葉山町議会 Hayamatown Council Homepage  
トップ会議録検索平成19年度第2回定例会 > 6月21日



平成19年葉山町議会第2回定例会会議録


・招集年月日 平成19年6月21日(木曜日)

・招集場所  葉山町役場議場

・開会(開議)及び閉会(散会、延会)並びに時間

開議 午前10時00分
散会 午後2時41分

・応(不応)招議員及び出席並びに欠席議員

  出席17名 欠席0名

第1番 伊東圭介 出席 第10番 加藤清 出席
第2番 鈴木知一 出席 第11番 横山すみ子 出席
第3番 金崎ひさ 出席 第12番 鈴木道子 出席
第4番 待寺真司 出席 第13番 伊藤友子 出席
第5番 山梨崇仁 出席 第14番 中村常光 出席
第6番 阿部勝雄 出席 第15番 森勝美 出席
第7番 近藤昇一 出席 第16番 守屋亘弘 出席
第8番 畑中由喜子 出席 第17番 笠原俊一 出席
第9番 佐野司郎 出席


・地方自治法第121条により出席した者の職氏名

町長 守屋大光 副町長 鈴木勘之
教育長 木太郎 総務部部長 石川嘉一郎
保健福祉部部長 根岸隆男 生活環境部部長 石川恵一
都市経済部部長 高梨勝 教育部部長 吉田仁
消防長 坂本光俊 総務課課長 上妻良章
葉山町選挙管理
委員会委員長
齋藤公志 葉山町選挙管理
委員会書記長
上妻良章


・職務のため議場に出席した者の職氏名

議会事務局局長 鈴木和雄 次長 山本孝幸
局長補佐 高橋孝行    


・会議録署名議員

第3番 金崎ひさ 第4番 待寺真司


・議事日程

第1 一般質問
1.森勝美
  (1)高齢者福祉政策について
  (2)環境問題について
  (3)選挙投票率低下について
2.畑中由喜子
  (1)マリンロード構想について
  (2)財政問題について
  (3)子育て支援について
第2 議案第2号 平成19年度葉山町一般会計補正予算(第1号)
第3 議案第3号 葉山町国民健康保険条例の一部を改正する条例
(以上1件 教育民生常任委員会付託)
第4 議案第4号 葉山町行政財産の目的外使用に係る使用料に関する条例の一部を改正する条例
第5 議案第5号 工事請負契約の締結について【葉山小学校屋内運動場耐震補強工事】
第6 議案第6号 工事請負契約の締結について【葉山処理区一色2号幹線築造工事(その1)】
第7 議案第7号 神奈川県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について
第8 議案第8号 人権擁護委員の推薦について
第9 議案第9号 人権擁護委員の推薦について
第10 報告第1号 専決処分の報告について(和解及び損害賠償の額を定めることについて)
第11 報告第2号 専決処分の報告について(和解及び損害賠償の額を定めることについて)
第12 報告第3号 平成18年度葉山町一般会計予算繰越明許費繰越計算書
第13 報告第4号 平成18年度葉山町下水道事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書
第14 報告第5号 土地開発公社の経営状況に関する説明書の報告について


・議事の経過

○議長(笠原俊一君)おはようございます。ただいまの出席議員は17名でございます。全員出席でありますので、本会議を再開をいたします。
直ちに本日の会議を開きます。(午前10時00分)


○議長(笠原俊一君)日程第1「一般質問」を行います。
第1番、15番議員森勝美君、登壇を願います。
○15番(森勝美君)おはようございます。15番森勝美でございます。通告に従い3項目について一般質問をさせていただきます。
当町は急速に高齢化が進んでおります。そこでまず高齢者福祉政策について何点かお伺いいたしたいと思います。高齢者を対象とした民間施設も増加しております。その中で、葉山町高齢者保健福祉計画に基づいて建設された施設の運営状況をどの程度把握されているか、お伺いいたします。
次に、現在大きな問題となっている介護事業者コムスンは、当町の高齢者介護にどのような影響があるのかお伺いいたします。
続きまして、介護保険料については、元気な高齢者は保険料を払うのみで、その利用者とならない方も多くおられます。そこで国は、65歳以上の高齢者がボランティア活動に参加すると本人が支払う介護保険料を軽減するという新たな仕組みを導入しましたが、町としてはどのように考えておられるか、お伺いいたします。
次に、当町における成年後見人制度の利用状況についてお伺いいたします。
このテーマの最後に年金問題についてお伺いします。連日テレビ・新聞等の報道で年金問題について聞かない日はない状況にあります。老後の生活を支える年金が受け取れないという不安は、筆舌に尽くしがたいものがあり、これは国民に対して国の許されざるべき重大な過失であると思います。不安を感じた町民から町への問い合わせもあると思います。どのように対応されているか、お伺いいたします。
次に、環境問題のテーマについてお伺いいたします。中央道の開通とともに、イトーピア及び葉桜住宅地を通過する車両によると思われる沿道のごみの増加は、目に余るものがあります。先日もイトーピアから南郷上ノ山公園まで、道路のごみ拾いを有志の何人かで行いましたが、改めてポイ捨てのごみの多さに驚きました。この公園は、多くの人に利用されておりますが、駐車場周辺のごみ、特にたばこの吸殼の多さにも驚きます。町として対応策をどのように考えておられるか、お伺いいたします。
次に、山のみならず海も環境悪化が進んでいるのかと心配されますが、森戸海水浴場が水質AAからBに下がったという環境省の報告ですが、その要因についてお伺いいたします。
最後に、選挙投票率低下についてお伺いいたします。私は平成15年に行われました統一地方選挙の後の6月定例議会の一般質問でも投票所の見直しについて取り上げさせていただきました。その際の答弁では、検討をさせていただくとのことでした。検討の経過と結果についてお伺いいたします。
次に、投票日当日の広報活動のあり方についてお伺いいたします。
以上で第1回目の質問を終わります。御答弁、よろしくお願いいたします。
○議長(笠原俊一君)答弁を行います。
○町長(守屋大光君)森議員の質問に対し、順次お答えを申し上げます。
まず、高齢者福祉政策について5点ほどお尋ねがございました。1点目の葉山町が補助金を支給している施設の運営状況の把握はされているのかというお尋ねでありますが、本町においては特別養護老人ホームの葉山清寿苑及び葉山グリーンヒルと湘南グリーン介護老人保健施設葉山の3施設に補助金を交付しております。補助金につきましては、毎年度施設の年間実施計画を初め予算書、役員名簿等の提出を求め、施設の状況を確認した上で交付しており、当該年度終了時には決算書や役員会議報告書等の実績を提出させ、運営状況の把握を行っております。
次に、2点目のコムスン問題が当町の高齢者介護に与える影響はというお尋ねでありますが、町内にはコムスンの事業所はなく、町民に影響は極めて少ないものと思います。
次に、3点目の介護保険料が軽減される新たな仕組みの導入の考えはあるのかというお尋ねでありますが、介護保険制度では火災に遭ったり主たる生計維持者の収入が著しく減少したりした場合などに保険料が減免される規定がありますが、今のところ新たな仕組みの導入は考えておりません。
次に、後見人制度の利用状況についてでありますが、認知症等により判断能力の不十分な方々を保護するために、平成16年度より神奈川成年後見サポートセンター横須賀支部による無料相談会を毎月第3金曜日に庁舎内で実施しております。また、社会福祉協議会が平成12年度からあんしんセンター事業を開始し、専門職員を配置して町民からの相談に応じ、さまざまな理由によって判断能力の不十分な方々への支援を行っております。なお、法定後見につなげたケースは2件で、調整中のものは1件と承知しております。
次に、年金問題について、当町住民への対応策に関するお尋ねでありますが、本来年金問題につきましては、横須賀社会保険事務所の管轄になりますが、今回問題となっている基礎年金番号の統合についての御説明や、加入期間の確認についてのお問い合わせに対し、社会保険事務所に電話で問い合わせ、回答するなど、できるものにつきまして対応をさせていただいております。また、社会保険庁からの要請により「あなたの年金手帳をもう一度チェックさせてください」というお知らせも、健康増進課のカウンターで配布させていただいており、詳細な内容等については年金ダイヤルまたは横須賀社会保険事務所の連絡先を御案内させていただいております。
次に、2項目目の環境問題に関する1点目でありますイトーピア及び葉桜住宅地を通過する車両の増加による沿道のごみ増加など、環境悪化の対応策についてでありますが、平成16年3月に開通いたしました三浦半島中央道を利用する車両により、イトーピア・葉桜住宅地の沿道にごみが増加しているということについて、はっきりした理由は特定できませんが、不法投棄禁止やポイ捨て禁止の看板を設置するなど、対応策を図っております。また、緑地等の草刈り及び清掃活動を地域のボランティアの方に御協力をいただき、行っております。
次に、2点目の南郷上ノ山公園駐車場周辺のごみ対策についてでありますが、毎朝開園前に施設のパトロールを行い、駐車場やロータリー等に落ちているごみについては、処理を行っております。また、看板等を設置し、啓発活動も行っております。
次に、3点目の森戸海水浴場が水質AAからBに下がった要因についてでありますが、鎌倉保健福祉事務所に問い合わせいたしましたところ、調査実施項目のうちCODいわゆる化学的酸素要求量の数値が若干高かったためとの回答でありました。
以上で私に対する質問のお答えといたします。
○議長(笠原俊一君)同じく答弁を行います。
○葉山町選挙管理委員会委員長(齋藤公志君)葉山町の選管委員長をやっております齋藤公志と申し上げます。本日は森議員の質問に対して御答弁をしたいと思います。
まず、選挙投票率の低下について、その1項目の投票所の見直しの必要性についてということでございます。選挙投票率の低下についてお尋ねでありますが、1点目、投票所の見直しの必要性についてでありますが、本年4月に実施された町議会議員選挙の投票率は54.23%であり、前回平成15年の57.08%に比べ2.85%の低下となっております。近年の投票率の変化要因につきましては、社会情勢に係る当該選挙の性格、有権者個々の事情、あるいは天候等いろいろ考えられるところでありますが、同じ条件において平成16年の参議院選挙、通常選挙の60.05%、平成17年度の衆議院議員総選挙の72.42%の結果を考察いたしますと、投票所の配置及び立地が投票率低下に影響を及ぼす可能性はないとは言えませんが、低いのではないかと考えております。今後必要に応じ、その都度検討を加えてまいりたいと思っております。
参考までに申し上げますと、投票区の増設について前々回も議員から御質疑をいただいているようでございますが、私どもは44年の自治省の通達等によって選挙部長あての通知等によって…を基準にして検討してまいっております。距離につきましては、投票所の距離につきましては、自宅から3キロ以内、それから1投票区の有権者はおおむね3,000人以内と、こういうように分割されております。葉山町を見たときに、確かに投票所の投票をされる有権者につきましては、確かに多くなってございます。10選挙区のうち4選挙区が3,000人を超えているところでございます。第5投票所、これは以前の役場のところでございますが。それから第4、それから第5がこの役場でございます。第6が光徳寺さんのところでテントでやっているところ。それから第7は堀内でございます。第10がイトーピア等の葉桜のところ。この4地域が若干人数が超過しております。超過しておりますが、他市あるいは私ども4町でやっております連合選挙管理委員会等々の話の中では、葉山町がそうそう投票所の数によって投票率が下がっていることは事実だとは思いますが、完全にそれだけであるということと、また当然そうであるならば、予算化していただき、つくらなきゃいけないということになりますが、今後またそのことにつきましては十分検討させていただきたい、こんなふうに考えております。
それでは、2番目につきましてでございます。投票日の広報活動のあり方についてという御質問でございました。投票日当日の啓発につきましては、町内71カ所のポスター掲示板、懸垂幕の掲出やのぼりの設置等、期日前のものに加え、広報車による町内巡回啓発を2回行うなど、さまざまな方法を実施しているところでございます。当日の啓発活動は、投票率の向上策として大変重要であると認識しております。他自治体の取り組み等情報収集に努め、さらなる投票率の向上に向け努力をしてまいりたいと思っております。
以上2点につきまして御答弁をさせていただきました。よろしくお願いします。
○議長(笠原俊一君)再質問を行います。
○15番(森勝美君)御答弁ありがとうございました。順次再質問をさせていただきます。
まず、葉山町が補助金を支給している高齢者保健福祉施設なんですが、先ほどの御答弁では全体的に経営面についての答弁であったと思います。私が質問したいのは、そこに働いている従業員の方、それから介護されている施設入所者の方の立場からの質問をさせていただきたいと思います。まず、最近、ヘルパーさんの数が不足しているというふうにいろいろ聞いているわけですけれども、その町の補助金を支給している施設について、ヘルパーさんの充足率はどうか、把握されているかお聞きしたいと思います。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)先ほど町長が答弁させていただきました3施設がございまして、そのヘルパーと申しますと、いわゆる介護保険法上のホームヘルプサービス、その施設が出しているヘルパーというのか、施設に来ているヘルパーさんのことか、ちょっと申しわけございませんが、その辺、もう一度お願いしたいと思いますが。
○15番(森勝美君)ヘルパーさんもですが、要するに職員、従業員の数ですね。施設の入所者に対する職員の数が充足しているかという質問です。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)その件につきましては、なかなかどの施設も、これは葉山のみならず、人材の確保は今、難しい状況だというふうに伺っております。
○15番(森勝美君)それ、そのとおりのように伺っています。といいますのは、入所者がようやくなれて、心を開いたところで、なれたヘルパーさんがやめてしまって、また同じように心を閉ざしてしまうという入所者の方が多いというふうに承っております。そこでですね、やはりなぜそうなのかということをちょっとお考えいただきたいんですけど、何でなんでしょうか、お伺いしたいと思いますが。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)それはそれぞれの施設の状況があろうかと思いますが、全体的に申し上げられることは、いわゆる措置制度から平成12年度の介護保険制度が導入されて、市場原理が導入されたということでございます。したがいまして、それに伴って給与あるいは身分保証等々にそれぞれの施設によって格差が出てきているというようなことも考えられます。その介護保険の導入に伴って、各施設との競争の部分ですとか、そういったものがやはり大きく影響しているのではないかというふうには想定しております。
○15番(森勝美君)それもあると思います。非常に勤務がきついというのが実態のようですね。それに見合うだけの報酬が得られないということで、結婚もままならないという若い男性の職員もおられると伺っております。そういったことをやはり解決するために、町としては住民ですね、入所者に対するサービスをしっかりしていただくためのチェックを町がきちんとできているかどうかが問われているんだと私は思うんですけれど、その点についてはいかがでしょうか。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)入所者に対する施設としての入所者に対しての施設側の対応といたしましては、それは当然さまざまな規定に基づいた対応がなされていると思っておりますし、特に葉山の場合は施設数がそんなに多くあるわけではございません。したがいまして、施設と、あるいは町と、との連絡調整もかなり密にやっておりまして、個別ケースについても具体に話し合っている場合もございます。したがいまして、その辺の部分については、大都市に比べてその施設と町なら町との連絡調整はかなり緊密であるというふうに思っております。
○15番(森勝美君)ある民間施設の場合を伺いましたが、2対1、2人に対して1人の職員ですかね、ヘルパーがつくというふうに、それが基準だというふうに聞いているんですけど、これでよろしいんですか。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)施設の入所者に対して、何名に対して何人という部分については、その介護度の状況とかそういう部分によって、それぞれ細かく定められていると思いますが、申しわけございませんが、今、手元にその詳細の部分については用意してございませんので、また後ほどでも、もしよろしかったらお知らせさせていただきたいというふうに思います。
○15番(森勝美君)では、ぜひその施設入所者が不安を感じないような対応といいますか、お願いしたいと思います。
次のコムスン問題に移りたいと思いますが、先ほど町長の御答弁では、町の介護を受けている方は少ないので、余り影響ないんじゃないかというふうな、事業所もないので、そういった心配がない、少ないのではないかという御答弁でしたけれど、見ていますと町内を「コムスン」と書いたグリーンの表示のある車がたくさん走っているのをお見受けします。ということは、町で把握できない部分がかなりあるのではないかというふうに私は考えましたが、そのことが介護施設の収益が病院経営の8倍から10倍あるという話は前から伺っておりますが、このように介護を収益第一のビジネスとしている事業者が少なくないということではないかと思うんですね。これに対しての行政のチェックというものはどのようになっているのか、お伺いしたいと思います。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)このコムスンの例をとりましても、やはり運営状況につきましてはチェックがなされ、そしてそういったコムスンの場合のような国からの更新停止というような措置もなされるということで、その事業所事業所につきましては、町もさることながら、神奈川県等々においてもチェックをしているというのが現状でございます。
○15番(森勝美君)先ごろ県と市町村の対策会議が6月13日に開かれたようですけれども、当町の担当者は出席されたのかどうか、伺います。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)出席していると思います。ちょっと確認をさせていただきますが、出席していると思います。
○15番(森勝美君)では、後ほどその報告も伺いたいと思いますが、できますでしょうか。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)ただいまの森議員の質問ですが、職員、福祉課の職員が出席をしております。
○15番(森勝美君)後ほどその結果の報告をいただきたいと思いますが、いかがですか。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)会議に提出されました資料において、参考になるものがございまして、さらにその公表が全く問題とならないという部分については、お示しをさせていただきたいというふうに思います。
○15番(森勝美君)よろしくお願いします。次の質問をさせていただきます。まず、介護保険料が軽減される新たな仕組みの導入について、町は非常に消極的だということが12番議員の一昨日の質問でもわかったわけですけれども、特養とか老健を訪問したことのある方はよく感じるんじゃないかと思いますが、話し相手を欲しいという方が多いように思われます。定期的に伺うボランティアがいたら喜ばれるだろうなと思っていたところ、厚生労働省ではボランティアを活用する新しい仕組みを導入しました。これはもう本当に、常にやはり訓練、話をする、それから音楽を聞く、折り紙する、そういったことが非常に進むのを、介護度を進むのを遅くさせているということは、もうはっきりと出ているわけですよね、統計でも。そういうことからしたら、葉山町の高齢化率が19年度は保健福祉計画ですか、見ますと、24.5%。国が21.1%、全国の比率よりも3.4%早く高齢化が当町は進んでいるということであるならば、より一層前向きに取り組まなければいけないんではないかと思いますね。独自にやはり国の通達を待つまでもなく、独自に取り組んでいかなければ、介護保険料がどんなにあっても足りなくなるという私はこの資料を見ながら思いました。町の保健福祉計画によりますと、要支援と要介護の方、要介護1の方が533人、要介護の2から5の方が622人、合わせると1,155人となります。高齢者全体の14%に当たります。高齢者が約、65歳以上の方が8,000人、当町にはいらっしゃることになります。19年度末でですね。約7,000人は元気な方なんだということを考えます。年間の介護費用は、その1,155人で18億円を見込んでいます。1人当たりにしますと年間1,558万円、月にすると130万円の介護保険料を見込んでいるわけです。これを元気なお年寄り、高齢者は、ただ払うのみでは、何とも情けないんじゃないかというふうに思って、この質問をあえて取り上げさせていただいたんですけれども、これについて何とか介護保険、葉山町の場合、結構高いとも言われています。これを補う意味でも、このボランティアさんに話し相手、それから家事のお手伝いなんぞをすることによってポイント制、あるいは最終的には介護保険料の軽減につなげようというふうな非常に前向きな、国が取り組みを始めたのにもかかわらず、国よりも高齢化率の進んでいる葉山町が何の対応もしないというのは、ちょっとまずいんではないかなと思いますが、今後の取り組みについて伺います。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)本事業につきましては、当初はボランティアをしたときに社会保険…ごめんなさい、税制の上のボランティア控除の対象にならないかというところがそもそものきっかけだったらしいのですが、国の方での方針は、そのボランティアによって保険料が軽減される部分については、介護保険の事業の中の地域支援事業というのがございまして、そこから支出をするという方向になっているわけです。葉山の場合は保険料等々につきましては既に3年間固定の保険料をお願いして、その制度の中で今、運営しているわけでございまして、12番議員のときにもお答えさせていただきましたように、そのボランティアとして施設にかかわっていろいろボランティア活動をして、そこにポイントをもらうということですが、葉山の場合においての施設の数とか、あるいは制度の運営の中での支援事業としての予算化をどうするかとかですね、そういったものをさらに詰めていかないと、早急に葉山がすぐさまそこにスタートするというところにはまだ至っていないということでございまして、その状況を見きわめながら適切な対応をしていきたいというのが町としての考え方でございます。
○15番(森勝美君)見きわめながらと言っているうちに、日にちはどんどんたって、高齢者がどんどんふえる、介護保険料がたくさんいるという悪循環になると思いますので、できるだけ目標を決めて、何でも取り組んでいただきたいと思いますけれども、その目標については、何か考えがありますか。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)この制度については、国も推進していこうとしている制度でございますので、今のところ何年にというのはございませんけれども、それについては十分状況を見きわめつつ対応を検討していきたいというふうに思っております。
○15番(森勝美君)なるべく早い決定をお願いしたいと思います。
次に、成年後見人制度の利用状況を先ほどお伺いしました。当町はそれほど多くはないというふうに思いましたが、横須賀市の場合は人口も多いということで、かなりの需要があって、その対応に追われているということで、新たな後見人制度に民間の市民の後見人を養成するというふうな新聞記事もありました。当町がそれほどの需要がないことは何よりと思いますけれども、対応中の方については早急にというふうにお願いをした方がいいかなというふうに思います。
次の質問に移らせていただきます。年金問題なんですが、これはもう朝に夕に新聞・テレビ等つければ年金問題ということで、非常に皆さんの耳目を集めているわけでございますが、年金登録名簿は各市町村の自治体に保管をされているということですが、当町にはきちんとしたそういう保管はされているんでしょうか。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)国民年金の部分についての支払いの経過でありますとか、そういった部分については、葉山町の健康増進課の方で管理をしております。
○15番(森勝美君)やはり、そうやって保管しているという自治体が数少なくて、国民、住民が非常に困惑しているようですが、葉山町民にとっては本当に幸いなことと思います。また、さっきの第三者機関が設置されまして、この各行政の相談員も参加するようになるんではないかということが報道されているわけですけれども、それについては当町はどのようになさるのか、されるのか、そういう呼びかけがあったのか、お伺いします。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)特段、第三者機関の設置について、私どもは特段の意見等についてはお聞きしていないというのが現状でございます。
○15番(森勝美君)ということは、当町はそれほど年金問題について悩んでいる方が少ないというふうに受け取ってよろしいんですか。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)年金問題に対する悩んでいる方が少ないということについては、それはちょっとこちらの方ではわかりません。ただ、相談についても問い合わせもそれなりに来ておりますけども、今、御質問いただきました第三者機関設置についての問い合わせ等については、私どもはまだ今のところそういったものを受けていないというのが現状でございます。
○15番(森勝美君)一般の方からの問い合わせではなくて、これは国が設置するものですので、各行政の相談員を参加させるということで、それを町としてはそれを聞いているかどうかって私、伺ったんです。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)特段、担当は健康増進課になりますが、その部署ではその部分については聞いていないということでございます。
○15番(森勝美君)はい、ありがとうございました。次の質問に移らせていただきます。イトーピアとか、及び葉桜住宅地を通過する車両がさほど、余り…車両はふえたけれども、ごみが増加したかどうかというのはわからないと町長は先ほど御答弁ありましたけれども、平成16年の三浦半島中央道が開通以来、葉桜住宅地、イトーピアでは空き巣がふえました。それも非常に環境の悪化につながることだと思うんですけれども、まずそれが自衛手段をとっております、住民の自衛手段もとっておりますが、ごみについてですね、特にたばこの吸殼、これはもう無意識、罪の意識が全くなく捨てられているということが明らかにわかります。これについては町としては美化条例の罰則規定が適用されるというものなんですね。それが放置されているということは非常に問題があるのではないかと私は考えるんですけれども、いかがでしょうか。
○生活環境部部長(石川恵一君)条例自体にはそういう項目はありますが、今、森議員言いましたように、たばこをどなたが捨てたかという部分で、その現場にですね、職員なり警察官でもいいですけれども、そういう方がおられて、確認をするという部分では、なかなか難しいものがあると思っております。
○15番(森勝美君)逗葉新道からイトーピア住宅地、葉桜住宅地に行く沿道には、非常に不法投棄の看板は設置されています。犬のふんの始末も設置されてあります。たばこと、それの吸殼、瓶・缶等の注意書きはないんで、それを私は設置したらいかがかなという今回の質問をしたいと思ったんですが、当イトーピアの自治会の方、独自にある防犯カメラをつけました。不法投棄予防に。そういうふうに積極的にですね、取り組んでいるんです、住民は。ですから、町として罰則規定がどうの、現行犯でなければ難しいとかいうようなお話になるかもしれませんが、そういったことで、ある程度の抑制をしない限り、全然減らないというふうに私は思いますが、いかがですか。
○生活環境部部長(石川恵一君)私もですね、このイトーピアのところ、見てまいりました。看板につきましては10メーターあるかないかのところに1カ所、10カ所ぐらい看板を立てております。ということは、この無法にですね、捨てる方、この方のモラルの問題もあろうかと思います。ただ、葉山町としましても、こういう問題につきましては対応していかなきゃならないというふうに考えておりますので、これからもですね、そういう方が少なくなるよう、目に見えるところに看板を立てていきたいと、そのように思っております。
○15番(森勝美君)ぜひそのようにお願いしたいと思います。そして、たばこの吸殼と缶・瓶類の不法投棄についての、もう看板が品切れのようですね。私もある公園に、いつも決まった場所にたばこの吸殼が五、六本落ちているのを、朝、早朝にそこに行ったときには拾ったりしています。それで、そこに看板をつけると、今度はそこのついてない場所に落ちてるということで、本当に罪の意識がないのが問題だと思うので、啓発をもう少しお願いしたいと思います。
次の南郷上ノ山公園の駐車場周辺のことですが、ここは非常に、昼休みに多くの方が憩いの場所として駐車をしています。そこのあとを見ますと、たばこの吸殼、たまに缶カラ、それからお弁当の食べかすなどが落ちています。そこで、せんだって私、目に余ったものですから、環境課からその看板をいただきまして、事務所へ持って行きまして、どうですかと聞いたら、いや、つけますとおっしゃって、つけてくださったんです。それが2枚、ようやく2枚あるだけ。結構予算もかかることだなと。この注意するためにはというふうに思いましたが、今後ですね、やはり看板のあるのとないのとでは非常に人間の心理に与える影響というものは大きいと思いますので、今後対応を早急にお願いしたいと思いますが、いかがですか。
○生活環境部部長(石川恵一君)看板につきまして、議員が来られたときに不足をしておったと、そういう事態を生じたことについては、まことに申しわけなく思っております。これからは適切に看板等つくりまして、皆様方の期待にこたえる部分を把握させていただきたいと、そのように思っております。
○15番(森勝美君)ぜひ、つくっただけの条例ではなくて、積極的に活用していただきたいと思いますので、よろしくお願いします。
次に、森戸海水浴場のAAから評価がBに下がった点についてですが、水質が下がったわけです。これ、先ほどは町長の御答弁では、保健所に問い合わせたらその1点だけで下がったという御答弁だったんですけれども、常日ごろですね、公共下水道が整備されて、森戸川は特にきれいになったと町長はおっしゃっていましたよね。それの、海に注ぐ下水道が整備された森戸川の水が流れていくわけですが、なぜそのような数値になったのか、ちょっと疑問に思いましたので、今回質問させていただきましたが、それについてはどのような見解をお持ちでしょうか、お伺いします。
○生活環境部部長(石川恵一君)今、問題になっておりますCOD、こちらの方とは湖あるいは海の中で酸素の量をはかるという部分でございます。下水道につきましてはBODという形でもって一応検査をさせていただいております。御承知のように、森戸川につきましては、下水道、大分普及いたしまして、魚もアユとか、そういうものが上がってきまして、大変きれいになっていると、そのように自負しております。ただ、今、議員が言われました海岸がCODが高いということでもって、AAからBに下がったという要因ですが、これにつきましては鎌倉保健所が検査をいたしまして、そのときの状況というものがちょっとわかりませんので、原因につきましては下水道が即対応するものというふうには考えてはございません。
○15番(森勝美君)よく私、今の御答弁わからなかったんですけど、要するに要因は何だということなんでしょうか。
○町長(守屋大光君)要因は、私が先ほど申し上げたように、CODの数値が若干高かったということが要因だと思います。
○15番(森勝美君)で、石川部長は、下水道の整備されても、それは関係ないという御答弁だったんでしょうか。そのように受け取ってよろしいんですか。
○町長(守屋大光君)関係がないとは言いきれないと思いますけども、海の水というのは川だけでなく、いろいろな要素が加味されるわけでございます。したがって、専門家の検査結果については、先ほど来申し上げているように、主な要因としてはCODの数値が高かったということでございます。川の水については、部長の方から申し上げたようにBODが主に数値として測定されるわけでございますので、BODが要因になっているわけでなく、CODの方が要因になっているということでございます。
○15番(森勝美君)できるだけ海水浴場は清潔な方がいいと思いますので、今後の対応をよろしくお願いします。
次に、選挙投票率低下についてお伺いしたいと思います。まず、参議院選挙の日程が1週間ずれ、選挙管理委員会の皆様、委員長初め非常にまた書記長も、書記局も御多忙をきわめていらっしゃることを御推察申し上げます。先ほど御答弁いただきましたが、投票所の見直しの必要ということは、余り感じられない。しかし人口はふえているので、今後の課題ということの御答弁だったように思いますが、まず地方分権について、地方分権というのは国と地方の関係が対等・協力の関係になっただけではなくて、住民の自治意識を高め、住民のための政治・行政を地域で実現するという地方自治の伸長を図り、真の豊かさの実感できる地域をつくっていくというものであると言われております。このための手段として、選挙は住民の意見、意思決定が反映されやすいものである。住民参加ができる場であると私は考えています。このように重要な選挙の投票率の低下は、ゆゆしきものがあると私は思っています。委員会の皆様が選挙啓発には日々努力をされていらっしゃることはよく承知しておりますが、先ほどの選挙管理委員会委員長の御答弁によりますと、昨年よりも2.3ポイントですか、そして私が調べましたら、平成11年度に比べまして、11.06%低下しております。これは町会議員の選挙です。先ほど文字どおり国政レベルの投票率は高いとおっしゃいました。そのとおりでございまして、大体高いところは第10投票所が1番。第5投票所が2番目ということになっていますが、それが全体を上げているというふうにも私は考えますが、その国政レベルの選挙、投票率が高い。なぜ高いのか、お伺いしたいと思います。
○葉山町選挙管理委員会委員長(齋藤公志君)お答えいたす前に、ちょっと私の答弁の中で誤りがありましたので、ちょっと訂正だけ先にさせていただきます。1つは、投票所の人数のバランスについて、私、4カ所と申し上げたようでございますが、実は3,000人以上というのは5カ所でございまして、これを御訂正いただきたいと思います。場所については大体御理解いただけていると思います。
非常に今、議員さんのお考えを聞いておりまして、何ていうんでしょうか、憲法というか、基本的人権というか、非常に難しいレベルな、それでも大変大事なことでございます。我々は昨今、そういったものを権利と義務について忘れがちでございます。権利主張はしますけど、義務感というのが薄れていく。特に若者と申し上げますけれども、概念を持って若者ということも、私も日ごろそういう考えを、自分の息子を見ながら持っておったんですが、実はこの高齢化社会の中において、果たして20代、30代がそういう選挙を義務に対する意識が足りないなんていうことではなくなってきて、むしろ高齢者の方に行ってもしようがないんじゃないかというような、私は木古庭でございますが、ちらっと、全部すべて調べたわけじゃないんですけど、「おめえ、選挙に行っても同じだよ」という意識が蔓延しては大変いけないことだと思います。むしろ我々高齢者は、下の者に選挙に行って葉山町をよくするんだぞと、神奈川県をよくするんだ、国をよくするためには、1票がどうしても大事なんだということに対して、私はやらなきゃ。それには選挙管理委員会は十分な検討をして、運動を展開するべく話し合いをしておりますが、どうしても人数も少ない、明るい選挙という係の中にいろいろお願いをしております。ならば、もっとほかに方法がないだろうか。私、教員上がりですから、学校で憲法のことも、生きる、基本的人権のことも、そういうこともお話をしながら、この選挙の大事さ、日本全体を挙げてやらなきゃいけない。その先兵となって葉山町がやっていくことは、やぶさかじゃないと思います。今、議員さんのお話を聞きながら、難しいし、といって一番大事なことであるんだなということの認識を私たちの責務としてやっていかなきゃならない、そういう考えを私は持っておりますので、今後とも叱咤激励をしていただいてやっていきたいと、こんなふうに考えておりますけど。
○15番(森勝美君)ありがとうございます。ところで、国政レベルの投票率がなぜ高いのかの要因についてはお伺いできないでしょうか。
○葉山町選挙管理委員会委員長(齋藤公志君)このことは科学的に、客観的に見て、どうなんだというお答弁をすると、大変、自己的な物の考えになっちゃうんですが、薄々考えると、今度の参議院選も22日から29日に、きょう決まるようでございますけど、なったら私どもの方では事務的に非常に狂いが生じてきます。大変なんですが、そういう今の情勢のこの日本の背景が、年金だとかいろいろまた生活に密着した、自分にかかわる問題が多いから、私は想像するに、国レベルとして、今度は町会レベルよりも、もっと高い投票率のような気がします。そうすると内容の問題かということに、国の方が大事なのかということになるんで、そうではなくて、私は地元をしっかりしなきゃいけないということで、やっぱり選挙の情勢と物の考え方によって、国の動きがひどいときにはいかなくちゃ。町は静かだったのかということは、決してそうじゃありません。一人ひとりのお考え方は、私、大事に大事に、つぶさに公報などを読ませていただいていますが、ひとつどれも大事でございますが、どうも客観的に申し上げられなくて残念ですけど、なぜ国が高かったかということは、そのときの情勢がそうであったんじゃないかなということで、こういうことの御答弁はいけないんじゃないかと思いますが、自分の考えを言ってはいけないと思いますので、客観的には物が言えないんで申しわけないと思っております。
○15番(森勝美君)おっしゃるとおりだと思います。といいますのは、国政レベルというのは、連日テレビ、新聞で報道されます。要するに毎日啓発されているわけです。そして、自分の生活もかかっています。といいますのは、葉山の住民の8割の方が横浜・東京に働きに出ています。そこから比べると、企業は国の方をやはり向いています。国の動向によって収益も上がったり下がったり、非常に左右される。そこに勤めている方たちも、やはりそれを動向をしっかり伺う。そうなると、やはり国レベルの投票率は上がるということが私も最近よくわかってまいりました。そのことのほかにですね、投票所の見直しについては、やはり高齢化、先ほども選挙管理委員長おっしゃったように、高齢化が進むとなかなか一人では出にくいという場合がありますので、より近いところで投票できたらいいなという思いが私、聞きましたので、それをぜひ何とか見直していただきたいと。要するに高齢化率に合わせた投票所の見直し。若い人はどんな方法でも行かれます。しかしながら高齢者が、高齢化が進むに連れて、やはり投票率が下がっていると私は考えたわけですので、その辺の見直しは前平成15年に私、同じような質問させていただきました。あのときは会長でいらっしゃいましたが、同じように、検討・研究をさせていただくとおっしゃったままなものですから、何カ所かは変わりました。しかしそれは見直されたというよりも、事情があってのことと私は受け取っております。ですから、一層今後参議院選挙でお忙しいと思いますけれども、日々の検討に加えていただきたいと思いますが、いかがでいらっしゃいますか。
○葉山町選挙管理委員会委員長(齋藤公志君)投票所の見直しについては、私ども毎回その討議をやっているわけではございませんが、その都度投票所へ行ってみたり、ある選管の委員さんは投票所からメーター…メジャーがないので、きちっと歩数を合わせて、一番遠いところから歩いて距離を全部投票所、決めてあります。一番遠いと思われる家から投票所までの距離を全部調べてございます。これは14年にやった結果ですから、あるいはお手元に行っているかもしれませんが、そういうようなことをやっておりまして、今後投票所の見直しの視点としましては、今後の有権者数、あるいは投票率は今まで低いということ、それから地勢、使用の利便性、交通の利便性、さらなる高齢化ということを加えまして、検討をしていきたい。最後に、建物も不可欠でございますが、経費の面からございますので、ここで私が公言して、何とかこれ、こういう条件が全部そろったからすぐやるよということじゃなくて、こういうことを強く選管として行政に求めて費用を出していただくというようなことをやっていくということの、やりますじゃなくて、やっていく方向でいきたいというお約束をして答弁とかえさせていただきます。
○15番(森勝美君)力強いお言葉、ありがとうございました。ぜひその御努力をお願いしたいと思います。また、選挙期間中にですね、私、あるお店で買い物をしましたら、レシートに4月22日は葉山町議会議員の投票日ですと書かれてありました。この小さなレシートに、そういった情報が載せられている若い経営者のね、アイデアに非常に感心をした次第ですが、前選挙管理委員会委員長さんは商工会の会長さんでもあったわけで、この点については何とかされるのかなと思いましたが、それは個人の経営者の考えだけで、ほかの情報も載っているんです。非常に、毎日買い物をする中にそういったのが載っているということだけでも、啓発には非常に強い味方と私は考えまして、今後の投票率なり何なりも、とにかく低迷している町レベルのね、地方レベルの選挙についても、そういったアイデアを商店街を、商店会それから商工会を含めて考えていただければ、とても皆様の親しみやすい選挙になるんではないかというふうに考えましたけれども、このような方法で選挙キャンペーンをですね、張るなどの工夫を今後できないものか、お伺いしたいと思います。
○葉山町選挙管理委員会委員長(齋藤公志君)後で総括的には隣におります書記長に御答弁をいただきたいと思いますが、この選管の公共性ということを考えまして、そういうものをもしお願いする状況があるならば、すべて各スーパーとか、そういうマーケットに予算化をして、そういうことをしなきゃならんだろうというような、自主的にやってくださっている、選挙違反にならない程度に、今のようなならない点、自主的にやってくださっていることには歓迎をし、大変感謝をしておりますが、これをすべてにお願いするということについては、やはり条例なり何かができてこない限り、ちょっと難しいんじゃないか。でき得る限り、明るい選挙の中では文化祭とか葉山のいろいろこういうイベントの中で、ティッシュペーパーを明るい選挙の中で配って選挙の啓発運動をやっているということが今のところ精いっぱいでございます。あれも結構予算がかかって、ティッシュペーパーじゃなく、もっといいもの、もっと選挙に行ってもらえるようなものがないだろうかという検討はあるんですけど、どうしてもティッシュペーパー、今度ペーパーも上がるようでございますから、ことしはできるかどうかわかりませんが、そういった中で工夫はしていきたいと思いますが、今の民間からやってくださることは感謝申し上げて、ありがたいと思っておりますが、選管としてはこれを進めていくというお約束は、ちょっと今、いたしかねますので、御理解いただきたいと思います。
○15番(森勝美君)また次の質問ですが、投票日当日の広報活動も先ほど伺いましたが、前回のときにもね、15年、2回、2日実施された。当日と前日、しましたということ。今回のがね、非常にスピーカーの性能が悪かったんでしょうか、ほとんど聞こえなかった、来なかったという住民の声が多かったんです。その改善を今後検討していただかなければいけないなと思いました。聞こえなければ何の意味もないことですので、せっかく職員もね、休日返上してやっていらっしゃることですし、その辺をしっかりと確認していただきたいと思います。よろしくお願いします。
○葉山町選挙管理委員会委員長(齋藤公志君)私自身から申し上げても、そのような状況があった現実は知っております。ちょっと広報車が本当に回っていたのか、声が聞こえたのか聞こえないんだろうかということは若干わかっています。すべてがそうじゃなくて、聞こえたところもありますので、やっていることは事実でございますが、この音声その他についてはこれから今後気をつけてやっていただくようにしたいと思います。
○15番(森勝美君)どうもありがとうございました。これで私の一般質問を終わらせていただきます。
○議長(笠原俊一君)これにて15番議員森勝美君の一般質問は終結いたします。
第2番、8番議員畑中由喜子君、登壇願います。
○8番(畑中由喜子君)8番畑中由喜子でございます。本日は通告書のとおり3項目、7点にわたり一般質問をさせていただきます。
まず1項目目、マリンロード構想に関して、森戸海岸堀内地区整備計画、「昭和の日」創設記念事業とのかかわり、今後の対応の3点について伺ってまいります。マリンロード構想は、葉山町にとって将来にわたり大きな影響を及ぼすことになる問題と考えられますので、3月議会に引き続き質問に取り上げさせていただきました。平成8年3月に町と神奈川県横須賀土木事務所、株式会社エコーの3社により葉山海岸整備計画懇談会資料として作成されました「葉山マリンロード構想の実現に向けて」という資料がございます。調査の目的には、葉山マリンロード構想の実現に向けて各海岸部の特性に合致した散策空間を、海へのパブリックアクセスを加味しつつ整備し、葉山町全体の海岸を連携させるためのマスタープランを策定し、その中でも整備の緊急度が高い森戸海岸北部地区における整備計画を立案することと記されております。さらに、これをもとにして平成9年2月に出されました葉山海岸遊歩道構想に係る整備計画調査報告書概要版では、森戸海岸堀内地区に絞って整備計画の立案をしております。その後、この地区には公共下水道管が布設され、同時に下水道の管理用通路が町の事業として実施されたのは周知のことでございます。また、町は県の事業として高潮・越波対策の護岸堤や養浜をお願いしたいとのことでしたが、現在までにどのような整備が行われたのか、さらに遊歩道の整備も行われるとのことですが、状況を伺います。
2点目に、「昭和の日」創設記念事業とのかかわりについて。去る3月議会で、私の一般質問で町長は、マリンロード構想と「昭和の日」創設記念事業の一つである散歩道計画とは関連づけられるものであると答弁されました。また、平成19年度の予算書には、真名瀬漁港の再整備事業の説明として、漁村再生交付金制度の漁港環境施設建設事業として、「昭和の日」創設記念事業の昭和の散歩道の一環として散歩道を真名瀬漁港区域内に設置し、豊かな自然環境と歴史・文化といった葉山の地域資源を生かし、海浜利用を増進し、地域の活性化と都市住民との交流を図るとともに、市町村創造型事業として漁礁周辺の効果調査及び種苗放流を実施するとし、県の総合計画地域計画にある「ぐるり一周プロムナード構想」、町の総合計画実施計画に位置づけられた事業として推進していくと書かれております。予算審査では、真名瀬漁港の再整備事業の一環として真名瀬漁港の公衆トイレから森戸神社までの460メートル及び附帯施設として休憩所を、3カ年をかけて約2億円で整備することが明らかにされました。
「昭和の日」創設記念事業の昭和の散歩道は、昨年暮れに突然取り組むことになったもので、これまで町の総合計画に位置づけられたものではありません。平成9年に立案されたマリンロード構想と、10年後に突然始まった昭和の散歩道、どのような点でかかわり合うのか、御説明ください。
3点目に、今後の対応について。昭和の散歩道は主馬寮跡地の公園を起点として湘南国際村までの4キロ及び鐙摺までの4キロを整備しようというものですが、今後どのように進めるのか伺います。また、現在途切れ途切れに別々の名目で進められているマリンロード構想、あるいは県の「ぐるり一周プロムナード構想」は、今後どのような形で進めるのか、住民からは自然環境や景観に対する影響、福祉予算も削る状況の中で、経費負担を危惧する声が上がっております。説明責任が問われていると考えますが、いかがでしょうか。
次に、2項目目、財政問題について、1点目として財政計画について伺います。町の将来像を示す最上位の計画が総合計画ですが、現在のところ総合計画には財政計画が伴っておりません。総合計画に財政計画が示されないのでは、情報が大きく欠落していると言わざるを得ません。地方分権が進む中、自立した町として町が住民に対して負う行政運営の責任はますます重いものになっております。それは同時に住民との協働なくして今後のまちづくりはあり得ないことも意味しています。しかし、それらはすべて情報の共有が前提になることは言うまでもありません。当町においては、平成16年9月に平成20年度までの中期財政見通しを出されたことがありますが、以後一度も見直しがなされておりません。総合計画基本計画に沿った財政計画を策定、提示すべきと考えますが、いかがでしょうか。
2点目に、葉山町財務諸表、バランスシートの問題点について伺います。これまで議会からもたびたび要請があった財務諸表、バランスシート及び行政コスト計算書がようやく作成、公表されました。これは評価されるものであり、これによって町の財務情報がわかりやすくなり、住民参加や協働のまちづくりが一段と進むことが期待されます。葉山町のバランスシートは、総務省の地方公共団体の総合的な財政分析に関する調査研究会報告書に示された手法に基づいて、普通会計を対象として作成されました。しかしながら、バランスシート作成の意義を考えると、普通会計のみを対象としては町財政の全体像がつかめないこと、またほかの自治体と比較することができないことが問題であると考えます。そこで、今後は特別会計も含めた連結バランスシートを作成すべきと思いますが、いかがでしょうか。
3項目目に、子育て支援について。子育て支援の施策に関して、住民の関心は非常に高く、この6月議会においても複数の同僚議員が既に取り上げられた問題ですが、1点目として旧葉山保育園に開設が待たれている子育て支援センター開設の準備状況を伺います。
最後に、2点目として、放課後子どもプランへの対応状況について伺います。昨年、文部科学省の放課後子ども教室推進事業と厚生労働省の放課後児童健全育成事業を一体的あるいは連携して実施する総合的な放課後対策として、原則すべての小学校区で放課後の子供たちの安全ですこやかな居場所づくりを進めることを目的として、放課後子どもプランがつくられました。当町においては、各小学校区にほぼ児童館、青少年会館があり、一定の役割を果たしております。しかし、すべてが満足のいく状況とは言えないところもあり、子供たちの安全ですこやかな居場所とするために、一層の改善が望まれているところでございます。放課後子どもプランへの対応状況について伺います。
以上で私の1回目の質問を終わります。御答弁をどうぞよろしくお願い申し上げます。
○議長(笠原俊一君)答弁を行います。
○町長(守屋大光君)畑中議員よりただいま3項目7点にわたる御質問をいただきました。順次お答えをいたします。
まず1項目目のマリンロード構想に関して、森戸海岸の整備計画はというお尋ねでありますが、基本的な考え方といたしましては、防災機能との調和を図りつつ、海辺のさまざまな利用、環境面に配慮した人に優しい海岸環境の創出を図るものであります。
次に、2点目の「昭和の日」創設記念事業とのかかわりと今後の対応についてのお尋ねでありましたが、「昭和の日」創設記念事業の一つとして、昭和の散歩道が町民主体の「昭和の日」記念事業推進会と庁内に組織した「昭和の日」創設記念事業の推進委員会がそれぞれ散歩道に関する部会を設置して、現地踏査や合同部会を開催するなど、連携を図りながら検討を行っております。「昭和の日」の創設趣旨にふさわしい事業を町民と行政との協働で実施することは、大きな意義のあることであり、今後もそのような形で実現に向け対応を図ってまいりたいと考えております。
次に、財政問題に関しての1点目、財政計画についてでありますが、本町の財政につきましては、税源移譲に伴う税率のフラット化による減収や、所得譲与税及び減税補てん債の廃止などにより厳しい財政状況が見込まれております。このような状況の中で、町の第3次行政改革大綱並びに集中改革プランに沿った改革の着実な履行を行うとともに、中長期的財政見通しを持ちながら財政運営を図ってまいりたいと考えております。
2点目の葉山町財務諸表の問題点についてでありますが、財務諸表につきましては昨年12月に総務省が示したマニュアルに沿って平成17年度決算に係る一般会計の財務諸表を作成し、公表したところであります。今後につきましては、特別会計も含めた財務諸表の作成も視野に入れ、検討してまいりたいと考えます。
次に、3項目目の子育て支援についての1点目であります子育て支援センターの開設準備状況はというお尋ねでありますが、4月に一般公募2名を含む子育てにかかわる町民の方々10名で開設準備委員会を設置いたしました。御承知のとおり、子育て支援センターは旧葉山保育園の既存施設の有効利用の観点に立ち、多くの費用をかけずに利用者に喜んでいただけるような施設にすることを目指し、既に4回の会議を行っております。予定では7月までにあと2回の会議を持ち、開設準備委員会としての御意見をまとめていただく予定になっております。
次に、2点目の放課後子どもプランへの対応状況についてでありますが、このプランにつきましては小学校の余裕教室等を活用し、子供の居場所づくりを進めるものでありますが、事業の実施に当たっては現に児童館など小学校外に行っている場合で、特段の支障が生じていない場合には、児童館で実施することも差し支えないという文部科学省、厚生労働省の見解であります。当町の場合は、児童館、青少年会館が各地区ごとにあり、子供の居場所として重要な機能を果たしております。今後児童館、青少年会館が子供の居場所としてさらに充実したものになるよう、検討を加えたいと思います。
以上で御質問に対するお答えといたします。
○議長(笠原俊一君)再質問を行います。
○8番(畑中由喜子君)御答弁ありがとうございました。それでは順次再質問に移らせていただきたいと思います。まず、1項目目、1つ目のマリンロード構想に関することでございますけれども、葉山海岸遊歩道構想に係る整備計画調査報告書の概要版というのは、当時議員に送付されております。それで、その中にマスタープランが策定されたという文章が載っておりますが、このマスタープランというものがどのようなものなのか、私は一度も拝見したこともないし、それから県に問い合わせをいたしましたけれども、県の方にもないというお答えだったんですが、これはどういうことになっているんでしょうか。
○総務部部長(石川嘉一郎君)御指摘の点については、私どもも調査をさせていただきましたが、この調査…構想そのものについてがマスタープランそのものではないかというふうに理解をいたしておるところであります。
○8番(畑中由喜子君)国語力があるかないかは別としましても、構想がイコールマスタープランだと。マスタープランというのは基本計画ですよね。あり得ないことですよね。この調査報告というのは、報告書というのは、一体何だったのかなというのが、当時、私も議員でございましたので、もっと深く追及すべきだったかもしれません。そういう意味では私の責任というものもあるかもしれないんですが、当時、葉山町ではあの地区にどうしても下水道管を布設しなければならないという緊急避難的な理由がございました。それを実施するについて、どうしてもあそこに県の計画を持ってきて、遊歩道の計画として認めていただかないと、下水道管が布設できないという状況がありました。それで、その部分でいたし方なく私も納得した覚えがございます。けれども、それが今回、また遊歩道計画ということで、よみがえってくるわけですね。あそこの地区だけの問題だというふうに当時理解をし、ある意味理解させられたというんでしょうか。そういう状況だったと思うんですけれども、それが今になってまた遊歩道計画ということで進めようという形になってくる。そうすると、構想という形のまま、実態としてはどういうことが進められようとしているのかという見通しが示されないまま、遊歩道計画というものがいつの間にかまた始まってしまう。これは住民にとって、議会である私どもにとっても、どう理解していいかわからない状況です。このことについて御見解を伺っておきたいと思います。
○総務部部長(石川嘉一郎君)まず、畑中議員御指摘のように、構想というものが表現の中に出てきております。マスタープランも出てきておりまして、現実に平成7年、8年でその調査も行われて、地域の方々を含め、行政が入った中での懇談会も開かれておりまして、その中での報告書も議員の方々にも行っているということで、現在マリーナから南側にあります、この中でも表現をされております高潮対策等については、この整備計画の中での一つの事業として既に離岸堤の整備は終了しております。その中に、今御指摘のような歩道の整備についても、この計画の中に記載されておりますけれども、それは下水道もありますし、高潮対策の一環としての事業としても位置づけされております。したがいまして、この計画、整備計画を一つの柱として、県はその対策、整備に行っているものというふうに理解しております。
○8番(畑中由喜子君)この計画の大きな問題点として、私が考えますのは、これが県とそれから町の協働の事業であるという点なんですね。両方で責任のなすり合いをするという構図がここに成立しています。どうもそういうふうにしか思えないんです。葉山町はこの構想でもってどういうことを進めようとしているのか、今後明らかにしていただく必要がどうしてもあると思います。それは町民に対する説明責任だと思います。
私自身は、葉山の海岸に遊歩道を全般にわたってつくるという、もう全くの暴挙だとしか言いようがないと考えておりますけれども、大体こういう構想を立てて、葉山町の総合計画を見ても、進めていくんだという書き方になっているわけですね。県と。ただし、実体は何もない。葉山町の総合計画の何と実施計画に載っているわけです。しかし実体はないんです。これをどう考えたらいいのか。それでは今後この計画について葉山町は責任を持って基本計画あるいは実施計画にきちんとした形としてとらえること、あるいはもうここの堀内の地区の計画で終わりなんだというような形になるのか。真名瀬の今度漁港の方は、漁港の再整備計画ということで、また別の項目で、事業名でまた遊歩道が伴ってくるんですけれども、どう理解したらいいのかということは、もう本当にわけわからない事業です。何かまるで構想が必要なときに都合よく亡霊のようによみがえってきて使われる。そんなような印象さえ受けるんですけれども、どうお考えですか。きちんとした計画としておつくりになるおつもりがあるかどうか。
○町長(守屋大光君)どうも畑中議員、私どもの思いを曲解しておとりいただいているようでございます。もうそもそも私が前々から御説明申し上げているように、葉山はこれだけ恵まれた海の景観、それから山の景観、これを生かす方策を考えていかなければならない。そのためにこの海辺、それから既存の路地をつなぎ合わせながら、安心してこの海辺を散策できる構想を進めていきたいということについては、もう何回も私、申し上げております。したがって、その構想の一環として、その時期に応じた対応を当然のことながら図っていくのは、もう申すまでもないわけでございます。したがいまして、あいにく諏訪町地区、これは下水道の整備は終わりましたけども、その上に遊歩道をあわせてつくるということで、これは県と合同で対応する計画でございました。しかしながら、あの時点でにわかに県の財政が悪化しまして、今、頓挫している状況であります。したがって、構想は現に生きているわけでございます。
○8番(畑中由喜子君)ですから、その構想に問題がないかということを申し上げているんです。私も葉山町にとって海はもう町民共通の大きな財産です。これをどう環境を保全していくかということは、本当に大きな課題ですよね。だけど、町長、これごらんになったことおありになりますでしょう。この遊歩道の計画というの。構想ですよね、これ。ナチュラルリザーブのところにこうやって橋をかけようというんですよ。それから、御用邸の前、御用邸の前のところに、こうやってボードウォークをつくろう。小磯の鼻に向かって。それから長者ケ崎では、何ていうんですか、子供のピンボールというの、こういう遊びがありますけれども、だるま落としみたい、こういうぎざぎざに、段々に遊歩道をこうやってつくってしまおうという、こういう絵まで出てるんですよ。これを見て不安を覚えない人はいないですよね。これが進んじゃうのかなと思うじゃないですか。これについて、もうちょっとはっきりした説明をしていただかないと、不安はどんどん増殖しちゃいます。増幅というのか。その点について伺っておきたいんです。町長のお考え、私、同じだと思いますよ。海をね、保全していきたいという、その気持ちは。そこが問題だなんて言ってるんじゃないんです。ここの構想に描かれているこれが問題だと言ってるんです。
○町長(守屋大光君)その構想については、あくまでもこの絵に今お示しをしておるわけでございますけども、それがイコールすべてそのとおりにやるということにはつながっていかないと思うんですね。ですから、イメージとして出してるんであって、これから皆さんで、町民の方々とひざを突き合わせながら、一つ一つ実施計画において具体的なこの形ができてくるわけでございます。したがって、実施計画をこれから進めていくということでございますので、構想イコールすべてそのままやるなんていうことは、どの構想でも考えられないことであろうかと思います。したがって、この実施計画をこれから進める上において、そういった誤解を解きながら皆さんの御意向を伺いながら、その時代に合った対応を当然のことながら行政として図っていくということは、もう論ずるまでもないと思っております。
○8番(畑中由喜子君)先ほどから私、申し上げているように、さっき部長の答弁では、この構想イコールマスタープランだと言いましたよね。マスタープランということは、これは基本計画じゃないですか。それで、それが今度実施計画に移るということでしょう。どうしたってそういうふうにとられちゃうんですよ。ほかに何のアイデアも出てこない、何の説明もない、何の計画も示されないから。そこが問題だと言ってるんです。だから、早急にやはりきちんとしたものを住民に対して説明をいただきたいと思います。よろしいですか。
○町長(守屋大光君)先ほど申し上げたように、この「昭和の日」の創設に伴いまして、住民の方々にも多くの方に御参画をいただいております。したがって内部の実行委員会も設けておりまして、双方で知恵を絞りながら、これから実施計画に向けて準備を進めさせていただきたいという考えを持っておるわけでございます。
○8番(畑中由喜子君)住民の方も多く参加していただいているという、その部分なんですけれども、本当に広く、だれでもが参加できる場を確保していただかないと、やはり一部の方ということになりまして、町民こぞってということにはならないということだけは申し上げておきたいと思います。
遊歩道の整備に向けて、県がアンケートを行ったと、この堀内地区においてですね。それを聞いているんですけれども、その状況は把握されておりますか。
○総務部部長(石川嘉一郎君)恐れ入ります。今のアンケートというのは、整備計画策定時におけるアンケートでしょうか。それとも遊歩道を整備とは関係なく、いつの時点のアンケートか、ちょっとお教えいただければありがたいと思います。
○8番(畑中由喜子君)ことしの2月ですね、「神奈川県横須賀土木事務所では、今後の海岸整備政策の参考とするため、海岸事業に対する住民の方々への意識調査を行っております。このアンケートは現在整備を進めている堀内海岸高潮対策事業について、住民の方々の意見をお聞きするため、堀内海岸周辺の住民の方々にアンケートをお願いしているものです。お忙しいところ、まことに申しわけございませんが、御協力をお願いいたします。」というふうになっております。
○総務部部長(石川嘉一郎君)実際には工事を施工するというか、計画をしている県土木、それから県の海岸担当課の行ったアンケートだと思いますけれども、先ほど私、申し上げたように、北部分、森戸海岸というか、葉山海岸の北部分の離岸堤、防波堤をつくりました、2カ所。それは整備計画に基づいて神奈川県が施工したものでございます。それとあわせて、神奈川県では先ほど申し上げましたように、高潮対策としてその一帯の工事として進めようという計画を聞いております。その中でのアンケートかと思いますけれども、そのアンケート結果等については残念ながら町の方に届いておりませんので、詳しい内容についてはちょっと避けさせていただきたいと思います。
○8番(畑中由喜子君)当然内容を御存じないのかなと思いますけれども、この内容には、防災対策以外にですね、施設の有料化や、これはだから休憩施設だとか、それから遊歩道をつくった場合に、施設の有料化や、そうなった場合、幾らまでなら負担してもよいと思うかなどという設問があるんです。こういうことを町が把握しておられないということでよろしいんですか。費用負担も皆様へ費用の負担を求めることは決してありませんというようなことは書いてあるんですけれども、あくまでの過程、あくまで過程の話ですという注釈がついてはいるんですけれども、こういうことは県とのすり合わせはなかったと。町はこういうことを県とすり合わせは一切してないということですか。
○総務部部長(石川嘉一郎君)大変申しわけございませんけれども、御指摘のアンケートについてのすべての情報、私ども把握しておりませんで、早速その執行したところに取り寄せをしまして、検討させていただきたいと思いますが、その事前の調査といいますか、あれはなかったということでございます。
○8番(畑中由喜子君)確かにね、これは県の事業ですよね。防災対策としてやっていただいているということです。でも、あくまでも町内で行われる事業であり、町がこれに全く関与しなくていいということではないと思うんです。まして、町民に対してこういうアンケートが行われ、それも有料とした場合どうかというような設問まであるということ。これはもう私は驚き以外何ものでもなかったんですけれども、それはもうすべからく町民に対して町が責任を持った対応をしているとは言えない状況じゃないかというふうに、これは指摘させていただいておきます。
この結果については、早速に状況を把握していただいて、県の意向も確認をしていただきたいと思います。どういうことなのかね。これを行ったのは、県の河川砂防課、そして調査委託先はこの10年前の調査をした、マリンロードの調査をした株式会社エコーです、相変わらず。ここの企業もちょっとインターネットで調べてみたんですけれども、絵にかいたような天下り先のあれではないかと。ほとんどの役員は運輸省から来ている。そういう団体でした。それはつけ加えておきたいと思います。
それで、「昭和の日」の方なんですけれども、予算委員会では漁港の管理に絡まっているんで、漁港管理は町に移管されたと。歩道、遊歩道の場所を決めるのも町に移管されたと考えているということでした。それで、ということは、完成後の管理とか管理費というのは町の単独持ち出しということにつながるのかなと思うんですが、いかがですか。
○都市経済部部長(高梨勝君)そういうことになると思います。
○8番(畑中由喜子君)そうすると、この予算のときの説明では、今後の管理費などというものをお示しはいただけなかったんですけれども、遊歩道をつくればつくるほど、もちろんその管理費、かさんできますよね。そのあたりの見通しというのはどうなんでしょうか。
○都市経済部部長(高梨勝君)数年経過していけば、やはり塩害というので管理費の方については出てくると思われます。
○8番(畑中由喜子君)私の質問としては、当然発生してくると思いますよ。潮を受けるんですから。材質が何であれ、相当傷み方は激しいと思います、海辺のものというのはね。そうすると、見通しというのはどうなのかということを伺っているんです。これ、今後3カ年で460メートルの整備及び休憩施設などの附帯施設も伴うということですので、相当なものを見込まなければいけないのかなと思います。いかがですか。
○都市経済部部長(高梨勝君)やはりそれなりに考えていかなければならないと思っております。
○8番(畑中由喜子君)マリンロードのね、問題点というのは、一つはそこにもあると思ってるんですよ。確かにバブル全盛期のころで、お金があり余っているころでしたら、そういうものをつくっても悠々と管理していけるということはあったかもしれません。でも、今、本当に福祉予算さえ削らなければならないと、町長はおっしゃってますよね。議会費も削れ、削れということで、事業を展開していないので、もうこれ以上削るところがないという前議長からのお話も通らなかった。それぐらいのことなんです。今、町の状況って、財政状況って。それなのに、これからどれだけの管理費を生み出すかわからないという遊歩道を、あっちこっちにつくろうとしている。そのこと自体が私はもう感覚がずれている問題なんじゃないかなというふうに思うんですけど、いかがですか。
○町長(守屋大光君)安心して歩ける道の整備というのは、私は当然必要だと思っております。今、議会費も削るなんて、現に議会費、削ってはおりません。誤解があるようでございますので、もうちょっと正確にお調べいただいてからお話しいただければと思います。
○8番(畑中由喜子君)町長は議会費を削ったという認識がおありにならないんだとしたら、これはまたもっと問題なんです。議会としては、視察費も削りました。それはまた別のところでやらせていただきたいと思います。
それで、このマリンロードなんですけれど、安心して歩けるというのは確かに必要かもしれませんけれど、そのために本当にわざわざ海辺、岩礁の上に築いたりということが必要なのかどうかということなんですよ。これはやはり住民の納得が得られるような説明がどうしても必要だと思います。そういう場を設けるおつもりがあるかどうか伺います。
○町長(守屋大光君)先ほど来申し上げているように、住民の方々を交えて、この検討委員会…検討委員会というか、この実施計画をつくるにおいて、お互いに知恵を絞りながら計画づくりを進めていきたいと思っております。
○8番(畑中由喜子君)昭和の散歩道の方は、これから始まることですので、そういうことでうんと努力はしていただかなければいけないと、それはある意味当然のことだと思うんですけれども。もう一方で、葉山町の総合計画実施計画には、葉山海岸遊歩道(仮称)整備事業として、事業の内容がこの遊歩道の整備に向けた検討を県とともに進めますとしか書いてないんですけれども、これ、実施計画ですので、もうちょっと、ここに載せるのであれば、具体的な書き方、これもしかも観光資源の発掘とネットワーク化というところにしか載っておりませんで、県の防災対策の部分の堀内海岸の北部の…ごめんなさい、森戸海岸の北部のところの遊歩道に関しては、こことはちょっと違うんじゃないかなという気もするんですね。だから、そのあたり、やはりきちんとした系統立った計画というものをお示しいただきたいと思いますけれども、その辺はどうなんでしょうか。
○総務部部長(石川嘉一郎君)先ほど町長も申し上げましたとおり、一つの事業の目的としては安全・安心もありますし、防災も含まれております。そういった中で、観光の誘致、それから景観の問題、さまざまな要素を含んだ中で一つの事業を展開するわけでして、そういった点から考えますと、観光のところに入っていても防災のところに入っていても、それは間違いではないというふうに我々思っておりますけれども、いずれにいたしましてもその安心性、景観、それから防災、そういうものを含めて事業を展開していきたいと、そのように考えております。
○8番(畑中由喜子君)実施計画に載っている以上、後に財政計画のところでも申し上げようと思っていたんですけれども、財政計画を伴って、なおかつその目標年次なども入ってくるというのが当然実施計画の性格というふうに思いますので、そういう表記の仕方、そういう事業の説明の仕方というのを今後本当に住民との協働を考えるのであれば、どうしても必要なことだと思いますので、その努力ということはもう最大限、最優先でやっていただきたいと思います。
そして、先ほどの遊歩道の今後の管理及び管理費について、早急に見通しを立てて、これは県のつくっていただいた遊歩道は、今後県が管理していただくのかどうか、それも含めてお出しいただきたいと思いますが、いかがですか。
○都市経済部部長(高梨勝君)そのように検討させていただきます。
○8番(畑中由喜子君)お出しいただけるものと解釈します。そして、今後の対応についてなんですけれども、昭和の散歩道の起点として公園用地、町が取得したのは主馬寮の跡地、3分の1でございますよね。残り3分の2はどうなっているのかということがやはり気がかりなんですけれども、前回か前々回の議会で町長は、99.9%はあきらめざるを得ないかもしれないけれども、残りわずかでも希望があれば、それにかけたいということをおっしゃっておられました。その結果がどうであったのか。またこれ、7,000名を超える署名が添えられているということで、町民の期待も大きいのだろうということはうかがえますよね。これが、この署名がちゃんと生きた形になるのかどうか、その辺はいかがでしょうか。どうなりましたでしょうか。
○町長(守屋大光君)私自身も多くの町民の皆様の御意向とともに、その願いを今でも断念しているわけではございません。機会あるごとに国の方にはお願いをし、また対応をぜひ御理解いただくように努めておるところであります。しかしながら、今の状況を見ますと非常に厳しい状況ではあるなという感触は持っております。
○8番(畑中由喜子君)国の方針はあくまでも売却ということだと伺っております。県がね、どれぐらい町の意向を酌んで助けてくださるのかというところだと思うんですけれども、その点はいかがですか。
○町長(守屋大光君)この前、偶然知事がこの町にお越しいただきまして、ちょうど私、ほかの件で来られたんですけれども、ちょっとあのあたりを通過する一つのプランをつくらせていただきまして、あそこでちょっと車をとめていろいろ事情を説明いたしました。御承知のとおり国から約1,500坪、この売却用地が出ているんだと。そのうち3分の1町で確保したので、残りの3分の2を何とか知事の…県の方でお考え願えないかと。ぜひ知事の心のどこかへ、このきょうのことをイップットしておいていただけないかなというようなお話もさせていただきました。したがって、今後そういうようないろいろな機会を通じてですね、何とかあの用地の確保に向けて最善の努力を図ってまいりたいと思っております。
○8番(畑中由喜子君)確かに県は、大磯町では吉田茂邸を買い取るということを町の要請を受けて決断されたようですし、葉山にとってあそこの公園用地がすべて葉山のものとして、それこそ散歩道の起点となるかどうか、「昭和の日」の記念事業として存続し続けるかどうかというのは大きな問題ですし、そこは県にあくまでもお願いするというところで、希望はつないでいかなきゃいけないのかなと思いますけれども、残された時間はもう余りないですよね。やはりこれは決まってしまえば、国は早速に競売に付すというか、そういう形になってしまうかと思うんですけれども、その辺、何とか県知事が動いていただけるとありがたいなというところではございますよね。それで、そうするとその7,000名の署名も何とか生きる形での善処が望まれているところです。
次にですね、財政計画のところで伺っておきたいんですが、確かに葉山町は今、行革に取り組んでおりまして、さまざまなプランも実行に移されているところではありますけれども、先日来、葉山町はやはり合併の道ではなくて、自立の道を目指すんだということが出てきておりますよね。それを自立の道を目指すということであれば、やはり中長期の見通しとして、やはり財政計画が出てこないと、説得力に欠けますよね。ぜひともやはりそこは総合計画に沿った財政計画ということで、毎年ローリングしながら出していただくというのが筋ではないかと。これは町民に対する説明責任でもありますし、理解されやすい状況を生むわけですよね。それによって、もしかしたらこういう財政状況に陥るのであれば、住民としてはもしかしたら自立ではなくてどこかと一緒になる方がいいのではないかという選択肢も、あるいは出てくるかもしれない。それが、ただただ大丈夫なんだ、大丈夫なんだ、いいんだよということで引きずれるかどうかという問題だと思うんです。それが今、行政に求められている責任ではないかというふうに思うんですけれども、いかがでしょうか。
○町長(守屋大光君)もちろん今おっしゃるように、行政の将来を見通した場合に、自立する方法も一つだし、合併する方法も一つだと思います。ただ、先般来申し上げているように、葉山の多くの住民の方々は、恐らく自立を求められているんではないかな。その自立を求められる前提で将来を見通した場合に、当然のことながら財政計画というものはもう強く、大きなウエートを占めてくるわけでございますので、先般来この財政計画については拒んでいるわけでなく、財政計画はお示しするということは申し上げております。したがって、毎年ローリングしていくような形で、財政計画というものはお示しできると思っております。
○8番(畑中由喜子君)非常に前進した御答弁をいただけて、大変心強い気持ちがいたしますけれども、いつお示しいただけますでしょうか。
○総務部部長(石川嘉一郎君)ただいま町長申し上げましたように、財政計画の見通しというものを策定していきたいというふうに思っております。お話にありましたように、総合計画の実施計画との関連もございますので、できるだけ早い時期につくりたいんですけれども、そういう関係を考えていきますと、おおむね11月ぐらいにはなってしまうのではないかなというふうに考えております。
○8番(畑中由喜子君)できれば決算の時期よりも早い時期にお願いをしたいと思いますね。早ければ早いほどいいわけです。この財政計画が出ることによってですね、こういう状況であれば住民にとっても、私どもを初めとしてですね、こういう部分は我慢していかなければいけないんじゃないかなというようなことも理解し得る状況が生まれるのではないかというふうに思うんですね。自立のためには。そういう形も住民の選択肢としてふえるわけですから、本当に必要なことだと思います。なるべく早い時期に総合計画と連動した財政計画、ローリングの可能なものをお出しいただきたいと思います。
それから、バランスシートについてなんですけれども、バランスシートを今回出されまして、17年度決算ベースで出されました。それは非常に一つの前進というふうに考えますし、これは評価されるべきものだというふうに思うんですけれども、今後連結決算も視野にということをおっしゃっておりますし、国の方針としてもこれから連結バランスシートを作成するようにという方針でもきておりますので、町も追い追いそれには準じていくのかなというふうには思っておりますけれども、葉山町は特にですね、下水道の特別会計が非常に一般会計を圧迫しているという現状があるわけです。ずっと前から言われていることですけれども、やはりこれを組み込まないことには町全体の財政状況というのは理解できないということになろうかと思いますので、評価もできないということですよね。なるべく早い時期に、次回ぐらいからは連結のバランスシートを作成すべきというふうに思いますけれども、いつごろを期日として検討されるおつもりでしょうか。
○町長(守屋大光君)現段階でまだいつというところまでは煮詰まっておりませんけれども、先ほど申し上げたように財務諸表いわゆるバランスシートの特別会計も含めた対応というものは検討いたしております。したがって、この特別会計も葉山の場合はそんなに複雑な特別会計が幾つもあるわけじゃございませんので、そう時間がかからずに対応が、私の考えとしては恐らくできるんではないかなと思っております。ただ、実際に事務をつかさどる職員がどの程度、どういう考えを持っているか、そこらもすり合わせながら対応を図ってまいりたいと考えております。
○8番(畑中由喜子君)葉山町の場合、他市と違って、他市町と違って企業会計などがあるわけ…病院があったりとかね、上水道を持っていたりとかということはないわけで、町長おっしゃるようにそう複雑なものではないので、今からでも、すぐにでもできるのではないかなと、優秀な職員がたくさんおられるわけですので、ぜひともこれはすぐにお願いしたいと思いますけど、いかがですか。
○総務部部長(石川嘉一郎君)このバランスシートにつきましては、決算をもとにその調整をさせていただいて、昨年12月に公表をさせていただきました。その数値も職員がマニュアルを作成し、ソフトを考える中でのやった処理でございまして、今回、先ほど町長申し上げたように、特別会計を入れていくということで、新たなまた作業も必要になってきますが、12月までには必ずつくっていきたいというふうに思っております。
○8番(畑中由喜子君)12月と言わず、ぜひとも早めにお願いをしたいと思います。
それで、6月3日付の日経新聞に、78市町村が連結赤字だという大変ショッキングな記事が大きく取り上げられておりました。これはバランスシート上ではないと。実質赤字比率ですね、連結実質赤字比率ということなんですけれども、町は現実、現在、どのような状況か、連結赤字ということではないですよね。そのあたりの試算というか、計算はしておられるのかどうか伺います。
○総務部部長(石川嘉一郎君)御指摘の点につきましては、まだ先ほど申し上げたように連結のそれぞれのあれを出しておりませんので、現在明確にお答えはできませんけれども、歳入歳出決算状況を見る限りでは、それはないというふうに受けとめております。
○8番(畑中由喜子君)それも数字が出てくれば、改めて全容が明らかになるということだと思いますけれども、やはりこういうものはなるべく早く、速やかにですね、町民の方にお示しできるようにしていくべきだというふうに申し上げておきたいと思います。
そして、先ほど財政計画の方なんですけれども、当然のことながら下水道についても計画を、財政計画をお示しいただきたいと思います。それで、一般会計の方でもこれからごみの広域化など出てきますしね、非常に重要になってくると思いますので、それは取り組んでいただきたいというふうに思います。下水道の方も含めてという財政計画でよろしいでしょうか。
○総務部部長(石川嘉一郎君)現時点では、前回もお示しさせていただいたのは一般会計の見通しについて提出をさせていただきました。ただし、一般会計の中でも特別会計の繰り出し等を含めておりますので、そこまでは今現在は考えておりませんが、そういう繰り出しを含めた中での見通しは立てていきたいというふうに考えております。
○8番(畑中由喜子君)そういう意味では、下水道会計は下水道会計で別の財政計画ということになるかもしれませんけれども、それも改めてお願いをしていきたいと思います。そして…改めてって、今ね、お願いします。
最後の子育て支援について移ります。5月20日にですね、福祉文化会館においてこの子育て支援センターの開設に向けて町主催で子どもフェスティバルというのが開催されました。そして、大変盛況であったとのことで、よかったなという思いを持っておりますけれども、このフェスティバルの開催を知らなかったという声も一部耳にしております。私も「広報はやま」あるいは町のホームぺージも注意して見ていたんですけれども、どうも掲載されていなかったように思うんですが、これはどのような広報をされたのか、伺います。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)PRの方法としては、町の中の広報板、それから幼稚園・保育園、それから各小学校にお願いしたと。あと地域活動団体の方ではスーパーの方にもお願いするというような方法をとらせていただきました。ちなみに、ホームぺージと広報については、やはり急ぎ足で進めたがためにですね、なかなか企画自体がまとまらなかったという部分もありまして、そこには間に合わなかったというふうに理解しております。
○8番(畑中由喜子君)ホームぺージに間に合わなかったということはあり得ないと思うんですよ。あれは瞬時に、クリックさえすれば掲載されますから。広報はね、印刷とか校正とか、私も今年度、議会の方の広報を担当させていただくんですけれども、それはなかなか大変な部分はあると思います。ただ、ホームぺージに関しては、ましてや町からだったらね、すぐに掲載できると思いますので、やはり広く、どなたの目にもとまるような方法として、ホームぺージ開設しているわけですし、町の広報があるわけですから、その辺を逃さずに、きちんと今後広報を考えていただきたいと思います。子育て支援センターについては多くの議員の方が取り上げられ、また順調に進んでいるようですので、またこれに関しては随時議会の方にも御報告をいただきながら進めていただきたいというふうに思います。
最後の放課後子どもプランへの対応状況なんですけれども、もうびっくりするぐらい、え、何にもしないんだという御答弁です。これ、やはり実際に葉山町としては児童館や青少年会館でやってますよね。これ、教育委員会の担当というふうに伺っているんですけれども、違いますか。町長から御答弁いただいたんですが、教育委員会担当と考えてよろしいわけですよね。で、実際に例えばお隣の逗子市に比べれば、葉山町の場合は児童館、充実しています。しかし、これが十分すべての児童館において満足のいく状況とお考えなのかどうか伺っておきます。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)児童館、青少年会館を含めて、葉山町は各字ごとという形で設置しております。それに伴いまして、4カ所においては御案内のとおり学童の方の事業をやっております。これで完全なのかという御質問でございますけども、完全かどうかわかりませんが、それなりに一生懸命やっているということでございます。
○8番(畑中由喜子君)完全なんていうものはあり得ないと思うんですよ。どの子にとってもというね、100%完全なんていうのはあり得ない。ただ、町としてこれで十分かどうかということを伺っているんです。実際に、私、以前に下山に住んでいて、私の子供たちは一色小学校に通わせていただきました。下山口にようやく児童館ができたときに、建設のときから地域住民の一人としてもかかわらせていただきましたけれども、あそこは手狭で、どうしても学童保育はできないんだというのが建設当時の考え方です。それなのに、後になって、あそこに学童保育取り入れました。本当に今だって無理な状況です。園庭使えないんですから。これが満足のいく状況だとは私は決して思っておりません。町長はね、長柄小学校だってそうですよね。山をおりてきて、また葉桜へ上がっていかなきゃ児童館使えないんですから。町長は学校施設は教育財産であると同時に、町民の貴重な財産でもあるということで、今後十分に活用を考える必要があると認識しているという御答弁をいただいておりまして、そのことは教育長もそのとおりだという御見解を示されているんです。それなのに今ね、余裕教室があるとかないとかというレベルのことではなくて、本当にあくまでも子供を主体に考えていただくべきだというふうに思いますし、国がこのプランをつくったのは、そこが目的ですよね。子供たちがいかに安全で健全な居場所を得ることができるかと。そのために学校施設を使っていこうじゃないかと、開放していこうじゃないかというのが国の考え方です。それをね、児童館があるからいいんだという考え方、それはおかしいと思います。それだけは申し上げておきたいと思います。心していっていただきたいと思います。以上で私の一般質問を終わります。
○議長(笠原俊一君)これにて8番議員畑中由喜子君の一般質問は終結いたします。
この際、暫時休憩をいたします。再開は午後1時とさせていただきます。
(午後12時01分)
○議長(笠原俊一君)休憩を閉じて会議を再開いたします。(午後1時00分)


○議長(笠原俊一君)日程第2「議案第2号平成19年度葉山町一般会計補正予算(第1号)」を議題といたします。朗読。
(書記朗読)
○議長(笠原俊一君)提案者の説明を求めます。
○総務部部長(石川嘉一郎君)議案第2号平成19年度葉山町一般会計補正予算(第1号)につきまして御説明申し上げます。1ページ、第1条に定めますとおり、歳入歳出予算の総額に2,144万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ90億3,244万2,000円とさせていただくものでございます。
それでは、補正予算書の4ページ以降、歳入歳出補正予算事項別明細書並びに別冊の補正予算に関する付属説明書により順次御説明申し上げます。
補正予算書の6ページ、歳入、第17款寄附金、第1項寄附金、第1目一般寄附金の2,144万2,000円は、付属説明書の11ページに説明を記載させていただいております。
補正予算書の6ページ、歳出、第2款総務費、第1項総務管理費、第3目財政管理費の基金積立金2,144万2,000円から、第9目住民情報システム管理費のシステム開発事業163万8,000円までは、付属説明書の12ページから13ページに説明を記載させていただいております。第13款予備費につきましては、歳出額の調整のため403万2,000円を減額し、補正予算額の額を…補正後の額を3,596万8,000円とさせていただくものでございます。
以上で補正予算につきまして説明をさせていただきました。よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。
○議長(笠原俊一君)提案者の説明が終わりましたので、これより質疑を行います。
○7番(近藤昇一君)恐れ入ります。歳入に当たっての、この開発事業の案内図あるいは概要書を資料として求めたいと思うんですけども、いかがでしょうか。
○総務部部長(石川嘉一郎君)付属説明書にございます11ページの歳入に…歳入の一般寄附金に係る資料ということですけれども、準備をさせていただき、お配りをさせていただきたいというふうに思っております。しばらくお待ちいただけませんでしょうか。
○議長(笠原俊一君)資料配付のため暫時休憩いたします。(午後1時04分)
○議長(笠原俊一君)休憩を閉じて再開いたします。(午後1時06分)
引き続き質疑を行います。
○7番(近藤昇一君)これで言うと、金銭の、この単価は、標準価格は幾らぐらい…まあ、逆算すればいいんでしょうけど。すいません、ちょっと計算するのが面倒なんで。
○都市経済部部長(高梨勝君)土地とですね、整備費に分けて計算をしております。
○総務部部長(石川嘉一郎君)まず、用地についての単価といたしましては10万5,000円、それから公園の整備費として平米当たり3万6,000円、その単価に基づいて金額を算出しております。
○7番(近藤昇一君)この規定については、できる規定ですよね。できる規定であるならば、いわゆる土地でなく、金銭で納付したいという向こう側の業者の方の理由があるはずですよね。その理由は、どういった理由だったんでしょうか。
○都市経済部部長(高梨勝君)特別な理由はございませんが、事業者の方が金銭の方を選んだということです。
○7番(近藤昇一君)じゃあ、これ、以前もこの問題で議論したことがあると思うんですけど、町としてね、公園として、この近辺に必要だと。あるいは、その近辺に公園があるから公園じゃなくて金銭でいいというような町の判断、方針もあると思うんですよ。そういう中で、向こうが言ってきたから、はい、そうですかっていうわけじゃないと思うんだけども、その辺はどうなんでしょう。だから、向こうは何らかの理由があって、これは公園じゃなくて金銭だよって言ったのかね、町が金でよこせと言ったのかという話になるんだけども、その辺どうなんですか。
○都市経済部部長(高梨勝君)このケースにつきましては、近くに児童公園もございますし…近くに児童公園がございましたので、その申し入れの方にありますが、近所に公園がもしない場合でありましたら、町の意向も希望もですね、申し述べていくという形でおります。
○7番(近藤昇一君)そのお金がいいのか、公園がいいのかというのは町の判断だろうけども、この間のときも、この議論あったんですけども、例えば、この今出された案内の中でね、公園をとろうとするとね、どういった場所にとるのかなというのが、いつも問題になるんですよ。場所によっては、あんなところにあったってしようがないよっていう公園もあるかもしれないけど、近隣の人たちが利用できるような場所であるならば、公園は多ければ多い方がいいと思うんですよ。業者としては、金で納めた方がね、建ぺい率とかそういう関係からいって有利になるという判断も逆にあるんですよね。公園の用地として提供する部分については、当然建ぺい率には算入されないわけですから。お金で納めれば、建ぺい率にその面積は算入されるということになれば、業者としては非常に有利になる可能性が高いわけですよ。そういう面で、今回の場合が、確かに堀内児童公園というのは、あることはありますけども、そんなに近隣というわけでは、私ないと思うんだけど、あの距離から言って。どうなんでしょう。
○町長(守屋大光君)今、近藤議員のおっしゃるように、建ぺい率、容積率を確保するために金銭でというケースもあれば、また場所によってはですね、この町として、果たしてこの公園が適地かなというケースも当然のことながら出てこようかと思います。したがって、そのケース・バイ・ケースで的確に判断すべきであろうかと思っております。そういう視点から、今回のケースを見ますと、御承知のとおり周りが三方山に囲まれている地域でございますし、この住宅街の真ん中でもないし、公園として果たして確保するのと、それから金銭で処理するのとどちらがいいのかなという視点で検討する中で、やはり先方も、また町としても金銭で対応していただいた方が、よりいいんではないかという判断から、このような対応をとらせていただいたわけでございます。
○7番(近藤昇一君)確認をしておきたいと思うんです。前回も、たしか確認したと思うんですけども、条例上は、申し出があったときは、これを認めるものとするというふうに書いてあるわけですけども、今町長言われたように、その近辺にまた公園もないと。町が公園として…公園の方が希望という方針であれば、単純に申し出があったから認めるということではないということでよろしいでしょうか。再確認しておきます。
○町長(守屋大光君)当然そうでございます。
○7番(近藤昇一君)それと、この土地の評価の仕方は、どのような形で評価されたんでしょう。平米当たり10万5,000円というのは。
○都市経済部部長(高梨勝君)固定資産税の評価額からです。
○7番(近藤昇一君)その実売買価格との比較っていうのは、どうなるか見ています。
○都市経済部部長(高梨勝君)今回のケースではしておりません。しておりません。
○7番(近藤昇一君)今回のこれ、寄附金の問題なんでね、余り建物の問題について触れていいのかどうかちょっとわかりませんけども、たまたま、その近辺の人たちの中で、うわさで、将来的に目的が変更されてマンションになるんじゃないかなんていう話も出たんですけども、これ、図面見る限りでは、それはちょっと不可能だというふうに判断してよろしいでしょうか。
○町長(守屋大光君)可能か不可能かって、今の段階でですね、論議することではなかろうかと思います。強いて言えば可能でもあり、不可能でもあろうかと思います。
○7番(近藤昇一君)その際には、条例上改めて審査できるのかどうか。
○都市経済部部長(高梨勝君)審査の対象になると思います。
○議長(笠原俊一君)他に質疑はございませんか。
○6番(阿部勝雄君)これじゃない、その次のことについてお伺いしたいんですが、庁舎管理費の、この議員の退出…出退表示盤の建設費なんですけれども、これ、今の壊れてて、こんなテープでやっていますけれども、基本的に私これ反対ではないんですけれども、今、普通は町民が見えるところに議員の出退がわかるように表示してあるところが多いと思います。今の盤ですと、そこへ上がってこないとわからない。あとは、議長だとか事務局だとかしかわからない。これでは、余り役に立たないかなって感じ…役に立たないって言うと失礼ですが、町民には余りよくわからない。同じ直すんだったら、私は1階の町民の見えるところに表示していただきたい。それでなかったら、議会だけだったら札で十分かなと思いますが、その辺どうお考えでしょう。
○町長(守屋大光君)議会からの申し入れに基づいて、こちらは対応しているんだと思います。したがって、もし阿部議員が、そういう御意見があれば、議会内部でよく検討していただければと思います。
○6番(阿部勝雄君)町長に聞く話じゃなくなっちゃった。すいません、私らは議会でこれ出したっていうのは、全然私知らないんですけど、初めてここにいて知ったんで、町長に聞いてしまったんですが、これですと、私はちょっと、せっかくやるんならという感じがしますんで、どこでどうするのか、これから。でも、ここに予算化されてしまって採決されちゃうと、決まっちゃいますよね。私らは、これ、初めてここへ来て、あのままでいいとは私らも思っていませんけど、せっかくするんならという感じがしますんで、その辺だけ。町長とやり合っても仕方ない話なら、議会でやらせていただきます。どう引いたらいいかわかりませんけど、そう思いますので。
○7番(近藤昇一君)ちなみに、参考までに伺いたいんですけども、下の1階の部分に、この表示盤をつけた場合に、金額的にはどのぐらいだかおわかりになりますか。無理だったらいいんですけども、大まかで構いませんけど。
○総務部部長(石川嘉一郎君)金額が幾らかということについては、具体の数字は把握しておりませんが、現在の状況で、直す金額でこれだけの239万ほどの金額でございます。その配線等いろいろ既存のものを、それから新たに設置するということになると、かなりのこの金額を上回るものと考えられます。それで、じゃあ幾らか。2倍になるのか、3倍になるのか、4倍になるのか、それはちょっと把握できておりません。
○議長(笠原俊一君)他に質疑はございませんか。
(「なし」の声あり)
御質疑がなければ、これにて質疑を終結いたします。
お諮りいたします。議案第2号は原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
(「異議なし」の声多数)
異議なしと認めます。よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。


○議長(笠原俊一君)日程第3「議案第3号葉山町国民健康保険条例の一部を改正する条例」を議題といたします。朗読。
(書記朗読)
○議長(笠原俊一君)提案者の説明を求めます。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)議案第3号葉山町国民健康保険条例の一部を改正する条例について御説明をさせていただきます。
提案理由にもございますとおり、国民健康保険法施行令の一部を改正する政令が本年4月1日から施行され、保険料の基礎賦課限度額が改正されたことに伴う関係規定の整備を行うため、及び地方税法等の一部を改正する法律が本年4月1日から施行されたことによる保険料の急激な変化を緩和する措置を講ずるため、提案をさせていただくものであります。
それでは、条例の主な改正内容について説明をさせていただきます。第4条についてでございますが、現行規定では3歳未満児の自己負担割合は2割となっておりますが、平成20年4月からは2割負担の対象者が現行の3歳未満から義務教育就学前までに拡大されます。また、70歳以上74歳までの自己負担割合は原則1割で、現役並所得者については3割となっておりますが、これも平成20年4月から現役並所得者以外の方につきましては、自己負担が1割から2割に引き上げられます。これらの自己負担割合につきましては、国民健康保険法に明確に定められており、条例では改めて定める必要のない事項のため、本改正に合わせて削除させていただくものであります。
次に、第12条の6並びに第16条の2第1項及び第5項中53万円を56万円に改めるとございますが、国民健康保険法施行令第29条の7第2項第10号及び同条第3項第6号の改正により、医療分の賦課限度額が53万円から56万円に引き上げられたことに伴い、本町の国民健康保険における基礎賦課限度額を同額とするため改正させていただくものであります。
次に、附則第13項につきましてですが、町民税所得割額の税率が一律6%に改正されたことに伴い、保険料算定の基礎となる町民税所得割額が増額となる課税総所得金額500万以下の方々につきまして、19年度の町民税所得割額から18年度の税率により算定した所得割額の差額の2分の1を19年度町民税所得割額から控除した額を保険料算定の所得割額とさせていただくことにより、町民税比例税率化による保険料の急激な変化を緩和する措置を実施するため改正させていただくものであります。その他、附則第13項を加えることに伴いまして、条項の繰り下げ等のほか、文言の整理をさせていただくものであります。
なお、この条例の施行期日は公布の日からとし、経過措置といたしまして基礎賦課限度額並びに保険料の軽減に関しましては、平成19年度以降の年度分の保険料から適用し、平成18年度分までの保険料につきましては、従前の例によるものと規定したものであります。
以上で説明を終わらせていただきます。どうぞよろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。
○議長(笠原俊一君)提案者の説明が終わりましたので、これより質疑を行います。なお、本件については、6月14日議会運営委員会におきまして教育民生常任委員会に付託することが決定しておりますので、質疑は総括的なものに願います。
○6番(阿部勝雄君)1つだけお聞きしたいんですが、限度額の設定は、これは国で決めたものですから仕方ないと言えば仕方ないんですけれども、この53万から56万円に引き上げたのは、限度額を超える人が保険者の5%を超えない範囲ということで、どんどん収入がふえたということで53万円から56万円、3万円引き上げたというふうに聞いています。葉山の中で53万円を超える人たちが全世帯の何%に当たるか御存じですか。もし、わからなければ調べておいて。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)葉山の場合は18%でございます。
○議長(笠原俊一君)他に質疑はございませんか。
(「なし」の声あり)
質疑がなければ、これにて議案第3号の質疑を終わります。
ただいま議題となっております議案第3号については、教育民生常任委員会に議会休会中の審査として付託することにしたいと思いますが、御異議ありませんか。
(「異議なし」の声多数)
御異議なしと認めます。よって、議案第3号については教育民生常任委員会に休会中の審査として付託することに決定をいたしました。


○議長(笠原俊一君)日程第4「議案第4号葉山町行政財産の目的外使用に係る使用料に関する条例の一部を改正する条例」を議題といたします。朗読
(書記朗読)
○議長(笠原俊一君)提案者の説明を求めます。
○総務部部長(石川嘉一郎君)議案第4号につきまして御説明申し上げます。
この条例は、地方自治法の一部を改正する法律が平成18年6月7日に公布され、行政財産の管理及び処分に関する第238条の4の規定が改定され、平成19年3月1日に施行されたことに伴い、本町においても同条文を引用する本条例第1条の規定を改正する必要があり、提案するものでございます。
附則につきましては、施行日を公布の日からと定めさせていただくものでございます。
以上で説明を終わらせていただきます。よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。
○議長(笠原俊一君)提案者の説明が終わりましたので、これより質疑を行います。質疑ございませんか。
(「なし」の声あり)
質疑がなければ、これにて質疑を終結いたします。
お諮りいたします。議案第4号は原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
(「異議なし」の声多数・)
御異議なしと認めます。よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。


○議長(笠原俊一君)日程第5「議案第5号工事請負契約の締結について【葉山小学校屋内運動場耐震補強工事】」を議題といたします。朗読
(書記朗読)
○議長(笠原俊一君)提案者の説明を求めます。
○総務部部長(石川嘉一郎君)議案第5号につきまして御説明申し上げます。
この工事は、葉山小学校屋内運動場耐震補強工事でございまして、請負契約金額、消費税及び地方消費税の額並びに請負契約の相手方につきましては議案書に記載のとおりでございます。
仮契約までの経緯について御説明申し上げますと、契約の執行に当たりましては、設計金額が500万円以上であるため、葉山町条件付一般競争入札実施要領によりまして地方自治法施行令第167条の6の規定により、5月7日に条件付一般競争入札の公告を行いました。主な参加資格要件といたしましては、葉山町競争入札参加資格認定を受けていること、建設業法第27条の23第1項の規定に基づく経営事項審査を受け、その経営事項審査結果通知書における建築一式工事の総合評点が1,101点以上であること等の資格要件といたしました。5月16日まで設計図書の閲覧及び設計図書の販売を委託し、同日まで入札参加資格確認申請の受け付けを行いましたところ1社の申請があり、審査の結果、入札資格要件を満たしておりました。電子入札による開札を6月1日に行いましたところ。お手元に配付させていただきました資料のとおり、9,000万円で馬淵建設株式会社が落札いたしました。これにより、仮契約を本年6月6日に締結させていただきました。
この工事は、葉山小学校屋内運動場の地震に対する安全性の向上を図るために行うものでございます。工事の概要につきましては、耐震補強工事として内付け鉄骨ブレースを4カ所新設し、既存の内付け鉄骨ブレースを4カ所交換、またコンクリート部の劣化補修、体育室の天井改修及び床改修を行います。あわせて老朽化及び学習環境改善のため、屋根改修、外壁改修工事及びトイレ改修等を行い、それに伴う電気設備、給排水衛生設備の改修を行うものでございます。工事の竣工期限につきましては、平成19年10月31日を予定しております。
以上で説明を終わらせていただきます。よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。
○議長(笠原俊一君)提案者の説明が終わりましたので、これより質疑を行います。
○7番(近藤昇一君)今の御説明で、最終的に馬淵建設1社だったと。電子入札なんでね、結果として、そういう結果もあり得ると思うんですけども、1社だけでの入札という結果として、どうなのかなって私も思うんですよ。電子入札っていうことなんで、周りがね、どれだけ入札に参加しているかっていうのは、全くその業者自身もわからないという部分もあるんですけども。ただ、1社だけで結果を出してしまうというのはどうなんでしょう。いかがでしょう。
○総務部部長(石川嘉一郎君)本来ならば電子入札において多くの業者が参加していくことを望んでおるわけですけども、本件については1社が参加したということでございますが、これにつきましては、我々いろいろ関係機関、あるいはその実効性等について調査した結果、安全…入札の資格についての要件というものは1社においても満たしているということで、その契約執行に移らせていただいたわけでございます。
○7番(近藤昇一君)この予定価格は、事前公表でしたか。
○総務部部長(石川嘉一郎君)そのとおりでございます。
○16番(守屋亘弘君)3点ありますんで1件ずつお伺いしますけど、まず1点は、先般御説明をいただいたんですが、その際に、たしか平成8年時点で第1次耐震診断を行ったと。それから、その結果として、第2次耐震診断が必要だということで平成17年に第2次耐震診断を行って、その結果に基づいて、この工事を施工するんだということであったと思うんですが、第1次耐震診断と第2次耐震診断で10年間の間があいていたと思うんですが、それは財政的に問題があったのか、それとも、それだけ期間を置いても、なおかつ大丈夫だという判断だったのか教えてください。
○総務部部長(石川嘉一郎君)まず、その最初に診断を行いましたのは、公共施設として診断をさせていただいた中での年度がそれを行った年度でございまして、それ以後、耐震補強工事等含めた改修工事については、予算、財源等を検討しながら、一遍にはできませんので、順次計画をもって進めてきたということで、その期間があいてしまったということでございます。
○16番(守屋亘弘君)では2点目。当然、工事金額の積算は行われたと思うんですけれども、担当部署独自でされたんでしょうか。
○総務部部長(石川嘉一郎君)まず、耐震補強工事の診断については、その診断に数値…満たされない数値については、その補強が必要だという診断をした後に、どのような方法をもってその補強工事をするかというのは実施設計の中で積算をさせていただき、その事業費を出しております。したがいまして…事業費を出しております。したがいまして、その診断によって必要があって、次の段階で、それをどう工事の内容を施工していくか、その内容についての実施設計を行って事業費を算出し、次に工事の施工という段階を踏んで行っております。
○16番(守屋亘弘君)いや、単純にね、役場の担当部署ですべて積算できたのかということです。それをお聞きしているんですが。
○総務部部長(石川嘉一郎君)その点につきましては、業者に委託をしてございます。
○16番(守屋亘弘君)それから、入札結果なんですけれども、単純な質問で申しわけないんですが、これ1回目の入札で落札したと。非常にぴったりの数字になっています。
○総務部部長(石川嘉一郎君)入札結果については、1回目の入札で予定価格を下回っておりましたので1回ということになりますが、金額については相手方がその積算をして入れてくるものですので、その近いとか、差があるとかというのは、こちらではちょっと申しかねると思っております。
○議長(笠原俊一君)よろしいですか。
○15番(森勝美君)耐震についてでございますが、昨年改正されました建築基準法が、この20日から施行されるということになりまして、より耐震強度の検査が厳しくなっているというふうになっているんですが、この小学校の屋内運動場の耐震補強工事の構造計算の適合性判定は、きちんとされているものなのかどうか、これをお伺いしたいと思います。
○総務部部長(石川嘉一郎君)お尋ねの、新しい基準に基づいて適正に行われているかという点については、きちっと対応させていただいております。
○15番(森勝美君)この耐震に当たる判定員という人は、1級建築士などの中から試験に合格した人で、全国に1,561人しかいらっしゃらないんですね。20メートルを超える鉄筋コンクリート、マンションがほとんどの対象ということですが、この学校施設というのは、非常に子供たちの命にかかわりますし、それから避難所にもなっているっていうことも考えれば、より安全な構造が必要と思われますが、その点は、じゃあ心配ないということでよろしいんでしょうか。
○総務部部長(石川嘉一郎君)そのとおり、お見込みのとおりでございます。
○議長(笠原俊一君)他に質疑はございませんか。
○7番(近藤昇一君)細かいことで大変申しわけないんですけども、これについては、たしか全員協議会で現地を踏査させていただいた際にも発言はしてあるんですけども、この工事の際に各所ずっと修繕も行うと。ライトについても、室内灯についても改修を行うんだと言われたんですけども、その際、この葉山については町民体育館がないっていうような実情もありまして、各小学校・中学校の体育館については社会教育でも、いわゆる生涯学習でも使っておるという面で、やはり内部の改装の際には、学校だけでなく、やはり利用者団体、そういったところからの意見も聴取すべきだと思うんですけども、いかがでしょうか。
○総務部部長(石川嘉一郎君)ただいまのお尋ねの点ですけれども、私ども改修工事に当たりましては、教育委員会の方の御依頼…依頼等も含めまして、そこで、日ごろ意見の出ている情報…状況…条項について取り入れをさせていただいておりますが、今御指摘の点のライト等についても、長所・短所それぞれあるようでございますが、より安全性を確保するための手法として、現在はその工事を進めさせていただいているというのが実情でございます。
○7番(近藤昇一君)それでは、教育委員会の方にちょっと伺いますけども。小学校の体育館ですけども、実際には社会教育も使っていると。両方とも教育委員会の所管ですよね。そういう面では、一番その利用実態を把握されていますんでね、いわゆるあそこを利用している生涯学習関係の団体の意見もね、聞かれたのかどうかっていうところなんですけども。いわゆる私ども生涯学習で、あそこ体育館を使っても、そのライトがね、目に入るっていうのを、たまたま…たびたび聞くんですね。私自身もそういう経験何度もしてますんで、ライトのあり方っていうのは、やはり非常にいろんなスポーツにとって重要な問題かなとは思うんですけど、その辺は聞き取り調査とかそういうことをやられたのかどうか。
○教育長(木太郎君)この工事について、特別に聞き取り調査を実施したことではないんですが、過去にずっと使っている段階でいろんな御意見を聞いているわけです。そういうのを参考に設計者の方には申し上げたというところでございまして、それは、1つはハトが入ってですね、ハトのふんで滑ったとか、それから、今おっしゃるライトが消えているじゃないかとか、そういう御意見を聞いて、できるだけの簡単に直せる方法で対応してもらいたいという意見は設計者の方に申し上げたというところでございまして、多分、私が今言った2点については、対応ができたんじゃないかなというふうに考えていますけど。
○7番(近藤昇一君)今後の参考にはしてもらいたいと思うんですけども、多分、利用者の声というのは余り聞かれてないなって、今の答弁でね、思ったんですけども、やはり社会教育…これが町民体育館があればね、学校の体育館だから学校の意見を聞いて、それでつくれば、それでいいじゃないかっていう話になるんでしょうけども、実態としては、どこの体育館もほぼ夜間とかね、土・日、満杯状態ですよね。先般、私ども町民大会、バドミントンをやったときも、5時には次の団体が入っているから、町民大会は5時で切り上げるんだということで、決勝もまともに行わないで町民大会が終わるっていうようなね、そんな今状態なんですよ。そういう面では、やはり利用者の団体の声を聞く。特に、そのライトについてはね、球とか、羽根が光に入ってしまう。それは、大きな明るい照明を幾つか、数少なく配置すると、そうなるらしいんですね。その辺のやり方っていうのが、今回、全部球を…球っていうか、かさごと取りかえるということなんでね、改善するいい機会じゃなかったのかなと私は思うんですけども、それは今のところ、それは全く考えられてないわけですね。
○教育長(木太郎君)いや、全面的に改修いたしますんで。それとですね、一色小の体育館と同じように自動的に降りるようにしてもらう…してありますんで、どうしてもっていうことになれば、幾らでも対応は可能だと思いますけど。
○7番(近藤昇一君)そう簡単に直るもんであるならば、ぜひそれはね、ライトの、何ていうんですかね、まぶしくないライトっていうんですか。明るいけどまぶしくない、そういうのをやはり設置していただきたいなと。これはあるはずなんですよ。特に、スポーツ関係いろいろ調べていただければわかると思うんですけども、大きな体育館なんかでは、そういうやり方をやっているはずですから。単純に今までやっていたから、そのライトでいいやという、私はやり方じゃなくてね、ぜひそういう方向での検討をお願いしたいと思います。
○議長(笠原俊一君)他に。
○10番(加藤清君)耐震工事の方で床改修ということが出ておりますけど、束石根固めコンクリート、フローリング張りかえということで出ておりますけど、これは、今までどおりと同じようなやり方でしょうか。今、多分二重張りでやっていると思うんですけど。昭和48年当時の床は、そんなような感じでいいと思うんですけど、今多少スプリングがきくというかですね、若干やわらかい形になっているかと思うんですけど、どのような。フローリングはわかるんですけど、その下部の構造、全く今と同じような方法でやるのかどうかをお尋ねします。
○総務部部長(石川嘉一郎君)まず、床の構造については、現在計画しておりますのが、耐震性を持ったものでやりたいということで、その柱の部分を固定して、地震等によって、それが床が落ちないようにしたいと。その固定の作業を行います。
それから、今御指摘のように、その床については、現行とほぼ同じですけれども、弾力性の…弾性があるといいますか、そういうものについても若干の対応を図っていくということでございます。
○10番(加藤清君)先ほど、ちょっと専門的になってしまうんですけど、15番議員が言っておりましたけど、これ、建築基準法で…多分耐震補強工事ですから、建築基準法に基づいてやるんじゃなくて、多分耐震補強の方の工事でやるんじゃないかと思うんですけど、その点どちらですか。たしか、耐震補強工事は建築基準法外だと、私は聞いておりますけど、どうなんでしょうか。
○総務部部長(石川嘉一郎君)床改修については御指摘のとおりでございます。
○10番(加藤清君)床改修って耐震工事、これ全体のブレスも含めて、それでよろしいですか、今の答えでよろしいですか。
○総務部部長(石川嘉一郎君)そのとおりでございます。
○議長(笠原俊一君)他にございますか。
○12番(鈴木道子君)1点お伺いをさせていただきます。この改修工事で、屋根の改修という表記がなされておりますけれども、私は雨漏りという点についてお伺いいたします。今回は、耐震補強ということで大規模な改築等ではございませんので関係ないとは思いますが、過去の木古庭、そして上山口、また新しいところでは町立保育園、すべてに雨漏りが発生しております。このことから屋根の改修を今回する場合に、今までの雨漏りは、例えば、言ってみれば奇をてらった設計上の問題であるか、または不可避的な問題であるか、原因は定かではございませんが、今回この施工の途中での、例えば職員の方の現場の立ち会いですとか、定期的な打ち合わせ、こういうものは何回ぐらい、どういう間隔でなされるのかをお伺いいたします。
○総務部部長(石川嘉一郎君)屋根の改修工事につきましては、過去に当初の屋根から、さらに改修を1回しております。その上部部分について老朽化といいますか、今回の改修工事で取りかえるということで、雨漏り等の対策も講じていくわけですけれども、それに関する打ち合わせ等については、ほぼ毎日の形で打ち合わせをしていくということでございます。
○12番(鈴木道子君)この建物の雨漏りというのは、大変に基本…ごく基本的な部分だと思いますので、ぜひ今までの建築のいろいろな不備の点を踏まえまして、重念にしていただきたいということを申し上げておきます。
○9番(佐野司郎君)お断りしておきますけど、苦情でも何でもないんですけども、体育協会に総合施設の検討部会というのがございまして、多分そこで検討されたことが役所の方に上がっていると思うんですけれども、この御時世でございますので、新しい体育館はそういう時期が来るまではあきらめたと。ただし、学校施設をお借りしているので、できれば、そういう機会がありましたら、もう少しコートをもう1面取れるだとか、あるいは床の弾力だとか、照明だとかということで、そういう機会に配慮していただきたいという意見は出ているはずなんですけれども、何の相談もなかったみたいなんですけれども。この学校の補強もありますけれども、こういう機会に建て直しなり、増築なりという根本的な改善の、それは社会教育をにらんでの話ですけれども、そういうことは検討されないのでしょうか。大変残念だと思うんですけれども、もし次の機会がありましたら、そういうことは、やはり検討して、建て直したら幾らかかるのか、あるいは、その間、学校教育にどういう影響が及ぼされるのかというのは、やはり検討すべきだと私は思っておりますので、ちょっと、この審査とはかけ離れますけれども、意見として言わせていただきます。
○議長(笠原俊一君)質疑でなくてよろしいでしょうか。
○教育長(木太郎君)今、佐野議員から、体育協会の方からは確かにいろんな御意見出ていたんですが、先ほど近藤議員の方から言われたのは一般町民からの意見を聞いてるのかというふうに、ちょっと聞いたように考えましたんで、いや、それはやっておりませんということだったんで訂正させていただきますけども、体育協会からは、確かに総合…町の総合体育館がどうなんだということで検討していただいた事実がございまして、それに伴って、いろんな御意見をいただいて、できればシャワー室をつくってくれないかとか、トイレを改修してくれないかという。それで、今のところはしのぐしかないねというのが体育協会の検討部会のお話だったと思うんですが。今回は財政上の関係もございますし、とにかく最小限安心して運動ができる場所をつくってもらいたいということでお願いしているところでございまして、でも最小限と言いつつ、床も老朽化しておりますし、台風のときに雨漏りもしたということもあるんで、屋根の改修もしてもらうということで、最小限のところでやっておりますけども、今言った、少しトイレの改修も今回入っておりますから、多少は使いやすくなるんではないかなというふうに考えておりますけども、建て直すときにはどうなんだというお話もありますけども、やはり子供の体育施設でございますので、どこか代替の場所がですね、ないと、恐らく1年ぐらいのオーダーになってしまうんじゃないかなと思うんですね。そうすると1年間全然使えないっていうのは、ちょっと問題があるんで、その間グラウンドが小さくなっていいのかとか、全体的な学校建設を考えていかなきゃいかんかなということで、今のところは改修で済まされるものについては改修にしていきたいと、そういうふうに考えております。
○9番(佐野司郎君)最初にお断りしたとおり、別に今回目いっぱいの対処であることは私もわかっておりますけれども、もし、この先、学校施設しかもうありませんので、社会教育の体育施設について御配慮いただけるんならば、そういう機会に一応検討していただいて、こういうわけでどうしてもだめなんだとか、あるいは、ここまでしかできないんだというようなことを、もし明らかにできれば、それなりの納得ができていくんじゃないかと思いますので、余計なことですけども頭に置いていただきたいと思います。
○12番(鈴木道子君)再度申しわけありません。1点だけ意見を申し上げさせていただきます。みんなのトイレについてでございますが、ここについてはオストメイトの方の対応をしてないというお話がございました。このオストメイトの方、パーセンテージ的にはたくさんの方ではないと思いますけれども、また海岸の方にオストメイト対応のトイレがございまして、そこのところが不測な使われ方がしているというお話も聞いております。この葉山小学校におきましては、特にここは障害者の運動会もなされるところであり、また、この屋内であるということから、その不測な使われ方は余りなされないというふうに想定がされます。身障者の運動会がなされている場所だということも考えますと、このオストメイトの対応ということも、このみんなのトイレにつけるべきであったというふうに思っておりますが、今回のこと、また今後のことについてお伺いをさせていただきます。
○町長(守屋大光君)ただいまの9番議員、それから7番議員、また今、鈴木道子議員からいろいろな御意見がございました。それぞれ私も全くこの異論がなく、厳粛に御意見として承りまして、次回こういうようなケースがあった場合には、その御意向を生かしてまいりたいと思います。
○議長(笠原俊一君)他に。
○7番(近藤昇一君)すいません。若干議題と外れるんで、確認だけちょっとさせていただきたいんですけども。先ほど、12番議員からの発言で、保育園の雨漏りということが発言があったんですよね。確かに、私もブルーシートを天井…天井じゃない、屋上にブルーシートを一生懸命敷いているのを見たことがあるんですけども、実際に雨漏りがあったのかどうか。もしあったとすれば、後ほど委員会の方で、またいろいろ議論させていただきたいと思うんですけども、それは事実でよろしいんでしょうか。
○町長(守屋大光君)新しい保育園にブルーシートが屋上にですか。ちょっと私、事実承知しておりませんので、早急に調べて、御返事させていただきたいと思います。
○議長(笠原俊一君)よろしいですか。
○8番(畑中由喜子君)これが体育館の中で行われる各競技にどのような影響が出るかわかりませんけども、公共施設に関しましては、やはり省エネ対策、地球環境への配慮ということがなされなければいけないんじゃないか、前から私申し上げているんですけども、この間、新聞でちらっと見たのが、国が白熱灯の使用制限をしようというところまで踏み込むようなことがありましたよね、記事がありました。ちょっと詳細に関して、まだ私も承知してないんですけれども、それが可能かどうかわかりませんが、やはりこういう大規模な改修工事が行われるときには、環境への配慮、地球環境への配慮ということも十二分に考慮されるべきだと思いますが、いかがでしょうか。それを取り入れていただけますでしょうか。
○町長(守屋大光君)今、当然そのような点も考慮に入れなければならんと思っております。今、こうやって議員の皆様方から、いろんな御意見をちょうだいいたしておりまして、幹部職員全部そろっておりますので、厳粛に受け…私だけでなく、職員全員が承知いたしておると思います。したがって、今後そのようなケースがあった場合については、十分この御意向を生かした対応を図ってまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたしたいと思います。
○15番(森勝美君)耐震の問題ですので、葉山小学校の体育館のみならずですね、校舎の方は以前に補強工事済んだはずですが、気になりますのは、せんだって新聞の方に、当町の小学校が耐震性がないと判定された棟数が12、IS値0.3未満が2というふうな数字が載っていまして、改めて私も教育委員会に伺ったんですけれども、同じ校舎でも1つというふうに数えないで、幾つかに分かれるというふうな説明をいただいたんですが、この件では、葉山小学校の体育館、それから…は、今後完全に耐震化されるわけですけれど、その他について、この、読んだ方は…この新聞読んだ方は、かなりPTAのお母さん方が御心配されているようなので、これについての説明をしていただけるかどうかお伺いしたいんですが。
○町長(守屋大光君)私も森議員と同様に、あの新聞記事だけ単純に解釈いたしますと、非常に心配になったわけでございます。よく担当を呼んで調べたところ、あれは棟数なんだそうでございます。したがって、本来なら面積で表示すべきだと思うんですけども、棟数でやってくると、ほんの小さな建物もカウントされるわけで、パーセンテージからいくと、ああいうパーセンテージになってしまう。それだったら、そういう危惧を抱かせないような対応をという視点で考え場合には、小さい建物からどんどんどんどん進めていった方が早いわけでございます。例えば、葉山小学校のあれだけ大きい校舎も1棟だし、倉庫みたいなのも1棟なわけでございます。したがって、そういうようなことでございますので、もしそういう町民からのお問い合わせがあったら、森議員もそういうことなんだということで御説明いただければありがたいと思います。
○議長(笠原俊一君)議案第5号の審査からだんだん外れてきていますので、議案第5号の審査にかかわるものとしてやっていただきたいと思いますが、他に質疑はございますか。
(「なし」の声あり)
質疑なしと認めます。
お諮りいたします。議案第5号は原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
(「異議なし」の声多数)
御異議なしと認めます。よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。


○議長(笠原俊一君)日程第6「議案第6号工事請負計画の締結について【葉山処理区一色2号幹線築造工事(その1)】」を議題といたします。朗読
(書記朗読)
○議長(笠原俊一君)提案者の説明を求めます。
○総務部部長(石川嘉一郎君)議案第6号につきまして御説明申し上げます。
この工事は、公共下水道の一色2号幹線築造工事でございまして、請負契約金額、消費税及び地方消費税の額並びに請負契約の相手方につきましては議案書に記載のとおりでございます。
仮契約までの経緯について御説明申し上げますと、契約の執行に当たりましては設計金額が500万円以上であるため、葉山町条件付一般競争入札実施要領によりまして、地方自治法施行令第167条の6の規定により5月7日に条件付一般競争入札を公告いたしました。
主な参加資格要件といたしましては、葉山町競争入札参加資格認定を受けていること、建設業法第27条の23第1項の規定に基づく経営事項審査を受け、その経営事項審査結果通知書における土木一式工事の総合評点が1,101点以上であること等の資格要件といたしました。5月16日まで設計図書の閲覧及び設計図書の販売を委託し、同日から入札参加資格確認申請の受け付けを行いましたところ、20社から申請があり、審査の結果、全社が参加資格要件を満たしておりました。業者につきましては、お手元に配付させていただきました入札結果に記載してございますので、業者名は省略させていただきます。
電子入札による開札を6月1日に行いましたところ、お手元に配付させていただきました資料のとおり8,500万円で株式会社森本組が最低価格でありましたが、予定価格が2,500万以上の工事につきましては、公共工事低入札価格調査案件となっており、今回の入札額は調査基準額を下回りましたので、落札は保留とさせていただきました。この間、業者の調査及び事情聴取を行った結果、契約の内容に適合した履行がされると認められましたので、落札者といたしました。これによりまして、仮契約は本年6月7日に契約させていただきました。
この工事につきましては、公共下水道計画に基づき、幹線管渠等の布設を行うものでございます。工事の場所、区域につきましては、添付させていただいております資料のとおり、一色橋付近から一色小学校付近までの着色されている部分で、延長約337メートルを施工させていただくものでございます。工法といたしましては、推進工法で施工いたします。工事の竣工期限につきましては、平成20年3月26日を予定しております。
以上で説明を終わらせていただきます。よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。
○議長(笠原俊一君)提案者の説明が終わりましたので、これより質疑を行います。
○4番(待寺真司君)ありがとうございます。今回、入札結果、きょう拝見したわけなんですが、この入札した業者なんですけれども、これまでに町内の幹線、あるいは管渠の工事をされていた実績があるのか。それからまた、これまで、ちょっときょう調べられませんので、入札の参加実績など、もしわかりましたら教えていただきたいんですが。
○総務部部長(石川嘉一郎君)今回の森本組に関しましては、町のこれまでの工事実績はございません。17年度工事実績を見てみすまと62件、行政機関で43件、民間の19件、合わせて62件の工事の実績が出されております。以上でございます。
○4番(待寺真司君)全員協議会で現地の方も見させていただきまして、私の自宅からも近いところで、当然スクールゾーンというか一色小学校の近くで、大変子供たちが多く通る地区であります。そこで、入札価格が、今回、今、部長から御説明いただきましたので、聞き取り調査で問題がないということなんですが、いわゆるこういった公共工事において、工事費の中で安全部分で約10%ぐらいの費用をどこの業者も見ているということで、やはりこれだけ落札価格が低いと、そこの安全部分に関して若干不安がやっぱり出てくるなという気はあるんですが、その辺に関しては、業者と十分な今後、今仮契約の段階でも恐らくそういった要綱でしっかりと定めていただいていると思うんですけれども、本契約になった際に、さらに、その安全面の強化ということを、ぜひしっかりと取り組んでいただきたいと思うんですが、よろしいでしょうか。
○総務部部長(石川嘉一郎君)低入札価格によります今回の案件については、それぞれの項目について事業者が、その工事の状況はどうであったか、あるいは施工状況、地理的条件等々調査を行った結果、それは確認の中ではできるということで、今回その該当者として…させていただいたわけですけれども、やはり今御指摘のように工事の質の低下があってはなりませんので、それから安全施工も含めて町の方では、その失格基準というものも設けております。ある一定の額を下回った場合は質の低下につながったり、賃金等々、いろいろな問題がありますので、それを下回ってないということも今回含めて、その入札業者とさせていただいたところであります。
○4番(待寺真司君)最後なんですけども、要望させていただきたいんですが、現地踏査で職員から説明を受けた際に、非常にカーブで若干見通しの悪いところに立坑を2.5メーター直径で掘ります。非常に昼間の工事ということで、子供たちも多分行き交うところだと思いますので、特に警備に当たる業者、これに関しての、ぜひ情報をわかったら、その後教えていただきたいということと、やっぱり警備上で問題があった場合には即座に対応していただきたいということで、ぜひ入札決定の業者との契約等に盛り込んでいただければというふうに要望させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
○議長(笠原俊一君)他に質疑はございませんか。
○16番(守屋亘弘君)3点ばかりあるんで、それぞれについて1点ずつ区切って質問いたします。本工事の予算策定に当たって積算したのは下水道課でよろしいんでしょうか。
○生活環境部部長(石川恵一君)そのとおりです。
○16番(守屋亘弘君)では、2番目。先ほど、総務部長から入札関連の経緯について御説明をいただいたんですけれども、ちょっと確認で恐縮ですが、20社が入札参加を表明したと。それでなおかつ、ここの表で2社が辞退したということですよね。事実関係だけで結構なんですけれども、入札価格も書かずに辞退したと、そういうことの理解でよろしいんですね。
○総務部部長(石川嘉一郎君)確かにそのとおりです。入札参加したいということで20社出ましたけれども、入札の札を入れるときには辞退されている。どういう事情かは、ちょっと確認はしておりませんけども、そういう状況でございます。
○16番(守屋亘弘君)最初の質問とも関連するんですけれども、この予定価格は、当然本件の工事の予算よりも下回っていると思うんですが、先ほど来、話が出ている予定価格と、それから実際の落札価格で4,000万前後の開きがあると。最終的な締めを行った場合に、その差額は不用額ということで処理されるということでよろしいんでしょうか。
○生活環境部部長(石川恵一君)毎年、不用額出るわけですけども、下水道事業、少ない予算の中でやらさせていただいております。整備お待ちの方々もおられます。整備していきたい地域も当然ございます。そういう中に充てていければと、そのように考えております。
○議長(笠原俊一君)他に質疑はございませんか。
(「なし」の声あり)
御質疑がなければ、これにて議案第6号の質疑を終わります。
お諮りいたします。議案第6号は原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
(「異議あり」の声あり)
異議ありますので、本件につきましては討論を終結をいたします。これより採決を行います。本件については、起立により採決を行います。議案第6号については原案のとおり可決する方は御起立願います。
(挙手多数)
起立多数により、議案第6号は可決されました。


○議長(笠原俊一君)日程第7「議案第7号神奈川県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について」を議題といたします。朗読。
(書記朗読)
○議長(笠原俊一君)提案者の説明を求めます。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)議案第7号神奈川県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についての御説明をさせていただきます。
提案理由にもございますとおり、城山町及び藤野町が相模原市に編入されたことに伴い、神奈川県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数が減少するため、地方自治法第291条の3第1項及び市町村の合併の特例等に関する法律第14条第1項の規定により、神奈川県知事へ申請するため、地方自治法第291条の11の規定に基づき、関係市町村の議会の議決を得る必要があるため提案させていただくものであります。
以上で説明を終わらせていただきます。どうぞよろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。
○議長(笠原俊一君)提案者の説明が終わりましたので、これより質疑を行います。
(「なし」の声あり)
質疑がなければ…。(発言を求める声あり)
○6番(阿部勝雄君)私の記憶違いなら撤回しますけど、たしか、この負担金の中で均等割というのがたしかあったと思う。ブロック別に均等割があったような記憶をしています。そのブロックの中の町村が減ったということは、1人…町の負担が少しでもふえるのかどうか、その辺、私の記憶違いなら撤回しますけれども、たしかあったと記憶しているんですが、いかがですか。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)19年度予算におきましては、この2の町のですね、相模原への合併編入というものが既に予定されておりましたので、その分を含めた均等割にまずなっているということでございます。したがって、19年度予算にかかるところの予算に何ら変更があるわけではございません。
○6番(阿部勝雄君)均等割、今言ったようにブロック別の均等割がたしかあったということは間違いない。それで、もともと合併によって数が減るんだと。そこを見込んでの予算化だったと、こういう解釈ですか。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)まず、均等割は横浜市から清川村まで全部一緒の均等割でございます。率は10%ということになっております。
○6番(阿部勝雄君)私のあれが記憶違いで、じゃあ均等割とは各市町村全部同じ、そういう均等割、そういう意味ですか。
○保健福祉部部長(根岸隆男君)そのとおりでございます。
○6番(阿部勝雄君)そうしますと、今度全体で2つ減っちゃいますね。全部で町村が1つになって均等割だと、今までは市でも何でも2つ減って1つになって、3つのあれが1つになっちゃいますから、均等割はふえますね。違いますか。ふやさないのか。今の均等割はプラス2のあった均等割で来てますよね、総額の。そうすると、今度は2つ減った均等割のあれするから、ふえますよね。そういう意味でいいんですか。
○町長(守屋大光君)きょう、これ、今お諮りしているのは、もう見込んだ上の、この変更でございますので、また、将来の…今、阿部議員の懸念されている将来の問題については、合併があるのかないのか、まだ今の段階でわかりませんので、それで、さらに、その合併が進んだ場合に従来どおり均等割でいくのか、またそれも、また見直す方向で考えるのか、ちょっとそこらも確定しているわけじゃございませんでしょうし、その時点で御議論願えればありがたいと思います。
○議長(笠原俊一君)他に質疑はございませんか。
(「なし」の声あり)
御質疑がなければ、これにて質疑を終結いたします。
お諮りいたします。議案第7号は原案のとおり可決することに異議ありませんか。
(「異議なし」の声あり)
異議なしと認めます。よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。


○議長(笠原俊一君)日程第8「議案第8号人権擁護委員の推薦について」、日程第9「議案第9号人権擁護委員の推薦について」の2件を一括議題といたします。朗読。
(書記朗読)
○議長(笠原俊一君)提案者の説明を求めます。
○総務部部長(石川嘉一郎君)議案第8号及び議案第9号について御説明申し上げます。
人権擁護委員の定数につきましては、人権擁護委員定数規定第1条に基づき、各市町村の人口に応じて定められており、人口3万人以上4万人以下の市町村にあっては8名となっております。本町におきましては、現在6名が人権擁護委員として委嘱されておりますが、近年の人権擁護に関する取り組みの現状等をかんがみ、このたび新たに2名を委員として推薦するものでございます。新たに推薦したい人権擁護委員として法務大臣に推薦する方は、第8号として葉山町堀内2021番地、昭和17年11月28日生まれ、有友光代氏、満64歳。第9号においては、葉山町長柄1562番地、昭和18年5月8日生まれ、山藤英昭氏、満64歳の2名であり、有友氏及び山藤氏の推薦に当たりまして、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものでございます。なお、両氏の略歴につきましては、お手元に配付させていただきました議案資料のとおりでございます。よろしく御審議をいただきますようお願い申し上げます。
○議長(笠原俊一君)提案者の説明が終わりましたので、これより日程順に質疑を行います。
最初に、議案第8号について質疑を行います。
(「なし」の声あり)
質疑がなければ、これにて議案第8号の質疑を終わります。
次に、議案第9号についての質疑を行います。
(「なし」の声あり)
質疑がなければ、これにて議案第9号の質疑を終わります。これにて質疑を終結いたします。
お諮りいたします。議案第8号及び議案第9号は原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
(「異議なし」の声あり)
異議なしと認めます。よって、議案第8号及び議案第9号は原案のとおり可決されました。


○議長(笠原俊一君)日程第10「報告第1号専決処分の報告について」を議題といたします。朗読。
(書記朗読)
○議長(笠原俊一君)提案者の説明を求めます。
○総務部部長(石川嘉一郎君)報告第1号につきまして御報告申し上げます。
専決処分書にもありますとおり、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、全国自治協会町村有自動車共済業務規約の範囲内で町が当事者である和解及び損害賠償の額を定めることについて専決処分をさせていただきましたので、その報告をさせていただくものであります。
事故の内容につきましては、本年2月16日、午前9時43分ごろ、消防総務課課長代理山田利一が運転する消防専用車が、神奈川県庁へ出張途中、神奈川県庁第2分庁舎前の北仲通2丁目交差点において一時停止をいたしましたが、駐車車両があり視界が悪かったため、徐行して交差点に進入した際、優先道路から交差点に進入してきた株式会社丸信商会運輸のドライバーが運転する同社所有のトラックと接触し、同車両の左前部分を損傷させたものでございます。和解の内容につきましては、当事者協議の結果、本件事故による町の過失を70%、株式会社丸信商会運輸の過失を30%とし、消防専用車の修理代とトラックの修理代に対する双方の負担額を相殺した額5,326円を町が同社に対して支払うことで、3月19日に和解が成立し、3月30日に支払いを終了しております。以上で報告を終わらせていただきます。
○議長(笠原俊一君)提案者の説明が終わりました。本件の報告を終わりたいと思いますが、特に質問等ございますか。
(「なし」の声あり)
これをもって、報告第1号を終わります。


○議長(笠原俊一君)日程第11「報告第2号専決処分の報告について」を議題といたします。朗読。
(書記朗読)
○議長(笠原俊一君)提案者の説明を求めます。
○総務部部長(石川嘉一郎君)報告第2号について御報告申し上げます。
専決処分書にもありますとおり、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、全国自治協会町村有自動車共済業務規約の範囲内で、町が当事者である和解及び損害賠償の額を定めることについて専決処分をさせていただきましたので、その報告をさせていただくものでございます。
事故の内容につきましては、本年3月23日、午前0時40分ごろ、町民課課長代理石川節子が、横須賀市総合福祉会館での会議終了後、昼食のため立ち寄ったレストラン駐車場で食事を済ませ、帰庁する際、駐車中の小森祐子さん所有の乗用車に接触させ、同車両の後部バンパー左部分の一部を損傷させたものでございます。和解の内容につきましては、当事者協議の結果、本件事故による、町の過失を100%とし、小森さんに対し、車両の修理代3万7,066円を支払うことで4月3日和解が成立し、4月17日に支払いを終了いたしております。以上で報告を終わります。
○議長(笠原俊一君)提案者の説明が終わりました。本件の報告を終わりたいと思いますが、特に御質問はございますか。
(「なし」の声あり)
これをもって、報告第2号を終わります。


○議長(笠原俊一君)日程第12「報告第3号平成18年度葉山町一般会計予算繰越明許費繰越計算書」を議題といたします。朗読。
(書記朗読)
○議長(笠原俊一君)提案者の説明を求めます。
○総務部部長(石川嘉一郎君)報告第3号につきまして御説明申し上げます。
この報告につきましては、平成18年の第4回定例会及び平成19年の第1回定例会におきまして、それぞれ平成18年度葉山町一般会計補正予算(4号)及び(5号)について追加補正をさせていただき、翌年度に繰り越して使用できることとされました繰越明許費につきまして、地方自治法施行令第146条第2項の規定により繰越計算書を調整いたしましたので、同項の規定により報告するものでございます。内容につきましては、繰越計算書に記載のとおり、第2款総務費、第1項総務管理費の介護保険システム修正委託。次に第3款民生費、第2項児童福祉費の子育て支援センター設置準備事業。そして、第5款農林水産業費、第2項水産業費の真名瀬漁港再整備事業及び第6款商工費、第1項商工費の森戸海岸北公衆トイレ建設工事の4事業について、それぞれ記載の金額を翌年度に繰り越しいたしましたので御報告いたします。
以上で報告を終わります。よろしくお願いいたします。
○議長(笠原俊一君)提案者の説明が終わりました。本件の報告を終わりたいと思いますが、御質問等ございますか。
○10番(加藤清君)次の報告…ごめんなさい。第3号と第4号に関連するんですけど、たしか以前、これ全部事故繰り越しだと思うんですけど、理由を出していただいたときもあったと思うんですけど、今回計算書だけというのは何か理由があるんですか。
○総務部部長(石川嘉一郎君)ただいま報告で申し上げたとおり、18年の第4回、それから19年第1回の定例会において、繰り越しする際に、それぞれその理由を記載した繰り越しの内訳書を皆さんに御配付させていただいていると思います。それによって、今回は、その繰り越しした額を調整したことで、法に基づく議会への報告ということですので、今回報告をさせていただいたということでございます。
○議長(笠原俊一君)他に質問はございますか。
(「なし」の声あり)
これをもって報告第3号を終わります。


○議長(笠原俊一君)日程第13「報告第4号平成18年度葉山町下水道事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書」を議題といたします。朗読。
(書記朗読)
○議長(笠原俊一君)提案者の説明を求めます。
○総務部部長(石川嘉一郎君)報告第4号につきまして御説明申し上げます。
この報告につきましては、さきの第1回定例会におきまして、平成18年度葉山町下水道事業特別会計補正予算(3号)において追加補正をさせていただき、翌年度に繰り越して使用できることとされた繰越明許費につきまして、地方自治法施行令第146条第2項の規定により、繰越計算書を調整いたしましたので、同項の規定により報告するものでございます。内容につきましては、繰越計算書に記載のとおり、第2款事業費、第1項下水道整備費の葉山処理区(長柄)枝線築造工事(その8)につきまして、記載の金額を翌年度に繰り越しいたしましたので、報告するものでございます。
以上で報告を終わります。
○議長(笠原俊一君)提案者の説明は終わりました。本件の報告を終わりたいと思いますが、御質問等ございますか。
(「なし」の声あり)
これをもって報告第4号を終わります。


○議長(笠原俊一君)日程第14「報告第5号土地開発公社の経営状況に関する説明書の報告について」を議題といたします。朗読。
(書記朗読)
○議長(笠原俊一君)提案者の説明を求めます。
○総務部部長(石川嘉一郎君)報告第5号につきまして御説明申し上げます。
初めに、平成18年度葉山町土地開発公社事業報告及び決算報告につきまして御説明申し上げます。報告書の1ページをお開きいただきたいと存じます。1の事業の概要でございますが、平成19年1月15日付で葉山町長より業務執行依頼がありました一色上原地区の公共公園用地を平成19年3月30日に1億6,000万円で国より取得したものでございます。2の一般庶務事項でございますが、記載のとおり定款の規定に基づき、理事会へ事業報告書、決算報告書、一色上原地区の公共公園用地取得についての議案及び予算、事業計画及び資金計画を提出し、議決を得たものであり、また町長に対し、事業報告及び決算報告を提出したものでございます。3の理事会及び議案につきましては、3回の理事会を開催し、その内容は記載のとおりでございます。
次に、2ページは公社の役員、3ページには公社の職員で、それぞれ記載のとおりでございます。
次に4ページをお開きいただきたいと存じます。財産の目録の資産の部の現金及び貯金につきましては、合計金額632万5,203円となっております。公有用地につきましては、平成19年3月30日に国より購入いたしました公共公園用地分として1億6,000万円となり、資産合計といたしましては1億6,632万5,203円となっております。負債の部の固定負債の長期借入金につきましては、公有用地の1億6,000万円を金融機関より借り入れたものでございます。
続きまして、5ページの損益計算書につきましては、2の事業原価として公共公園用地の原価1億6,000万円でございます。経常損失につきましては、事業原価から事業外収益を差し引いた1億5,999万8,165円でして、当期純損失及び当期損失も同額となっております。
6ページの貸借対照表、7ページの基本金明細書、8ページの平成18年度事業外収益内訳表につきましては、それぞれ内容は記載のとおりでございます。
続きまして、9ページの公有用地明細書につきましては、平成19年3月30日に国から購入いたしました公共公園用地の明細で、当期内の増減を記載したものでございます。
10ページは、公有地取得に係る長期借入金明細書で、内容は記載のとおりでございます。
次に、次のページの監査報告でございますが、本年5月29日に定款第7条第4項に基づく監査、監事2名による監査報告をいたしたものでございます。
続きまして、平成19年度の事業計画収支予算につきまして御説明申し上げます。
1ページ目をお開きください。平成19年度葉山町土地開発公社事業計画でございますが、公有地の用地取得事業計画として、1億円を設定させていただいておりますが、公有地取得事業につきましては、町が進めております都市計画道路五ツ合森戸線、向原森戸線、一色下山口線、町道下山口上山口線の用地を地権者の協力が得られた場合、土地開発公社の介在により、適宜迅速に取得できるよう措置するものでございます。
続きまして、2ページ目の予算につきましては記載のとおりでございますが、収入の部の補助金と支出の部の支払利息の209万6,000円につきましては、町からの公共公園用地取得に伴う金融機関への支払利子補給分でございます。
資本金収入及び支出につきましては、3ページに記載のとおりでございます。
続きまして、4ページの平成19年度予定貸借対照表、5ページの販売費及び一般管理費、6ページの資金計画につきましては、記載のとおりでございます。
以上で説明を終わらせていただきます。よろしくお願い申し上げます。
○議長(笠原俊一君)提案者の説明が終わりました。本件の報告を終わりたいと思いますが、御質問等ございますか。
(「なし」の声あり)
これをもって報告第5号を終わります。


○議長(笠原俊一君)以上で本日の日程は全部終了いたしました。明日から6月25日までの4日間は、委員会等開催のため休会とし、来る6月26日、午後2時再開といたします。
本日はこれにて散会いたします。御苦労さまでした。(午後2時41分)




トップ会議録検索平成19年度第2回定例会 > 6月21日
 
 All Right Reserved,COPYLIGHT@HayamatownCouncil