葉山の町政

一色小学校新館 12月20日

最終更新日:2012年12月20日

「町長と葉山のはなし」開催結果の概要

「町長と葉山のはなし」

※「町長と葉山のはなし」(一色小学校新館)アンケート集計結果はこちら  

1.日時

平成24年12月20日(木) 10時~12時00分

2.場所

一色小学校新館

3.出席者

28人

4.町長より

 最初に、今日の新聞報道にありました、ゴミの訴訟問題についてご報告いたします。前町政時に広域化離脱に対して横須賀市・三浦市から訴訟を起こされており、昨日、高等裁判所の判決がでました。不法行為や債務不履行は認められず、地裁の判決どおり395万円の支払いの判決でした。27日に横須賀市議会で上告についての最終決定がありますが、町としては裁判の長期化を避け、裁判を終結させるべく対応してまいります。
 今年1月に町長に就任してから11ヶ月がたちますが、まず、人件費の削減に取り組んでまいりました。今まで一般交渉は行われなかったのですが、昇給停止や定率削減により、4年間で2億4千万円の削減を見込んでいます。また、接客マニュアルの作成や庁舎内のレイアウトの改善について、職員が自発的に声を上げ、接遇向上委員会を立ち上げました。今後、成果を見てほしいと思います。
 また、今年度は防災に力を入れてまいりました。自主防災組織に力をつけてもらい、自助・公助・共助の、共助の部分を担ってもらいたいと思います。防災行政無線につきましては、壊れて音が出ない、共鳴して聞き取れないなどの意見が多数ありましたが、来年度中に無線機の交換工事を行い、特に難聴地域については調査を重ねながら、問題解消に向け取り組んでまいります。今月26日にはハザードマップを全戸配布いたしますが、ケガの応急処置の方法や風水害被害についてなどを掲載した防災ガイドブックを作成し、来年3月に全戸配布できるよう、現在準備を進めております。地域の視点から、防災をキーワードにして、町・町内会・隣近所などとの連携を深めていきたいと思います。
 子育てについては、現在、保育園の新設に向け、進めております。近隣市では、保育園は子ども4人に対して1園ありますが、葉山町は9人に対して1園という状況です。子育て世代が移住しづらい状況を解消しなければなりません。また、10月に葉山で起きた悲しい事件を受け、弱者といわれる子どもを社会的に守っていけるような体制を築いていきたいと考えております。

5.意見交換

意 見
 戸別収集については、どういう状況ですか。寝たきりの方などを対象とした「ふれあい収集」の枠はまだありますか。

回 答
 戸別収集にすることによって、今まで利用できなかった方もカバーできると考えています。

意 見
 子育てサービスについて。保育園を増やすことについて、今ある箱物を探したらどうでしょうか。たとえば、ここ(一色小新館)を使ったらどうですか。また、就園奨励金の額が逗子市と葉山町では違うようですが、なぜですか。

回 答
 保育園の新設に関してですが、今ある施設を使ってというのは難しく、民間と協力しながら運営をしていく方向で設営を考えています。就園奨励金については、所得制限があります。さらに、国からの補助金額に、逗子市は1万5千円、葉山町は9千円上乗せしていますが、横須賀市などは上乗せ分0円というのが現状です。町としてはこの9千円の上乗せ分は継続していきたいと考えています。

意 見
 3年前に引っ越してきましたが、家の前にゴミステーションが設置されてしまいました。道が狭いので、セットバックしている家の前に設置したのでしょうが、最初の話と違います。戸別収集という話が出ていましたが、進捗状況を教えてください。

回 答
 現在試験的に一色台と牛ケ谷戸の2地区で行っている戸別収集ですが、来年2月から向原・元町・森戸を含む5地区に拡大する予定です。実際に収集を行うクリーンセンターの作業員と議論を重ね、作業員3人体制で1日に1400世帯のゴミを収集できるかの検証を行います。地域性が違いますので、その地域にあった収集方法があると思いますが、防犯・安全・福祉について、戸別収集をキーワードとして進めていきたいと思います。

意 見
 高齢化社会が進んでいますが、投票所が遠くて投票に行かれない方もいます。送迎サービスを行うなどしてもらえませんか。また、シャッター商店街となっている場所がありますが、何とかなりませんか。

回 答
 選挙時に送迎することは公職選挙法で禁止されていますので、それはできません。期日前投票などを利用していただきたいです。シャッター商店街については、元町地区は商工会加盟率が高く、連携は取れています。活性化につなげるためには、元町単体では難しいので、葉山町への入り口となる南郷地区を活性化させるなど、町全体の活性化を図っていきたいと思います。産業活性化のために、事業を呼び込むプロジェクトも現在考えています。

意 見
 マンションに住んでいますが、広報紙の配布方法はどうなっていますか。新聞折込みとポストへの投函で、ひと月に2部届いています。
 一色小学校前のバス停がとても暗い。京急に連絡をして蛍光灯を交換してもらいましたが、すぐに消えてしまいました。器具が駄目になっているのではないでしょうか。その状況を、夜に見に来てください。

回 答
 広報紙の配布は、新聞購読をしていない家庭にはポストに投函していますが、徹底していません。企画調整課が担当になりますので、情報提供してください。バス停については、維持管理は京急が行うことになっておりますので、不具合箇所のメンテナンスについて、京急と交渉していきたいと思います。

意 見
 下山口の国道沿いがとても暗いです。どこに、どのように伝えたらいいのかわかりません。

回 答
 国道・県道について、国や県に要望をあげることはできますが、街灯に関しては節電のために間引きしている場合もあります。街灯の新設は難しいですが、移設の方が要望は通りやすいと思います。

意 見
 先日、ゴミステーションを増設してもらいましたが、クリーンセンターの所長さんらが作業をしていました。高いコストの方たちが小さい仕事をするというのは、どうなのでしょうか。

回 答
 作業員は別におりますので、どういう経緯だったのか、確認します。

意 見
 葉山は別荘が多く、一つ一つの土地も広い。小さく分譲する土地もあるが、空き家が増えているのが現状です。管理もしていない空き家が増えていますが、この流れを止める施策はありますか。

回 答
 イトーピアや東伏見地区は、資産価値を低くしないよう規制があるため、分譲することができません。そのため景観はいいですが、防犯上、空き家はよくありません。ですので、自宅で仕事をする人に向けて、何か施策を打ち出していきたいと思います。別荘として使っている場合があるので、純粋な空き家とは言えないお宅もありますが、不動産会社との連携も必要になるでしょう。

意 見
 自宅裏で以前、川が崩れたときに、川は県の管轄と言われました。自費で直しましたが、家族もそこから川に落ちたことがあり、金網をつけるなど、町道であるならしっかり対応してほしい。以前、道路河川課の職員には、自分たちだけでは判断できないと言われました。

回 答
 状況について、道路河川課に確認します。

意 見
 10数年にわたって通学時間帯に児童への声掛けをしている方がいらっしゃいます。ボランティアで活動している人に対して、町が表彰する制度はないのですか。

回 答
 さまざまな場所で見守り活動をしていただいている方がたくさんいらっしゃいます。そういった方に対して、感謝の意を表したいと思います。ボランティア活動に対する功労、地域に対する功労など、表彰という形がいいのか、感謝状という形がいいのか、今後検討していきたいと思います。

意 見
 議会を傍聴していると、町を支え合おうとする姿勢が見られません。先日、地域力を鍛えるセミナーを受けましたが、生きがい事業団をもっと活用するなど、子育て世代の家庭で、高齢者の力を生かすなど、葉山も地域力を呼び起こしてほしい。

回 答
 葉山の地域力を検討する必要があります。外から来て葉山に住む人と、もともと葉山に住んでいる人との調和を考えていきたいと思います。

意 見
 民間に委託できるものと、地域でできるものとを事業仕分けし、福祉サービスやボランティアなどを総合で管轄する「地域活動センター」のようなものを作ってはどうですか。

回 答
 小地域福祉が課題ですが、現在は、地域ごとに活動して、町が後追いで福祉計画を固める形になっています。葉山は地域のつながりが強いのですが、あまりそれが知られていません。定年後の世代が、町の中へ入っていこうとする動機作りも必要になっていくと思います。

意 見
 高齢者や障がい者家族が葉山に住み続けることができずに、町から出ていくケースが見受けられます。認知症の方を受け入れる施設もなく、他地域に比べて福祉政策が足りない感じがします。社協をもっと活用するなど、福祉を通しての町づくりをしてほしいと思います。

回 答
 高齢者や障がいをお持ちの方の福祉に関しては、主に保健師が巡回するなどのケアを行っています。施設に関しても、近隣市との話し合いも大切だと感じております。福祉政策にも配慮した政策を検討する必要があります。

意 見
 現在、子ども会が町子連を運営していますが、他の自治体との会合は夜にかかってしまうことが多く、子を持つ母が出席するのは大変です。他の自治体のように、会合には職員が出席するよう検討してください。現在、町子連に加盟している子ども会は4つしかなく、負担も大きいです。町子連は一人あたり150円の保険に入っていて、合同イベントなどを行っていますが、団体数が少ないので、意見交換もできません。全子ども会が町子連に加盟してほしいと思います。

回 答
 今、答えは持ち合わせていませんが、負担が大きいことは耳にしています。この問題をクリアできるよう、議論する場を設けたいと思います。

意 見
 小学校に空調設備がありません。熱中症対策でクーラー設置をお願いします。夏休みのプール開放日が減っていることもあり、将来を担う子どもたちに、もっとお金をかけてもいいのではないでしょうか。

回 答
 子育ては大事なテーマですので、学校の備品については一定の予算はつけていきたいと思います。エアコン設置は費用的にも大規模ですし、学校の工事は夏休み期間しか行うことができません。設置の順番等も含め検討していきたいと思います。

意 見
 一色に児童館がありません。要望も出していますので、ぜひ検討してください。

回 答
 来年度中には町内会にご相談に伺いたいと思います。