葉山の町政

パブリックコメント(意見募集) 36

最終更新日:2015年7月14日

意見募集は終了しました。
個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例(仮称)制定に対するパブリックコメント(意見募集)


 行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(以下「番号法」といいます。)が、平成25年5月31日に公布されました。
番号法に基づく、社会保障・税番号制度(以下「マイナンバー制度」といいます。)は、住民票を有する全ての方に1人1つの番号(「マイナンバー」又は「個人番号」といいます。)を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるものです。
 マイナンバーは、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平かつ公正な社会を実現する社会基盤になります。
 今後の予定は、平成27年10月に、皆さんにマイナンバーを通知するための通知カードが配布されます。平成28年1月以降には、様々なことに利用できる個人番号カードが申請により交付されることとなるとともに、社会保障・税・災害対策分野の手続きにマイナンバーが必要になります。皆さんは、年金・雇用保険・医療保険の手続、生活保護・児童手当その他福祉の給付、確定申告などの税の手続などで、申請書等にマイナンバーの記載を求められることとなります。
 葉山町においても、 マイナンバーの利用とマイナンバーをその内容に含む個人情報ファイルの提供を適切に行っていくため、条例を制定する必要があります。
 このパブリックコメントは、今回の制定の概要・考え方についてご意見をうかがうものです。
 また、条例制定に当たっては、条例案を外部の有識者から構成される葉山町個人情報保護審査会に諮問し、答申を得る予定になっております。

マイナンバー制度については、こちらをご参照ください。
社会保障・税番号制度

制定の内容
 個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例(仮称)の制定について(概要版) (PDF 15KB)
 個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例(仮称)の制定について(詳細版) (PDF 106KB)
制定内容の閲覧方法
 町ホームページ、役場1階情報コーナー、役場2階総務課、図書館、福祉文化会館
意見募集期間
 平成27年6月9日(火)から平成27年7月9日(木)まで
意見を提出できる人
 町内に居住、勤務又は通学する人及び町内で事業を営む人並びに施策等に利害関係があると認められる人
意見の提出方法
 住所、氏名、連絡先、勤務先(必要に応じて)、意見を記載のうえ、郵送、FAX、電子メール、持参により総務課情報管理係までご提出ください。様式は問いませんが、上記の閲覧できる場所やホームページに応募用紙を掲載しています。
 応募用紙はこちらからダウンロードできます。
 個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例(仮称)制定に対する意見提出用紙(PDF版 14KB  WORD版 18KB  )
・直接持参:総務課情報管理係 ※受付時間:平日8時30分~17時
・郵送:〒240-0192 三浦郡葉山町堀内2135番地 葉山町総務課情報管理係
・FAX:046-876-1717
意見の公表等
 いただいたご意見は、個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例(仮称)制定の参考とするとともに、後日公表します。なお、いただいたご意見に対する個別の回答はしませんので、あらかじめご了承ください。
問合せ先
〒240-0192 神奈川県三浦郡葉山町堀内2135番地
葉山町総務部総務課情報管理係
電話:046-876-1111(内線271)
FAX:046-876-1717