葉山町議会 Hayamatown Council Homepage  
トップ意見書・決議 > 来年4月に行われる消費税増税の撤回を求める意見書


意見第9号


来年4月に行われる消費税増税の撤回を求める意見書


 安倍晋三政権が実施を決めた来年4月からの消費税の税率5%から8%への引き上げは、総額で8兆円に上る巨額の負担を国民に押し付けるものである。
 物価を上昇させ、国民の消費を冷え込ませて、暮らしと経済に壊滅的な打撃を与える。しかもそのあとには再来年10月から消費税の税率をさらに10%に引き上げる増税が待ち構えている。消費税の増税を押し付ける一方、大企業の法人税を減税するなど論外である。消費税増税との「一体改革」と称した医療、介護、年金など社会保障の改悪も目白押しである。国民はこのような庶民大増税を認めていない。
 よって、葉山町議会は国に対して、経済状況の不安が解消されない中で来年4月に行われる消費税増税の撤回を求めるものである。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成25年10月4日

葉山町議会

提出先
 衆議院議長 参議院議長 内閣総理大臣 総務大臣
 財務大臣 経済産業大臣 社会保障・税一体改革担当大臣



 
 All Right Reserved,COPYLIGHT@HayamatownCouncil