参照ください。

◎民主はやま

    前町長の動向については議員にも知らされていないことばかりでした。司直の判断とは別に、退職金返納や説明責任を果たすという形で社会的責任を果たすべきだと考えております。

【4.意 見 等】

 退職金が支払われるので辞任ではだめだ。罷免して退職金は払うべきでない。

<4.見解・回答等>

◎尚政会

    罷免することは公務上のものであれば可能であるが、退職金の支払いについては個人的問題であり難しいと考える。

◎新葉クラブ

    刑事事件として訴追されるような事案であれば、当然退職金は支払われるべきではないと考えます。

◎21世紀同志会と公明の会

    もしも刑事事件となって訴追されたとしたら、また仮に実刑判決が出たら退職金は支払うべきではありません。

◎日本共産党

    議会が首長を罷免する方法としては、「町長不信任決議」しかありません。この場合、議員総数の3分の2以上の出席で、4分の3以上の賛成が必要となります。仮に、「決議」が同意された場合、10日以内に議会を解散するか自ら退職するかを町長が選びます。議会を解散した場合、再選された議会で改めて「不信任決議案」が提出された場合は出席議員の過半数で同意された場合、町長は失職します。

    また、退職金について葉山町の場合、神奈川県市町村職員退職手当組合に加盟していますので、退職金はそちらから支払われます。その際、支払われないものとして、禁固刑以上の犯罪で退職した場合です。それ以外の場合「退職手当組合」からは自動的に退職金が支払われることになります。

    したがって、返納するのは「退職手当組合」になりますので、前町長が自ら葉山町に「寄附」するしかないものと考えます。

◎いきいき葉山の会

    議会が町長を罷免する方法は、「町長不信任決議」をあげることです。その結果、町長が退職したとしても、退職金は神奈川県町村職員退職手当組合から支払われるため、返納先は町ではなく、組合になります。前町長が退職金相当額を町に寄付する以外、町に取り戻すことはできません。

◎民主はやま

    既に支払われてしまいましたが、前述のとおり、退職金等返納を求める立場でおります。

【5.意 見 等】

 議員の給与はいくらなのか。

 議員の給与は予算から見ると、年間一人当たり1,000万円ほどで、議会や委員会など義務的出席日数は100日程度であり、1日10万円の給与だ。

<5.見解・回答等>

◎尚政会

    議員の報酬は月額40万円(年齢・当選回数など関係なく)

◎新葉クラブ

    議員報酬は月額40万円です。別に議長・副議長・常任委員会委員長は手当てがあります。

◎21世紀同志会と公明の会

    議員報酬は、月額40万円です。

◎日本共産党

    葉山町議会議員の報酬月額は条例で月40万円となっています。そこから所得税・共済掛け金を引くと30万円を下回ります。さらに町県民税・国民年金・国民健康保険料を支払うと、人によって違いがありますが、おおよそ24〜25万円ほどになります。

    議員の職は昔のように名誉職ではありません。地方議員が地域住民の要求にそって地方自治を守り、さらにこれをさせていくためには、議会開会中だけ活動すればよいものではなく、日常不断に住民のなかに入って、調査、研究、政策学習に努力するなど、その活動に専従しなければ議員としての任務を充分遂行することができなくなっているのが、最近の実態ではないでしょうか。

    当然、町の財政状況や町民生活なども考慮されなければなりませんが、一定の活動が保障される金額でなければ、充分な資産のあるもの以外は議員になることもためらわれることになり、実質的には被選挙権制限の役割を果たすことになります。

    「それだけの活動をしていない」との批判に対しては真摯に受け止め、更なる努力が必要であると考えます。

◎いきいき葉山の会

    葉山町議会議員の報酬は条例で月額40万円と定められていますが、所得税や共済掛け金を差し引いた手取額は29万円余になります。別に県民税・町民税や年金、健康保険料を支払います。

    議員としての活動は、本会議や委員会に出席するだけでなく、日常から、地域活動、研修、研究、調査等を行なう必要があり、そのためには一定の保障が必要と考えます。

◎民主はやま

    報酬の額面でおよそ691万円。その他に他自治体で見られる手当て等はありません。祝祭日は行事などに出席し、休会中も調査研究の活動を続けている専従専業の議員である私は、妥当な額であると考えています。それぞれの議員の働きや資質に違いがあることは認識していますので、議員研修や資質向上策を検討したいです。

【6.意 見 等】

 不燃物の選別場所が上山口ということの報道があるが、場所はどこか。議員は知っているはず。

<6.見解・回答等>

◎尚政会

    この件の報道や情報は議員に一切ない。土地の買収、借り上げなどが議案として出ていないので、全く判らない。

◎新葉クラブ

    決定されておりませんし、知らされてもおりませんのでお答えしかねます。

◎21世紀同志会と公明の会

    議会に情報提供が正式にありませんので、まったく知りません。

◎日本共産党

    議会での答弁は「現在のクリーンセンターが最有力候補で、そのほか長柄、上山口方面に候補地がある」との答弁で、具体的には示されていません。

◎いきいき葉山の会

    町民のご意見を伺う会が開催された時点での、議会答弁では、「現在のクリーンセンターが有力候補で、その他長柄、上山口方面に候補地がある。」とのことで、具体的には明らかにされていませんでした。

    現在は、2市1町広域処理計画そのものの再検討がされています。

◎民主はやま

    申し訳ありませんが、私たちは聞いたことのない情報です。

【7.意 見 等】

 議会の質問も、与党は町長がこうだと言うとそれで終わってしまう。野党は勉強不足で突っ込みが不足している。

 議会の答弁は弁解で、質問する方もその結果がはっきりしない。

 議会質問は形式的質問が多く迫力ある質問が見られない。夕張みたいに、市長にだけ責任を持たせるようなことがないように。それを許してきた議員は何をしていたのか、議員の役割だ。住民に痛みを負わせないよう議員が監視役として頑張って欲しいし、期待したい。

<7.見解・回答等>

◎尚政会

    質問は形式的ではないと感じているし、議員としての役割は果たしていると考える。しかし、ご意見をふまえ、さらに勉強をしていく考えだ。

◎新葉クラブ

    新葉クラブでは、議員の権利である本会議での総括質問や一般質問を、最大限活用して町に対して積極的かつ前向きな提案を様々行っております。事前に会派会議において質問項目などの調整を行い、幅広く質問を進めております。ただし重要案件に関しましては、リレー方式で町側の見解を問いただしております。

◎21世紀同志会と公明の会

    町民の皆様のご期待に沿えるように、与えられた機会を十分に活かして、チェック機能の強化に努めてまいります。

◎日本共産党

    ご指摘は真摯に受け止めたいと思います。ただ、質問時間が1時間の制限があり質問項目数によっては時間が足りなくなり、中途半端で終わってしまうこともあります。

    私たちは、一貫して質問時間制限の撤廃を要求しています。

◎いきいき葉山の会

    はっきりした答弁が出ないまま、質問時間が終わってしまうなど、反省とともに、十分な質問時間を確保する等、改革すべき点もあると考え、以前から、質問時間の撤廃を求めています。

◎民主はやま

    チェック機関として、勉強不足のご指摘は常に真摯に受け止めたいです。そもそも地方議会に与野党の構図は不要であるため、議員個々人が資質を向上させ、個人で行政と対等に議論、提案ができるよう常に努力するべきです。私は議員としてそれを実現したい。

【8.意 見 等】

 この地域(上山口)は町政に対する関心も高い。何もしていない議員がいると言ったが、見えないところで何かやっているのだろうが、住民に見えるようにして欲しい。議員の発言回数だけを発表しているところもあるが、発言回数だけで評価するのは正しくない。

<8.見解・回答等>

◎尚政会

    議員活動はそれぞれに個人に差がある。また、議員全体を一律には言えない部分も多くある。住民に見えるような議員活動の努力はしていかなければならないと考える。

◎新葉クラブ

    議員活動には様々な要素があり、議会での発言もそのひとつであります。当然議会での発言は大変重要な活動ですが、新葉クラブはその他の目に見える活動にも積極的に取組んでおります。

◎21世紀同志会と公明の会

    町民の意思や苦情を収集して行政に反映させるべく、私たち議員は、議会で、委員会で発言します。その他、問題解決に向けて議会外でも各議員が、さまざまな方法で活動していますが、議会外での活動報告は、議員個人の責任において「町政報告会」、「議会報告文書の配布」、その他後援会活動の中で、お知らせしてまいります。

◎日本共産党

    議員の評価の方法については大変難しいことだと思います。私たちは常に町民の皆様が監視しているものと考えて行動しています。したがって、議会での発言の機会が与えられているものについては一度も休まずに発言や質問を行っております。

◎いきいき葉山の会

    議員としての活動は、議会内だけではありませんが、議会での発言は、議員に与えられた職務であり、権限ですので、これを十分に全うすべきと考えます。

◎民主はやま

    見える政治のため、積極的な情報公開をすることが皆様から付託をいただいた議員の最低限の責務です。議会中継の実現と、活動レポート配布や街頭演説を通じて、議会の情報発信に努めてまいります。

【9.意 見 等】

 議員の議論に参加できるようにして欲しい。

<9.見解・回答等>

◎尚政会

    議会基本条例に町民が参加できるような形態や会議のあり方を盛り込むよう考えている。現在の議論への参加方法は公聴会、参考人制度しかないが、町長の諮問機関のような位置付けのものがあれば良いと考える。インターネット、テレビ放映などの公開を進めたいと考える。

◎新葉クラブ

    新葉クラブでは出前フォーラムを年4回程度開催しておりますので、是非ともご参加いただき、様々な角度から町政に対するご意見・ご要望をお寄せください。

◎21世紀同志会と公明の会

    「議会基本条例」に盛り込めるか、議会内で議論をした上で、決めてまいります。

◎日本共産党

    議会の正式な制度の中で、町民や専門家の意見を参考にするために参考人制度や公聴会の制度があります。

    私たちが要求して、過去何度かこの制度を活用したことがありました。しかし、議会の多数はこれらの制度の活用に逡巡し、なかなか実現できていません。今後も、これらの制度の活用と制度の改正を求めていきたいと思います。

    また、北海道の栗山町では一般議会として町民も参加する形の会議を設けていますので、研究する価値はあると思われます。

◎いきいき葉山の会

    わが国では、間接民主主義の議会制度を採っています。公式な制度では、住民や専門家の意見を参考とするための参考人制度や公聴会の制度があります。

◎民主はやま

    公聴会や参考人制度の活用を推進しています。町民の方のご意見を直接伺うことの重要性を認識しておりますので、開かれた議会のためにもぜひご協力いただきたく思います。

【10.意 見 等】

 チラシに「情報の公開」とあるが、これが弱いからこういう議題が出るのか。

 情報公開といっても難しい。HP等どれだけの方が見ているか。

 今までの町政が秘密裏に進められてきていると疑っている。遊歩道の問題、教育総合センターの問題など、ほとんどのことが事後報告だからこんな意見が出されるのだ。

 開かれた議会が必要だ。遊歩道の問題もおかしい。議会をテレビ中継やインターネット放送などで公開して欲しい。

 今聞いたような議会なら税金を払いたくない。賛成反対はどこにもあるだろうし、議員もしがらみやそれぞれの立場もあるだろう。栗山町の8項目はよいことだと思う。住民にホームページやテレビ放映などで知らせてほしい。

<10.見解・回答等>

◎尚政会

    さらに開かれた議会が必要であり、その方法を模索しているところである。情報公開の方法は色々あるが、常任委員会や予算・決算特別委員会、議会運営委員会などほとんどすべて傍聴できる。葉山町議会の一般公開については、全国他自治体と比べ進んでいる方である。

◎新葉クラブ

    様々な手法を用いて情報は発信するべきであると考えます。新葉クラブでは会派の広報誌や出前フォーラムなどを通じて、情報発信・情報共有に努めております。議会としても特別委員会を設置して、日夜情報発信等の改善に努めております。

◎21世紀同志会と公明の会

    確かにすばやい「情報の公開」は必要です。近い将来、議会のテレビ中継、インターネット放送等で、ホットな情報がお手元に届くように改善されるように努力してまいります。

◎日本共産党

    葉山町の情報公開制度は「公文書公開条例」となっていて制度的に不十分だと思います。住民の個人情報を除き、基本的に行政が把握する全ての情報は町民の情報であるとの立場からの「情報公開条例」の制定が必要で、条例改正については一貫して要求しています。

    また、議会もリアルタイムで情報を公開するためにインターネット中継などの導入を早急に行うべきであると考えます。

◎いきいき葉山の会

    私たちは開かれた議会の実現のために、これまで議会のインターネット中継の導入を目指してきましたが、予算の関係で、実現していませんでした。しかし、森町長から就任後の初議会で、6月議会に補正予算を付けるとの答弁を得ました。一層の公開を目指します。

◎民主はやま

    情報公開は絶対必要な制度、姿勢であると考えております。その一つとして議会のインターネット中継の導入を進めており、実現の見込みが立ちました。引き続き、見える政治を最低条件に活動してまいります。

【11.意 見 等】

 議員が全員そろって来るのは初めてである。議員の意見や活動内容も聞きたい。これからもこのような集まりをやって欲しい。

 議員が全員参加はびっくりした。

 今後もこうした集まりを開いて欲しい。

 四半期ベースで議員の皆様と会話できる機会が持てるとよい。

 参加者がちょっと少ないのではないか。

 議会が前向きになった点は賞賛するが、形だけにならないように前向きに取り組んで欲しい。

 また、こうした住民が集まる機会を作ってほしい。

<11.見解・回答等>

◎尚政会

    四半期に一度というのは無理にしても、このような機会をつくることを検討していきたい。

◎新葉クラブ

    新葉クラブでは、これに先がけて出前フォーラムを町内各所で開催しております(20年4月5日開催で18回実施済み)。その場で頂戴した意見や要望を、調査・検討して行政に届けております。今後は葉山町議会として、議会基本条例制定を契機として、このような活動を充実するべきであると提案して参ります。

◎21世紀同志会と公明の会

    私たち議員も町民の皆様との「意見交換」の機会を、多く望むところです。

◎日本共産党

    17人の議員が町民の皆様と対話する機会を設けるということについては意義あることだと考えます。しかし、議会の性格上、全議員が統一見解として答えることが難しいものと思います。

◎いきいき葉山の会

    議員はさまざまな意見を代弁する立場にあり、必ずしも統一見解とはならないことから、その場での議論は難しいと考えます。

◎民主はやま

    議会基本条例の先進自治体では、一般会議などの呼称で、町民の方と直接対話する機会を設けています。手法はさまざまですが、前記のとおり、引き続き、直接皆様の声をいただく場を設けることが重要だと考えています。

【12.意 見 等】

 このごろよく使われる3つのキーワード「民意」「厳しい財政」「善処する」。意見を伺う会をやったからといって「民意」を反映したなどといって欲しくない。「善処する」は「やらない」と言うことだ。これらの言葉を禁句にしては。

<12.見解・回答等>

◎尚政会

    「民意」「厳しい財政」「善処する」を禁句にすることは難しい。問題回避の場合に主に使う言葉だが、普通に話しをする場合は問題ないと考える。逃げ道として使わないようにしていく。

◎新葉クラブ

    行政側からの答弁で、このような言葉での納得は極力しないように心掛けてはいますが、確かにご指摘の通りに良く聞く答弁であることは否めません。

◎21世紀同志会と公明の会

    「曖昧」と受け取られかねない文言は、本来責任ある立場の町長や議員は使うべきでないということは同感です。例えば、国会やお詫び会見など、巷で横行している「遺憾に思う」はその際たるものです。「善処する」も確かに曖昧な表現ですね。表現方法には、自らも十分注意を払ってまいります。

◎日本共産党

    そのとおりだと考えます。

◎いきいき葉山の会

    そのとおりだと考えます。

◎民主はやま

    政治家はどのような言い回しで表現しようとも、常に結果責任を求めるべきです。

【13.意 見 等】

 議会の3つのキーワードは、「倫理の欠如、独裁、無知」だ。議論が少ない。よく議論し、自分の意思で賛否を決めるべきだ。

 倫理観をもって、行政側と馴れ合いにならないことが必要である。4年毎の選挙以外に民意を問う方法はないのか。

 議会広報を見ると町長が「やります」と言う答弁は少ない。「検討します」で終わっているし、建設的な答弁がみられない。追求もしっかりやって欲しい。

<13.見解・回答等>

◎尚政会

    今後はより議論をしていき、追求もしっかりと行っていく。議員は後援会などがあり、議会内・外の活動も重要な役割であり、この中で民意を聞く機会も持っている。

◎新葉クラブ

    議員として真剣に取組んでいますが、今後、議論の進め方については、議会基本条例にも組み入れて十分な議論ができるようにと考えます。

◎21世紀同志会と公明の会

    問題解決に向けて、調査研究をして、建設的に議論をするように議会の質を高めてまいります。

◎日本共産党

    真摯に受け止め、一層努力しなければならないと思います。

    「4年毎の選挙以外に民意を問う方法は」とのことですが、これまで何度か行政側に「自治基本条例」の制定を求めてきましたが、住民の要求によって住民投票の実施が行われるよう常設の「住民投票制度」を自治基本条例のなかに組み込むことが出来ます。また、「自治基本条例」は住民主体で制定すべきだと思います。自治体はその環境づくりを行うべきであると考えます。引き続き要求していきたいと思います。

◎いきいき葉山の会

    さらに努力していきます。

◎民主はやま

    議員は各分野においてある程度の専門的知識を持ち、行政との緊張関係の中で、議員同士も含め建設的な議論を活発に行うべきです。求められることは結果であると認識しております。引き続き、更なる努力を続けてまいります。

【14.意 見 等】

 真名瀬漁港問題には関心を持った。各議員の賛否が分からないので、分かるようにして欲しい。

<14.見解・回答等>

◎尚政会

    議会広報等でわかるようにしていくのも、一つの方法と考えている。質問は真名瀬漁港整備計画の一部である遊歩道についてだけの賛否なのか判らないが、議会の賛成多数により事業が進められ、港湾内の静穏度は向上し、漁場も良好になり、漁業組合、町内会より感謝されている。

◎新葉クラブ

    議員の賛否に関しましては、今後6月議会後発行の「議会だより」から各議員の賛否を表記することになりました。

◎21世紀同志会と公明の会

    今後、各議員の賛否がわかるように改善いたします。

◎日本共産党

    議会だよりで、議案に対する賛否の人数をお知らせすることになりましたが、今後は議会だよりやホームページで各議員の賛否が分かるようにしたいと思います。

◎いきいき葉山の会

    今後、議会だよりや議会ホームページで、各議員の議案に対する賛否を載せるようにしていきたいと考えています。

◎民主はやま

    議員の賛否は、広報やホームページなどで公開すべきだと考えており、実現に向けて各議員へ働きかけてまいります。

【15.意 見 等】

 政策的にマンネリ化している。財政面など、中・長期的な計画が必要だ。

 人件費が20億円を超えるという意見があったが、議員はそれをどう思うのか。チェック機能に町民も入れて欲しい。

<15.見解・回答等>

◎尚政会

    中・長期計画は示してある。人件費については歳出総額の32%で約28億円。物件費・人件費の総額で50%強であり、増加を抑え住民サービスにこたえる努力は全国自治体の懸案、課題であり、大切なことである。

◎新葉クラブ

    中長期財政見通しや総合計画に基づく財政計画の必要性は、会派として常に要望しております。

◎21世紀同志会と公明の会

    人件費や維持管理費など、義務的経費が大きな財政負担になっているのは、葉山町ばかりでなく他の自治体も同じです。健全財政を目標に、当議会でも財政面での中・長期計画のチェックに厳しく取り組んでまいります。

◎日本共産党

    今後の努力が必要だと受け止めたいと思います。

◎いきいき葉山の会

    議会のチェック機能が一層問われるものと考え、努めていきます。

◎民主はやま

    政策のマンネリ化と感じられる要因は一方で首長の多選の弊害と捉えることができます。そのため、多選禁止に賛同します。常にフレッシュな町のリーダーがいることで、良くも悪くも町の活性化にもつながり、新陳代謝を促すと考えるからです。なお、町の人件費はその費用に対する効果、サービス量が得られるために、サービス精神を持つことを職員に求めており、引き続き具体的な施策等の提案をしつつ、行政改革を訴えてまいります。

【16.意 見 等】

 葉山の議会は少数に厳しく多数に甘い。葉山の議会の体質を変えるべきである。

<16.見解・回答等>

◎尚政会

    少数意見も尊重しているが、民主主義のルールで行う議会では多数決で決定される。

◎新葉クラブ

    議会では当然様々な意見が出てまいりますが、最終的には多数決によりことを進めるものです。少数意見ももちろん尊重すべきと考えますが、意見が一致しない場合は多数の意見が議会意志となります。

◎21世紀同志会と公明の会

    問題解決には、結論ばかりでなく、途中のさまざまな議論の集約が必要です。当議会は、少数意見も議論をするプロセスにおいては十分尊重されていると考えます。しかし議会は合議体であり、民主主義社会の議会は「多数決原則」を採用しています。少数の意見に「少数意見の留保」を取り入れ、配慮しています。

◎日本共産党

    民主主義の原則に「少数意見の尊重」がありますが、葉山町議会の場合これまでは「与党」「野党」と枠をはめ、「野党」の少数意見は無視されるような運営が多々ありました。

    北海道の栗山町では「与党」「野党」の枠組みはなく、議案に対して「賛成」「反対」と分かれるそうです。当然のことだと思います。

◎いきいき葉山の会

    これまで、与党、野党という分け方によって、民主主義の原則である少数意見の留保がされないことがありました。与党・野党ではなく、それぞれが議案ごとの対応をすべきであると考えます。

◎民主はやま

    新町長になり、各議員の対応も大きく変化しています。ご指摘の体質改善が図られるよう引き続き、積極的に議会機能の活性化に努めてまいります。

【17.意 見 等】

 町長・副町長が不祥事を起こしたことを議会でチェックできなかった。町長に忠誠を尽くすことが議会の役目と思っているのは、改めて欲しい。

 議員のチェック機能が欠けていたことが、町長・副町長が辞めることにつながったことを反省すべきである。

 町長・副町長の問題で、議会として町民に説明の場をつくることを要望すべきである。説明責任がある。

 笠原議長が栗山町の条例、8つの項目をタウンニュースに書いている。町民の声を受け止めると言いながら、私たちが3千名を超える署名をつけて出した陳情が不採択になった。前にもJホーンのアンテナ問題で1万名を超える署名を添えて出された陳情が否決されたと聞いた。どうして町民の声が聞いてもらえないのか。

 議会はチェック機能を果たして欲しい。町の人件費が高く、職員の給与が平均700万円を超えている。残業手当は少なく本給が、年収平均7,741,000円である。議員も含めて全国で一番高い給与である。これではチェック機能を果たしていない。

<17.見解・回答等>

◎尚政会

    町長と議会は別であり、給与などは人事院勧告に基づき決められ、議会は個人的な問題まで踏み込めない。

◎新葉クラブ

    議会は常に行政のチェックを行う独立機関でなくてはなりません。今回の一連の事案に関しては、チェックが甘かったと言われれば、その通りかもしれません。会派では今回の件も含め検証し、様々な行政の事案に関するチェック体制の強化に努めて参ります。

◎21世紀同志会と公明の会

    身を引き締めてチェック体制の強化を図ります。

◎日本共産党

    あまりにも「与党」の枠組みに固執し「町長を守らなければいけない」運営が行われてきた結果であると思います。

    前にも述べましたが、議会は行政をチェックする役割がありますので、国会でいう「野党」的立場であるべきだと考えます。

    私たちは、町長・副町長問題では「100条調査特別委員会」「辞職勧告決議」「説明を求める申し入れ」「町民と議会に説明を求める決議」を議員提案するなど手を尽くしたつもりでいますが、いずれも多数で否決されました。

◎いきいき葉山の会

    「与党」として「町長を守る」べきという対応を取り続けた結果だといわざるを得ません。議会は常にチェック機能を働かせなければならないと考えます。(1番及び3番の見解もご参照ください。)

◎民主はやま

    前町長、前副町長の不祥事に際しては説明責任と議会調査を求めてまいりましたが、残念ながら議会にて否決されました。一方が数的優位に立つ与野党の構図が歴然としており、町民目線の議会機能が失われていたと考えられます。私たちはその根幹となる会派制や議員間の政争を廃し、議員個人の論理と決断がオープンにされ、議論される議会を求めて活動してまいります。

【18.意 見 等】

 議会の交際費について町民の立場にたっていない。建設業総会、動物慰霊祭他、自分たちで積み立ててするべきである。

<18.見解・回答等>

◎尚政会

    交際費は議会が社会通念上必要であるものに支出している。議会代表として、祝儀や総会など出席するが、積み立ても個人的な出費になり、公職選挙法に抵触する恐れがあり困難と思われる。

◎新葉クラブ

    議会交際費の使途に関しては、町民の皆様に不信感を抱かれないよう、今後も更に検討を加えていく必要があると考えます。

◎21世紀同志会と公明の会

    議会交際費については、今後どうするべきか、議会内で議論をし、調査研究をする必要があります。

◎日本共産党

    改善する余地はあると思います。

◎いきいき葉山の会

    額だけでなく、さらに内容もチェックしていきます。

◎民主はやま

    議会交際費には社会通念上、必要経費と思われるものもあります。しかし、内容を十分に精査して、不要、無駄と考えられる支出は避けるべきです。

【19.意 見 等】

 数年前商品券問題があった、その際は辞職していないが、けじめをつけるため、議員全員が辞職すればよい。9割は再選されると思うが。

<19.見解・回答等>

◎尚政会

◎新葉クラブ

    この件に関して、議員全員が辞職すべきとは考えていません。

◎21世紀同志会と公明の会

    あれからすでに2回の町議選がありました。

◎日本共産党

    私たちは、現時点で「議員全員が辞職」には賛同できません。「商品券問題」については受け取った議員がけじめをつける問題です。「与党の団結」に阻まれるという結果に終わりましたが、私たちは真相究明のために努力してきました。

◎いきいき葉山の会

    商品券問題でけじめをつけるのは商品券を受け取った議員であるべきで、現時点で全議員が辞職を求められることは不合理と考えます。

◎民主はやま

    政治家としての倫理欠如はあってはならないものです。町民の皆様には商品券問題に該当する議員やその他議員の行動をその方の資質と捉えて、選挙で厳正に評価していただきたいと切に願います。

【20.意 見 等】

 議員間の自由な討議の展開はされていると思っていたが、改めて書いてあるので驚いた。

<20.見解・回答等>

◎尚政会

    今まで以上に討議している。一般的に議案審査、陳情審査など目的に沿って会議を進めている。今後の自由な討議というのは民間レベルでのフリートーキング的な要素も含めた議論のあり方も必要と考えている。

◎新葉クラブ

    対行政との質疑は十分行っているが、議員間での討議はあまり行われていないのが現状であります。議会基本条例を制定し是非とも改善したいと考えます。

◎21世紀同志会と公明の会

    今後の大きな課題です。「議会基本条例」でも、議員間の討論を活発に行えるよう、条文で取り決めてまいります。

◎日本共産党

    各議案に対する質疑、討論によって自由な討議は保障されなければなりませんが、かつて保守系町議が質疑打ち切りの動議を提出し、賛成多数で近藤議員の質疑が打ち切られるという言論を封殺するという暴挙が行われたこともあります。私たちは、意見の異なる議案に対しては必ず討論を行い、議論に参加しますが、会派によっては討論に参加しないこともあります。

    したがって、「自由な討議」として新たな場を設けるのではなく、まず自由な質疑と討論が行われることが第一歩ではないでしょうか。

◎いきいき葉山の会

    議員には発言の自由が認められるべきですが、あまり発言しない議員もいるなかで、かつて、与党議員によって質疑打ち切りの動議が成立した事例もあります。このようなことは許されるべきではなく、より活発な討論をすべきと考えます。

◎民主はやま

    議会に入って驚きました。大変残念ながら議員間討議はできない状況です。すぐにでも議員同士の政策論議をしたいです。

【21.意 見 等】

 次の事項を基本条例に入れて欲しい。

@ 情報の公開、発信

A 議員の情報収集

B 専門性と複眼性

C 議会事務局の独立

D コスト意識(夕張問題)

E 住民の直接投票制度

<21.見解・回答等>

◎尚政会

    この6項目は十分に基本条例に盛り込むことを検討していく。

◎新葉クラブ

    現在、骨子の作成中で検討しております。案ができましたら提示いたしますので、是非ともまたご意見等お寄せください。

◎21世紀同志会と公明の会

    「議会基本条例」の制定に向けて準備中です。ご指摘の点を踏まえ、実現性のある条例案を作り、いずれお示しする機会を設けてまいります。

◎日本共産党

    期待に応えられるようにしたいと思います。

◎いきいき葉山の会

    総合的に対応していきたいと思います。

◎民主はやま

    6項目すべて大変貴重なご意見として賛同しつつ、盛り込めるよう承ります。なお、住民直接投票につきましては行政側が条例として設けるべきで、議員提案で立法することも視野に入れて検討します。

【22.意 見 等】

 ごみの一部事務組合の問題を広く議論すべきである。

 ごみ問題、病院問題、交通問題など生活に密着した問題での議論を充実させて欲しい。

<22.見解・回答等>

◎尚政会

    議論の充実に向けて進めていく。

◎新葉クラブ

    いずれも重要な案件でありますので、当然議会としても充分な議論を行います。

◎21世紀同志会と公明の会

    葉山町が位置している地域性も考慮しながら、ご指摘の諸問題に対して、具体的に、財政面も考慮しながら、現実的対応がどこまでとれるものか、議会で議論を交わしてまいります。

◎日本共産党

    そのとおりと考えます。

◎いきいき葉山の会

    議案となる前の段階でも、委員会の所管事項調査として取り組むべきと考えます。

◎民主はやま

    ごみ問題はさまざまな観点、長期的な予測が必要な問題です。財政状況、環境負荷、マクロには地球環境問題も重大な要素です。これまでのような行政主導で、行政の自己完結で片の付く規模の課題とは考えておりません。町民の皆様にご協力をいただきながら、全町的な議論をするような問題だと考え、訴えてまいります。

【23.意 見 等】

 議会傍聴の折、議員が見えないのでテレビモニターを設置するなど考えて欲しい。

<23.見解・回答等>

◎尚政会

    テレビモニター設置を考える。庁舎管理及び議会費の観点より、現在、町部局での予算計上で早急に対応する努力をしている(4月末現在)

◎新葉クラブ

    設計上、不都合が生じていると感じます。庁舎内でのモニター配信やインターネット配信により不備を補っていければと考えます。

◎21世紀同志会と公明の会

    ごもっともなご指摘です。今後、議場でのモニター配信やテレビカメラ設置など、財政的に可能なところから議場の不備を改善していきます。

◎日本共産党

    議場の構造上の問題がありますが、傍聴席の改造ができるかどうかの検討と、モニターについての研究は行わなければならないと考えます。

◎いきいき葉山の会

    対応を考えています。

◎民主はやま

    山梨が平成20第1回定例会の予算総括質問で、町長より議会中継を早期に実行するとの答弁をいただきました。インターネットや庁舎1階での中継も可能になる方向で検討しています。

【24.意 見 等】

 議員の行動が見えないので、広報葉山にでも何をしているかを載せて欲しい。

<24.見解・回答等>

◎尚政会

    議員個人の行動は公費で発行する「広報葉山」・「議会だより」に掲載することは難しい。

◎新葉クラブ

    議会の広報誌「葉山町議会だより」でわかりやすくお知らせできるよう、鋭意努力しております。

◎21世紀同志会と公明の会

    議会での議員の発言や動静は、一般質問を中心に、議員の一部が広報担当となって、議会広報誌「葉山町議会だより」で、皆様にお知らせしております。その他議会外での個々の活動は自由なので、把握は難しいです。

◎日本共産党

    大変難しいと思います。各議員の行動についての報告は各議員に任されるべきで、それらを含めて有権者の審判が行われるべきだと考えます。

◎いきいき葉山の会

    議員の議会内での発言は、できる限り詳しく、議会だよりに載せるよう努めていますが、議会外での活動についてはそれぞれの議員の報告等によるしかありません。

◎民主はやま

    開会中の議員の活動やそれに付随する委員会等については年4回発行の議会広報でお知らせしております。ホームページでも公開しておりますので、ぜひご覧下さい。なお、行政の発行する葉山町広報には、議会と行政の独立性を担保するためにも極力議会情報の掲載依頼することを避けるべきです。ご了承下さい。

【25.意 見 等】

 上山口でこのレジュメに対して意見が出ていたが、何も変わっていない。栗山町でどんなことをしているのかが分かる資料ぐらい出して欲しかった。議会はチェック機能を果たして欲しい。

 栗山町のことを書いたレジュメはよいことだが、もっと資料が欲しい。

<25.見解・回答等>

◎尚政会

    栗山町議会基本条例は、現在葉山町議会で勉強中である。栗山町の全体を知りたい場合はホームページ、必要があればインターネットで見ることができる。

◎新葉クラブ

    議会基本条例案ができましたら、また皆様からのご意見を頂戴する場を設けて、資料も用意しわかりやすくご説明できるよう努力いたします。

◎21世紀同志会と公明の会

    資料提供は、できるだけご要望に沿えるよう議会での意見集約を図ります。

◎日本共産党

    ご意見のとおりで、準備不足は反省したいと思います。

◎いきいき葉山の会

    当時、私たちの会派は議会運営委員会に所属しておりませんでしたが、かなり、性急な進め方であったように感じます。準備不足はお詫びします。

◎民主はやま

    議会基本条例は今後、骨子や原案が出来上がり次第、随時町民の皆様へお知らせしてまいります。引き続き、議会の活性化にご意見をいただければ幸いです。

【26.意 見 等】

 自然が壊されている。緑を守る基本条例があるのに単なる努力目標になっている。遊歩道についてもそうだ。議論を繰り返せば立派な条例ができるだろう。まずは町民の側に立って欲しい。

<26.見解・回答等>

○尚政会

    大きなくくりでのまちづくり条例は必要であり、今後はまちづくりに関連する法令・条例等の整備をしていかなければならない。

○新葉クラブ

    「町民の目線に立って議論を尽くす」これが議会の基本であると思います。そのような議会を確立するために、議会基本条例の制定に着手しております。

○21世紀同志会と公明の会

    私たち議員は「町民の幸せのためにどうするべきか」を、常に考えて活動しています。又そうするように努力します。

○日本共産党

    景観条例の策定とそれに基づくまちづくり条例の強化が必要であると考えます。そして、何より町は町民の立場に立って、町民と共に葉山町の環境を守る立場に立つべきであると考えます。

○いきいき葉山の会

    実効性のある条例や計画とするには、議論だけでなく、合意を高めることが重要と考えます。町の自然環境を守るためには、町は住民の立場に立って共にまちづくりを進めるべきと考えます。

○民主はやま

    まちづくり条例に関連して、景観計画と景観条例も早期に制定、運用されるべきだと考えております。また、緑の基本計画があるにも関わらず、目標達成のためのプロセスが明確でないなど、いまは形骸化している計画も多々あります。賛否を問うだけの議会チェックではなく、議員間議論を経た上でより実効性のある計画を検討するべきです。

【27.意 見 等】

 真名瀬遊歩道は陳情が利用された。真名瀬地区3町内会の陳情は、地域の住民が知らないうちに出された。

<27.見解・回答等>

◎尚政会

    各町内会の事情はそれぞれあるが、このようなことは聞いていなかった。

◎新葉クラブ

    議会に提出されました請願や陳情は、真剣に受け止め対応しております。

◎21世紀同志会と公明の会

    今後、行政も議会も、町民の皆様が町の事業実施にあたって、もっとご理解いただけるような情報の提供と説明をしてまいります。

◎日本共産党

    議会でチェックできなかったことは、大いに反省しなければなりません。

◎いきいき葉山の会

    議会が、十分に状況を審議できなかったことは、重く受け止め、今後の課題と考えています。

◎民主はやま

    陳情や請願権が行政の思惑に利用されるということ自体あってはなりません。厳正な陳情、請願審査を心がけてまいります。なお、それに付随する署名、署名数を尊重するための定義があってよいと考えています。

【28.意 見 等】

 高潮対策と言っているが、ほとんどの方が知らない。町内会長も「町が出してくれ」と言ったから急いで出したと言っている。県道に被害があったなどということは思い出せない。

 沖防波堤などがいつの間にかつくられている。30億円ものお金がかかるのに議員はなんとも思わなかったのか。

 漁民は、沖防波堤などは役に立っていないと言っている。本当に住民が必要なのか把握して欲しい。

<28.見解・回答等>

◎尚政会

    「町が出してくれ」と言ったことはあり得ないし、県道の被害は恐らく高潮により、県道に砂などが打ち上げられ、通行が一時できなくなったことであろう。沖防波堤の是非論は漁師の中でも意見が分かれている。

◎新葉クラブ

    新葉クラブとしては今後も、情報収集・情報分析をしっかりと行い、様々な事業の効果を検証し、推進か見直しか廃止か意志決定を行って参ります。

◎21世紀同志会と公明の会

    次の29番の回答と同じです。町民の皆様が安心して、町の事業計画を応援していただくためにはどうするべきか、町は「町民サービス株式会社」に徹して、説明責任を果たせるよう、方策を考えるべきですし、議会も情報公開に努力していきます。

◎日本共産党

    私たちは、この問題では反省すると同時に、平成15年度の真名瀬漁港区域再整備調査業務委託報告書、平成16年度真名瀬漁港静穏度解析等調査業務委託報告書について海洋環境学者に分析を依頼し、指導と報告書の評価を受けた結果、沖防波堤の必要性の根拠が薄く、既設防波堤の延伸のみの検討が不十分で、沖防波堤ありきの計画であることが明らかになりました。

    国や県から交付金が出るからと安易に事業を進めることは町の財政にとって大変危険であると考えます。

    引き続き、この問題は議会で取り上げていきたいと思います。

◎いきいき葉山の会

    先の問題同様に、審議が不十分であったことは反省すべき課題と考えます。

◎民主はやま

    高潮対策や静穏度化施策という名の下、事業に不明瞭な点が多々あるように感じています。行政の情報公開度の向上に努め、事前評価、事後評価の徹底を求めてまいります。

【29.意 見 等】

 遊歩道20mとその先に休憩所を作る。1,488万円をかけて12月7日に入札される。これは今年の計画になかったものだ。入札差益が出たとして、前倒しで出されたものだ。その時に議会はどうチェックしたのか。

<29.見解・回答等>

◎尚政会

    遊歩道ありきではなく、真名瀬漁港再整備をすることが目的であり、遊歩道設置部分も漁港の一部であり、この整備をするために行われたものである。議会は真名瀬漁港再整備としてチェックをした。

◎新葉クラブ

    担当課より説明を受け、真名瀬漁港再整備事業(5ヵ年の継続事業)の一環として事業予算を認めました。

◎21世紀同志会と公明の会

    議会は、「真名瀬漁港再整備事業計画」について、長年にわたり町より説明を受けて、予算を承認してきました。

◎日本共産党

    私たちは当初から遊歩道については反対してきましたが、チェックが不十分との指摘は受けなければならないと思います。

◎いきいき葉山の会

    遊歩道計画については当初より、一貫して反対してきました。国の交付金事業は、国からの指導もあり、分かりにくいものになりがちです。一層のチェックをすべきと反省しています。

◎民主はやま

    当該事業の予算期にはまだ議席をいただいておりませんでしたので、コメントしかねますが、年度内に前倒しをする際はそのつど議会に諮られるべきだと考えております。

【30.意 見 等】

 今日は、議会に対する質問を聞くという会だ。行政に対する意見は、言われればそうかと思ってしまう。別の場で意見を言ってはどうか。

<30.見解・回答等>

◎尚政会

    行政に対しての意見は別の機会にと考えて頂きたい。

◎新葉クラブ

    是非とも出前フォーラムなどの機会などもご利用ください。身近な話題・課題などお寄せください。

◎21世紀同志会と公明の会

    皆様からご意見を頂いたり、議員と意見交換をしたりという機会は、今後、ぜひ設けるべきだと思います。

◎日本共産党

    行政に対する意見は、議会として行政に渡されたと聞いています。

◎いきいき葉山の会

    行政に対する質問は、すでに町長に手渡され、回答されていますが、議会の回答と併せて公表されることになっています。

◎民主はやま

    町長主催のタウンミーティングが開かれました。行政側と議会側、また議員としても町民の皆様と情報を共有できる場を積極的に設けるべきだと考えております。引き続き検討課題とし、個人としても早期に実現します。

 

【31.意 見 等】

 葉山町は、以前はほっておいても動いていた。これからは選挙の時だけ町民の声を聞くようではだめだ。 

<31.見解・回答等>

◎尚政会

    このことを意識して今後の行動をしていく。

◎新葉クラブ

    常に町民の皆様の声に耳を傾け、今後も議会活動を続けて参ります。

◎21世紀同志会と公明の会

    わかりました。真摯に受け止めます。

◎日本共産党

    反省として、活動を強化しなければいけないと思います。

◎いきいき葉山の会

    議会のチェック機能を高めるよう努めます。

◎民主はやま

    政治家は選挙のときだけではなく、その前も後も、継続して説明する責任があります。まずはインターネットによる情報発信や、政策レポートの発行をもってお伝えしてまいります。

【32.意 見 等】

 住民も「任せきりにしない」ようにすべきだ。議会にも顔を出すべきである。

<32.見解・回答等>

◎尚政会

    議会の本会議や委員会に積極的に傍聴に来て欲しい。

◎新葉クラブ

    是非とも議会の傍聴にお出掛けいただき、議員の生の声を聞いてください。

◎21世紀同志会と公明の会

    ぜひ傍聴におでかけください。お待ちしております。

◎日本共産党

    ぜひ、時間の許す限り傍聴などをお願いいたします。

◎いきいき葉山の会

    ぜひ、できる限りのご参加をお願いいたします。

◎民主はやま

    他議会と比較すると、やや柔軟な議会運営が行われているようですが、しかし、まだまだ傍聴者への配慮が足らず、より傍聴のしやすい議会へ取り組まなければなりません。インターネット中継や庁舎1階での中継導入も進めておりますので、ぜひその際はご活用ください。

【33.意 見 等】

 議事録の公開が遅い。HPの公開も遅い。すぐにUPすることはできるはずだ。この会の意見も急いで公開して欲しい。

<33.見解・回答等>

◎尚政会

    早く公開できるようにしているところである。

◎新葉クラブ

    情報は速やかにを大原則に努力いたします。

◎21世紀同志会と公明の会

    貴重なご意見を活かすように努力いたします。

◎日本共産党

    議会広報特別委員会でも議論となっているところです。迅速なアップのために引き続き研究していきたいと思います。

◎いきいき葉山の会

    議会の議事録は録音テープからおこし、校正をして、議長ならびに議事録署名議員が署名して初めて公式なものとして公開されるため、ホームページにアップするのは、その後とならざるを得ないという結論に至りました。

    現在、検討中のインターネット配信ができるようになれば、映像と音声はすぐにアップできると思います。

◎民主はやま

    インターネットの利点は速報性にあると思います。議事録について言えば、1週間後には文字化されておりアップすることが可能ですから、確定議事録でないことを明記して、公開するべきです。議会内ではすでに声を上げておりますが、引き続き実現に向けて努力いたします。

【34.意 見 等】

 レジュメに積極的な情報の創造と公開となっているが、創造とは自分で考えること。

    自分の頭でよく考えて欲しい。真名瀬遊歩道の問題でも畑中議員のチラシにはチェックを怠った反省する必要があると、金崎議員の意見も書いている。「鵜呑み」にしないで町長の答弁も、住民の要望も自分の頭で考えて欲しい。

<34.見解・回答等>

◎尚政会

    しっかりと頭に入れて考えていく。

◎新葉クラブ

    他者の意見をしっかりと聞いた上で、自分の意見を固めて伝えていくことが必要であると考えます。

◎21世紀同志会と公明の会

    ご意見とご指摘、真摯に受け止めます。

◎日本共産党

    努力しなければならないと考えます。

◎いきいき葉山の会

    一層努力すべきと考えます。

◎民主はやま

    まさに議員の資質を問われる貴重なご意見だと思います。政治には町民の皆様からのご意見がある一方、財政状況や法律、他との優先順位を考えている行政の事情もあります。議員の責務の一つとして、そうした皆様と行政の間でバランスを考え、双方の事情に配慮しつつ、町民の皆様の利益や保護を果たせる施策を検討するべきであり、そうできる人材が議員職に就くべきだと考えます。

【35.意 見 等】

 以前、総務建設常任委員会を傍聴した。一言も発言しない議員もいた。採決のときだけ手を上げる議員は要らない。質問、発言回数を出していたことがあるが、多く発言している議員や数回しか発言しない議員、ほとんど発言していない議員もいる。発言しないような議員は要らない。

<35.見解・回答等>

◎尚政会

◎新葉クラブ

    議員は常に自分の意見をわかりやすく他者に伝える事ができるよう、自己研鑽に努めることが肝要であり、スキルアップを常に心掛けて活動して参ります。

◎21世紀同志会と公明の会

    議員それぞれに個性があり、発言回数のみで、優劣を判断するのはいかがかと思います。いずれにしても、議員は調査研究をして、問題意識と判断力を磨いていかなければと痛感いたします。

◎日本共産党

    ご指摘のとおりだと思います。議会としても努力しなければならないと思います。

◎いきいき葉山の会

    ご指摘のとおりであると思います。

◎民主はやま

    議員はその発言や根拠に、常に責任をもって判断し行うべきです。つまり、それができない議員は資質に劣ると考えるべきです。

【36.意 見 等】

 すべての事実は現場にある。議員は現場に足を運んで欲しい。

<36.見解・回答等>

◎尚政会

    現地踏査は行っている。

◎新葉クラブ

    その通りであると思います。新葉クラブでも現地に赴き、関係者から直接ご意見等を伺えるようにフットワークを磨いて参ります。また出前フォーラムも町内各地での開催に努めます。

◎21世紀同志会と公明の会

    お説の通りです。心して現場に足を運ぶ努力をいま以上にしてまいります。

◎日本共産党

    ご指摘のとおりだと思います。これまでも議案の審議の際に自ら現場踏査を行うとともに、議会としても現地踏査を行うように主張してきました。引き続きこれを強化していきたいと思います。

◎いきいき葉山の会

    これまでも、現地踏査を求めてきましたが、これからも更に慎重に対応していきたいと思います。

◎民主はやま

    サラリーマンの頃から常に貫いてまいりました、「現場主義」。政治家としても変わらない信念です。全ての答えは現場にある。心して議員活動を続けてまいります。

【37.意 見 等】

 議会傍聴に行ったが、中断していていつ本題に入るのか分からなかった。何の議論(議題)を今やっているのか、すぐに分かるようにして欲しい。

<37.見解・回答等>

◎尚政会

    中断や休憩については、その都度案内をしている。議会はルールに則って運営されている。ルール外の事が起きると、議会運営委員会を開催し、この件の整合性、妥当性を協議し本会議に戻す。

◎新葉クラブ

    議会基本条例の検討の中で対応して参ります。

◎21世紀同志会と公明の会

    傍聴者に対してもっと「やさしい対応」を心がけてまいります。

◎日本共産党

    議長と議会事務局に再会時間の見通しを逐一傍聴者にお知らせするよう申し入れました。

◎いきいき葉山の会

    慎重な審議の必要性等から、議会が中断することがあります。再開時間の見通しをお知らせできるようにしていきます。

◎民主はやま

    資料配布や、議会事務局での説明など、傍聴する方へ配慮する気持ちを持つことで対応できる内容かと思われます。傍聴者の視線に立った議会運営を求め、引き続き議会改革の一環として、より傍聴のしやすい議会へ取り組んでまいります。



 
 All Right Reserved,COPYLIGHT@HayamatownCouncil